見出し画像

[2021.05]【ピアソラ~生誕100年】超実用的ピアソラ・アルバム・ガイド on Spotify Part 8

文●斎藤充正 texto por Mitsumasa Saito

[著者プロフィール] 斎藤充正 1958年鎌倉生まれ。第9回出光音楽賞(学術研究)受賞。アメリカン・ポップスから歌謡曲までフィールドは幅広い。世界のピアソラ・ファンがピアソラのバイブル本として認めている『アストル・ピアソラ 闘うタンゴ』の著者であり、ピアソラに関する数々の執筆や翻訳、未発表ライヴ原盤の発掘、紹介などまさにピアソラ研究の世界的第一人者。
※こちらの記事は、5/12からは、有料定期購読会員の方が読める記事になります。定期購読はこちらから

 今月(5月)には、3月に生誕100年を迎えたアストル・ピアソラの関連行事が続く。

 まず、ご案内がギリギリになってしまったが、5月4日(火・祝)はNHK-FMで12時15分から21時15分まで『今日は1日“ピアソラ”三昧』が生放送される(18時50分から19時20分までニュース中断あり、一部収録あり)。バンドネオンの小松亮太と竹内香苗アナウンサーを案内役に、コーナーごとに様々なテーマを設け、リクエスト・コーナーを挟みながらの9時間。トーク・ゲストも国府弘子、美輪明宏と豪華で、私も後半に登場予定。番組のホームページはこちら。
https://www4.nhk.or.jp/zanmai/397/

らじる★らじるにて5月7日正午から1週間限定で配信中。
https://www.nhk.or.jp/radio/ondemand/detail.html?p=0097_01

 東京フィルハーモニー交響楽団の5月定期演奏会に於いて、ピアソラが1951年に作曲したオーケストラ作品『シンフォニア・ブエノスアイレス』(作品15、原題は『ブエノスアイレス(3つの交響的楽章)』)が日本初演される。指揮はアンドレア・バッティストーニ、バンドネオンは小松亮太と北村聡。公演は次の3回が予定されているが、無事に開催されるのを祈るのみだ。
 5月12日(水)19:00 東京オペラシティコンサートホール
 5月13日(木)19:00 サントリーホール
 5月16日(日)15:00 Bunkamura オーチャードホール

1978年~80年

 さて、1978年3月にラウラ・エスカラーダと一時帰国したピアソラは、「シンセサイザーにはもう飽きた」と表明、キンテートの再結成を示唆し、実際に5月から演奏活動を再開した。新しいキンテートのメンバーは以下の通り。

 アストル・ピアソラ(バンドネオン、編曲)
 フェルナンド・スアレス・パス(ヴァイオリン)
 パブロ・シーグレル(ピアノ)
 オスカル・ロペス・ルイス(エレキ・ギター)
 エクトル・コンソーレ(コントラバス)

 ギタリストが交代する以外、ほとんどこのメンバーで1988年まで安定した活動を続けることになるわけで、これまで様々なグループを結成しては解散を繰り返してきたピアソラにとっては異例のことだった。1970年代のヨーロッパでの活動を通して、世界を舞台に活動するための基礎固めができたこと、ラウラの勧めで毎年12月~2月頃の(南米での)避暑シーズンをプンタ・デル・エステで過ごすことでリフレッシュできたこと、そして1979年12月初演の《バンドネオン協奏曲》などを各地のクラシックのオーケストラと共演することで大編成への意欲が満たされたこと、などがその理由として挙げられるだろう。

 1978年いっぱいはレコーディングは行われず。1979年に入り、新生キンテート初のオリジナル・アルバム『ビジュージャ』がブエノスアイレスでレコーディングされた。

画像1

Escualo

 全曲が再結成後の新曲で、リズミカルな「ビジュージャ」、スアレス・バスのヴァイオリンをフィーチャーした「エスクアロ(鮫)」、シーグレルのピアノによるインプロヴィゼーションを含む「チン・チン」など充実した内容。

 同時期には、映画『ア・イントルーサ(侵入者)』のサウンドトラックも手掛けている。

画像2

A intrusa

 ホルヘ・ルイス・ボルヘスの作品を題材にした1979年のブラジル映画で、アルゼンチン人のカルロス・ウーゴ・クリステンセンが監督を務めている。曲の断片や効果音的なトラックもあり、あくまでもサントラ。そして、翌1980年にも8月公開のアルゼンチン映画『かくも恐ろしき地獄』のサントラを担当している。

