マガジンのカバー画像

Web版 2021年10月

21
2021年10月に新規にアップした記事のみが収められているマガジンです。こちらでアーカイブ記事は読めませんので、アーカイブ記事も購読するには定期購読マガジンの「ラティーナ」(月額… もっと読む
¥950
運営しているクリエイター

#ウルグアイ音楽

[2021.10] 松田美緒インタビュー|ウルグアイの巨匠、ウーゴ・ファトルーソのプロデュースにより歌い手としての本領を発揮した宝物のような歌曲集『La Selva』

インタビュー・文●吉本秀純 松田美緒『ラ・セルヴァ』  公式サイトから購入可能 http://laselva.miomatsuda.com  ポルトガル、カーボ=ヴェルデ、南米各国などの世界各地の歌とリズムを奔放に歌いこなし、近年は『クレオール・ニッポン』(14年)を契機に日本の国内外の民謡の発掘にも力を入れて大きな反響を集めてきた松田美緒。そんな彼女がコロナ禍のなかで完成させた最新作『ラ・セルヴァ』は、かつて2枚のアルバムを一緒に制作したウルグアイ音楽界の重鎮にしてキー

スキ
33

[2021.10] ナイール・ ミラブラットの新曲はなんとエドゥアルド・マテオの未発表曲! 1stアルバム『Juntos Ahora』 の日本独自企画CDは明日リリース!

 明日、ブラジルの若き鬼才アントニオ・ロウレイロ(Antonio Loureiro)がプロデュースしたナイール・ミラブラット(Nair Mirabrat)の傑作1stアルバム 『Juntos Ahora』のCDリリース日です。  日本企画の世界初CD化で、CDというメディアに最適化するために、アントニオ・ロウレイロやナイール・ミラブラットの才能にいち早く注目してきた高橋健太郎氏に、リマスタリングをお願いしました。ぜひ、CDプレイヤーにCDを乗せて聴いていただきたい1枚となりま

スキ
6

[2021.10]現代ウルグアイ音楽事情(前編)

文●谷本雅世 texto por Masayo Tanimoto (PaPiTaMuSiCa)  日本・ウルグアイ外交関係樹立100周年を記念し ウルグアイの国宝級大スター、ルベン・ラダ初来日ツアーがいよいよ11月後半からスタートする。  ラダの輝かしい音楽実績と膨大な足跡については本誌の斎藤充正さんによる特別寄稿「来日記念! ルベン・ラダの軌跡を辿る・拡大版」およびラティーナ特設サイト「ルベン・ラダ 日本ウルグアイ外交関係100周年記念公演」をご参照頂くとして、ここでは2

スキ
15

[2021.10] 来日記念! ルベン・ラダの軌跡を辿る・拡大版 Part 1

文●斎藤充正  texto por MITSUMASA SAITO [著者プロフィール] 1958年鎌倉生まれ。第9回出光音楽賞(学術研究)受賞。アメリカン・ポップスから歌謡曲までフィールドは幅広い。世界のピアソラ・ファンがピアソラのバイブル本として認めている『アストル・ピアソラ 闘うタンゴ』の著者であり、ピアソラに関する数々の執筆や翻訳、未発表ライヴ原盤の発掘、紹介などまさにピアソラ研究の世界的第一人者。ピアソラやタンゴに留まらず、アルゼンチンやウルグアイのロックに関して

スキ
38