[2021.07]連載 アントニオ・カルロス・ジョビンの作品との出会い③】「おいしい水」が生まれたところ(私の見た荒野の仮の大統領官邸)
見出し画像

[2021.07]連載 アントニオ・カルロス・ジョビンの作品との出会い③】「おいしい水」が生まれたところ(私の見た荒野の仮の大統領官邸)

文と訳詞●中村 安志 texto e tradução por Yasushi Nakamura

お知らせ●中村安志氏の執筆による好評連載「シコ・ブアルキの作品と出会い」についても、今後素晴らしい記事が続きますが、今は一旦、この新連載の方を掲載しています。今後は、何回かずつ交互に掲載して行きます。両連載とも、まだまだ凄い話が続きます。乞うご期待!!!(編集部)
本エントリーは、7/21(水)からは、有料定期購読会員の方が読める記事になります。定期購読はこちらから。

 南緯15度、乾燥した標高1000mの高地に、作物も育ちにくい赤土の荒野が広がるブラジル中央高原。1956年にそこで設計・着工され、60年に完成したブラジルの新首都ブラジリア。完成までの間、壮大な遷都計画の主ジュセリーノ・クビチェッキ大統領や側近らが、現地で工事を指揮する際の仮住まい(仮の官邸)として宿泊した木造の宿が、今もきれいに保存されています。現在のブラジリア中心部から、30km余り郊外。遷都前の首都であったリオの大統領官邸「カテッチ」(Catete)のジュニア版といった意味を込めた、「カテチーニョ」(Catetinho)と呼ばれる建物です。

画像1

 ボサノヴァ初期の名曲「おいしい水」(Água de beber)が、優雅なリオの海岸でもアパートでもなく、海岸から1200km近くも内陸に入ったこの荒野の地で生まれたことは、意外と知られていません。(なお、この曲は「おいしい水」という日本語タイトルで広まりましたが、原題のポルトガル語において味などは一切表現されておらず、正確には「飲める水」という程度の意味になります。)

この続きをみるには

この続き: 1,127文字 / 画像6枚
この記事が含まれているマガジンを購入・購読する

2021年7月に新規にアップした記事のみが収められているマガジンです。こちらでアーカイブ記事は読めませんので、アーカイブ記事も購読するには…

このマガジンを購読すると、世界の音楽情報誌「ラティーナ」が新たに発信する特集記事や連載記事に全てアクセスできます。「ラティーナ」の過去のアーカイブにもアクセス可能です。現在、2017年から2020年までの3.5年分のアーカイブのアップが完了しています。

「みんな違って、みんないい!」広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に生まれ変わります。 あなたの生活…

「スキ」、ありがとうございます! ¡Gracias!
広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に。あなたの生活を世界中の多様な音楽で彩るために情報を発信します。 月額900円のデジタル定期購読で、新規記事もアーカイブも読み放題! (※アーカイブは増減する場合があります)