web版創刊! 2020年8月

37

[2020.08]大工哲弘|沖縄【特集:世界の音楽家は新型コロナ後の“NEXT WORLD”をどう描くか?】

大工哲弘●プロフィール  1948年、沖縄県八重山郡石垣市字新川に生まれる。八重山地方に伝承される多彩な島の歌をこなし八重山民謡の第一人者として地位を築いている。その島唄に愛情を込めて歌う姿勢には共感者が多い。また八重山民謡教室の支部を全国に持ち、沖縄・八重山民謡の普及・育成にも力をそそぐ。現在、沖縄でもっとも幅広い活動をしているミュージシャンである。 ※以下のQ&Aの返答日は2020年7月15日でした。

スキ
18

[2020.08]タンディ・ントゥリ|南アフリカ共和国【特集:世界の音楽家は新型コロナ後の“NEXT WORLD”をどう描くか?】

タンディ・ントゥリ●プロフィール  南アフリカのピアニスト/シンガー/プロデューサー。ケープタウンの大学でKyle Shepherd、Shane Cooper、Bokani Dyerらの現代南アジャズ黄金世代と共に学び、クラッシックからやがて即興演奏へとのめり込み、ジャズの道へと進む。映画監督のSpike Leeの目に留まり、彼の手掛けるNetflixのドラマで自身の楽曲が採用され、大きな反響と話題を呼ぶ。その後、世界中の様々な媒体で取り上げられ、昨今、一層の関心を集める

スキ
3

[2020.08]オーラヴル・アルナルズ|アイスランド【特集:世界の音楽家は新型コロナ後の“NEXT WORLD”をどう描くか?】

オーラヴル・アルナルズ●プロフィール  国際的に活躍するアイスランドの作曲家、演奏家。レイキャヴィークから数キロはなれたモスフェットルスバイル郊外で、1986年に生まれた。主なジャンルはポスト・クラシカル。2007年にデビューアルバム『Eulogy for Evolution』をリリース後、国際的なファンを獲得し、クラシック、ポップ、アンビエント/エレクトロニカの影響を独自の音楽言語に昇華した、複数のジャンルにまたがる作曲家として知られている。近年は映画音楽の作曲家として

スキ
6

[2020.08]テレサ・パロディ|アルゼンチン【特集:世界の音楽家は新型コロナ後の“NEXT WORLD”をどう描くか?】

この記事はマガジンを購入した人だけが読めます

スキ
5

[2020.08]カティア・カルデナル|ニカラグア【特集:世界の音楽家は新型コロナ後の“NEXT WORLD”をどう描くか?】

カティア・カルデナル(Katia Cardenal)  プロフィール●(1963年生まれ)ニカラグア生まれのシンガーソングライター、ノルウェー在住。兄のサルバドール・カルデナル(2010年逝去)とともにグアルダバランコで活躍した。現在30カ国以上でツアーし、25枚のアルバムをリリース。人類に対する愛、平和、正義、希望を歌う。幼児用の本も執筆しており、現在4人の子とともにノルウェーに住み、新作の録音に携わっている。 回答日2020年6月26日 Q1─ ソーシャル・ディスタン

スキ
5

[2020.08]エディトゥス|コスタリカ【特集:世界の音楽家は新型コロナ後の“NEXT WORLD”をどう描くか?】

EDITUS(エディトゥス) プロフィール● コスタリカで30年のキャリアを持つ伝説的グループ。現在までアメリカ大陸、ヨーロッパ、アジア、中東をツアーし、12枚のアルバムを発表。コスタリカとラテンアメリカの伝統音楽とジャズ、クラシック、ワールドミュージックをフュージョンさせ、新たなジャンルとして確立。ルベン・ブラデスとともに3回のグラミー賞を獲得し、ニューヨークのカーネギーホール、パリのオランピア劇場、アムステルダムのコンセルトヘボウ、スイスのモントリオール・ジャズフェス

スキ
2

[2020.08]ハニャ・ラニ|ポーランド【特集:世界の音楽家は新型コロナ後の“NEXT WORLD”をどう描くか?】

ハニャ・ラニ(Hania Rani)|ポーランド●プロフィール  1990年、ポーランド北部グダンスク生まれ。ピアニスト、作曲・編曲家。現在はワルシャワとベルリンをベースに活動中。学生時代はショパン音楽アカデミーで学び、2015年にチェロ奏者ドブラヴァ・チョヘルと共に、ポーランドのロック・ミュージシャンであるグジェゴシュ・チェホフスキのナンバーを斬新に解釈した『Biała flaga(ビャワ・フラガ)』を発表し一躍注目を集める。その後は2018年に女性ヴォーカリストのヨア

スキ
8

[2020.08]フアン・フェルミン・フェラリス|アルゼンチン)【特集:世界の音楽家は新型コロナ後の“NEXT WORLD”をどう描くか?】

フアン・フェルミン・フェラリス(Juan Fermín Ferraris)●プロフィール アルゼンチン、ラ・プラタ市生まれのピアニスト、コンポーザー、歌手、音楽講師。クリバスでの活動を中心に、近年はプロデューサーとしても活躍中。現在までに『La Hora Diminuta(2014)』『Las Cosas(2017)』『La Ofrenda(2020)』をクリバスでリリース、ソロ作としては『35mm(2019)』がある。現在2作目のソロ作を準備中。

スキ
8

[2020.08]イ・ラン|韓国【特集:世界の音楽家は新型コロナ後の“NEXT WORLD”をどう描くか?】

イ・ラン(이랑、Lang Lee)|韓国●プロフィール  韓国ソウル生まれのマルチ・アーティスト。2012年にファースト・アルバム『ヨンヨンスン』を、2016年に第14回韓国大衆音楽賞最優秀フォーク楽曲賞を受賞したセカンド・アルバム『神様ごっこ』をリリースして大きな注目を浴びる。2019年には柴田聡子との共作盤『ランナウェイ』とライブ・アルバム『クロミョン~ Lang Lee Live in Tokyo 2018 ~』を発表。さらに、2018年にはエッセイ集『悲しくてかっ

スキ
4

[2020.08]ジョー・バルビエリ|イタリア【特集:世界の音楽家は新型コロナ後の“NEXT WORLD”をどう描くか?】

ジョー・バルビエリ(Joe Barbieri)|イタリア●プロフィール  1973年12月14日ナポリ生まれのシンガー・ソングライター。日本では、レーベル CORE PORTから、アルバムの国内盤としてリリースしている。国内発売での最新作は『ディア・ビリー(2019年)』。 http://www.coreport.jp/artist/barbieri_rpop-10008.html

スキ
3