El infierno tan temido

 ウルグアイのフアン・カルロス・オネッティの小説をラウル・デ・ラ・トーレ監督が映画化。内容は更にコレクター向け。

 先にも触れたように、キンテート再結成後、ピアソラはバンドネオンとオーケストラのための作品作りにも力を注ぐようになった。1979年12月に《バンドネオン協奏曲》を初演したのに続き、1980年3月には《プンタ・デル・エステ組曲》が初演された(この作品はピアソラによる公式レコーディングがなされないままに終った)。続く《3つのタンゴ》は同年11月の初演。この流れの中で、ソロ・バンドネオンとオーケストラのための「アディオス・ノニーノ」の新編曲も書かれている。正確な録音年と演奏場所は不明だが、その初期の演奏が、アルゼンチンのクラシックの作曲家の作品を誕生年で並べた『アルゼンチン音楽のパノラマ』というCD12枚ほどのシリーズの第1巻に収められた登場した。

Panorama de la Música Argentina, Compositores Nacidos Entre 1916 - 1922

 指揮は、《バンドネオン協奏曲》《3つのタンゴ》の初演時にも指揮を務めたシモン・ブレフ。ちなみにこのBlechという苗字、読み方がわからずに「ブレック」と書いたり「ブレヒ」と書いたりしてきたが、「ブレフ」が実際の発音により近いようである。

1981年

 1981年の話題といえば、久々にオラシオ・フェレールと組み、まとまった数の作品(およそ15曲)を残したことだろう。ただし、1968~1973年の5年間の時のアメリータ・バルタールのように、できた作品をリアルタイムで歌っていく歌手がそばにいなかったため、それらの浸透には時間がかかった。そんな中で3曲をピアソラの伴奏で録音したのが、男性歌手のハイロである。コルドバ州出身で、1970年代にはスペイン、後にフランスに拠点を移し、ポップスからフォルクローレまでを歌いこなしていた彼の1981年のアルバム『シンフォニー』には、「吟遊詩人のミロンガ」「夜明けの少女」が、いずれもフランス語翻訳ヴァージョンで収録された(トラック5、10)。

Symphonie / Jairo

 そして、その2曲のオリジナル通りのスペイン語ヴァージョンは、当時は”Morir enamorado”、”Mis mejores canciones”というアルゼンチン向けアルバムに分けて収録されたが、現在Spotifyでは次の編集盤で聴ける。

Milonga Del Trovador / Jairo

 もう1曲の「僕が泣いているからだろう (Será que estoy llorando)」と、その曲が収録された”Este amor es como el viento”はSpotifyには登録されていない。

画像3

 12月20日のブエノスアイレス、グラン・レックス劇場でのキンテートでの公演を収録した、非公式と思われる2枚組ライヴ・アルバム”Concierto para quinteto” (Alfa AF-CD 5-6)は、Spotifyでは聴くことができない。

画像4

1982年

 マルビーナス戦争真っただ中の1982年5月にブエノスアイレスのレジーナ劇場で行われた、ロベルト・ゴジェネチェとの共演リサイタルの模様は、ライヴ録音された。

Edición Crítica: Piazzolla-Goyeneche En Vivo

 1970年以来となる、レジーナ劇場での2枚目のライヴ・アルバム。前半(アナログ盤のA面)はキンテートのみの演奏で、インプロヴィゼーションをたっぷり含む「AA印の悲しみ」が聴きもの。後半(B面)がピアソラ・キンテートとゴジェネチェの共演で、二人と縁の深いトロイロに捧げた「悲しきゴルド」がいい。ゴジェネチェは、ピアソラ作品以外にも「古道具屋」をキンテートの伴奏で、トロイロの「最後の酔い」をバンドネオンのみの伴奏で歌っている。この時のアウトテイクで、後に編集盤に収められた「ガルーア」をボーナストラックとして収録。

 キンテートの演奏による、同年公開のアルゼンチン映画”Volver”(帰郷)のサウンドトラック盤は、当時トノディスクからリリースされたが、早くに廃盤となってしまい、その後一切復刻の機会に恵まれていない。


