[2021.10]【中原仁の「勝手にライナーノーツ」⑮】 Liniker『Indigo Borboleta Anil』
見出し画像

[2021.10]【中原仁の「勝手にライナーノーツ」⑮】 Liniker『Indigo Borboleta Anil』

画像1

Liniker『Indigo Borboleta Anil』
※こちらの記事は、10/20からは、有料定期購読会員の方が読める記事になります。定期購読はこちらから。

 2010年代後半からブラジル音楽シーンに続々と登場して成功を収めた、LGBTQ+のアーティストたち。その中でも歌手として一二を争う実力者が、リニケルだ。

 リニケル(Liniker de Barros Ferreira Campos)は1995年6月3日、サンパウロ州内陸のアララクァラ生まれ。10代から演劇の舞台に立ち、2015年に自身のバンド、オス・カラメロウズ(Os Caramelows)を結成。2016年、ファースト・アルバム『Remonta』を発表。自作の曲で固め、シェニア・フランサ、タッシア・ヘイス、トゥリッパ・ルイスといったゲストも迎え、声の力と歌唱力、コーラスやホーンを含むソウルフルなサウンドで鮮烈な印象を与えた。

 2019年のセカンド・アルバム『Goela Abaixho』は、ゲストにマームンヂを迎え、広義のブラック・ミュージックを網羅、話題作となりヒットした。

 2020年、オス・カラメロウズと別れてソロとなることを発表。パンデミック期に複数のシングル曲をリリースし、2021年9月、初ソロ名義のサード・アルバム『Indigo Borboleta Anil』を配信でリリースした。12月にはLPが限定発売される。

この続きをみるには

この続き: 1,528文字
この記事が含まれているマガジンを購入・購読する

2021年10月に新規にアップした記事のみが収められているマガジンです。こちらでアーカイブ記事は読めませんので、アーカイブ記事も購読するに…

このマガジンを購読すると、世界の音楽情報誌「ラティーナ」が新たに発信する特集記事や連載記事に全てアクセスできます。「ラティーナ」の過去のアーカイブにもアクセス可能です。現在、2017年から2020年までの3.5年分のアーカイブのアップが完了しています。

「みんな違って、みんないい!」広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に生まれ変わります。 あなたの生活…

「スキ」、ありがとうございます!
広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に。あなたの生活を世界中の多様な音楽で彩るために情報を発信します。 月額900円のデジタル定期購読で、新規記事もアーカイブも読み放題! (※アーカイブは増減する場合があります)