画像5

 全体としては比較的地味だが、「アディオス・ノニーノ」に独自の歌詞を付けて話題となったエラディア・ブラスケスが作詞し、ホセ・アンヘル・トレージェスが歌う「いつもブエノスアイレスに帰る (Siempre se vuelve a Buenos Aires)」のピアソラ本人たちによる演奏はここでしか聴けない。

 そして、1982年といえば、ピアソラ初来日の年である。11月の公演の模様をNHKが収録した音源を探し出し、2004年に『ライヴ・イン・トーキョー 1982』として完全CD化できたのは、個人的にも忘れ難い出来事だった。

画像6


 現在はSpotifyでは次の形でアップされている。

The Tokyo Concert (Les années de maturité)

 ともかく最高の内容。藤沢嵐子との共演ももちろん貴重かつ重要である。

1983年

 この年の重要な出来事は、6月11日のコロン劇場でのコンサート。再編コンフント9(メンバーは1972年当時とは一部異なる)による演奏と、ペドロ・イグナシオ・カルデロン指揮ブエノスアイレス交響楽団との共演。この2つの組み合わせによる《螺鈿協奏曲》も強力だった。この歴史的公演の模様はピアソラの死後、録音もミックスも全く異なる次の2枚で登場した。

Concierto de Nacar (Live)

Astor Piazzolla en el Colón

 ピアソラとコンフント9がオン・マイク、オーケストラがオフ・マイクで録られた前者、全体をオフ気味に録った後者、はっきり言ってどちらも録音としては残念な出来だが、後者の方に分があるか。ちなみに今ならYouTubeで、音質はまあまあだがバランスの良い録音(モノラルだが)が映像付きで、しかもノーカットで観ることができる。


 次はクラシック作品。ミュンヘンのグルンケ管弦楽団から抜粋された弦楽四重奏団とピアソラの共演で、アルド・パガーニのレーベルであるイタリアのイレヴンからひっそりと発売された。

画像7

Woe (Sette sequenze)

 当時はまったく知られていなかったこの作品(7曲中5曲)は、後にクロノス・クァルテットに提供した《ファイヴ・タンゴ・センセーションズ》として生まれ変わることになる。


 次は変なカップリングの“2枚組”。

The Concerts Vol 2

 前半は1984年9月のミルバ&ピアソラのブッフ・デュ・ノールでのライヴなので、次回改めて紹介する。後半(トラック11以降)は、エメリッヒ・スモーラ指揮SWF放送局管弦楽団との共演による《バンドネオン協奏曲》《3つのタンゴ》。

画像8

 1983年にドイツのカイザースラウテルン・スタジオで録音された、この2つの協奏曲のピアソラ自身による演奏としては最も古いもの。1994年にパガーニによってCD化された。

 次は、1980年代前半のピアソラ・キンテートを代表するお馴染みの名盤。

Live In Wien

 10月にウィーンのコンツェルトハウスで行われたコンサートを、オーストリア放送が録音したもの。とにかく、録音、演奏ともに非の打ち所がない完璧さ。「リベルタンゴ」の最高の演奏もここに含まれる。この日の残りの録音はVol.2としてリリースされる予定だったが、結局日の目を見ずに終わったのは残念でならない。

 そして次のライヴも同時期のもので、10月13日のスイス、ルガーノでのライヴをスイス・イタリア放送が録音。オリジナルは”Live - Lugano 13 Ottobre 1993”。

画像9

Adiós Nonino (Live)

 『ライヴ・イン・ウィーン』よりやや質が落ちるのは仕方ないが、曲はたっぷり収録されている。

(ラティーナ2021年5月)

この続きをみるには

この続き: 0文字
この記事が含まれているマガジンを購入・購読する

2021年5月に新規にアップした記事のみが収められているマガジンです。こちらでアーカイブ記事は読めませんので、アーカイブ記事も購読するには…

このマガジンを購読すると、世界の音楽情報誌「ラティーナ」が新たに発信する特集記事や連載記事に全てアクセスできます。「ラティーナ」の過去のアーカイブにもアクセス可能です。現在、2017年から2020年までの3.5年分のアーカイブのアップが完了しています。

「みんな違って、みんないい!」広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に生まれ変わります。 あなたの生活…

「スキ」、ありがとうございます!
12
広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に。あなたの生活を世界中の多様な音楽で彩るために情報を発信します。 月額900円のデジタル定期購読で、新規記事もアーカイブも読み放題! (※アーカイブは増減する場合があります)