e-magazine LATINA
[2022.7]【中原仁の「勝手にライナーノーツ」㉔】 Jovem Dionisio 『Acorda, Pedrinho』
見出し画像

[2022.7]【中原仁の「勝手にライナーノーツ」㉔】 Jovem Dionisio 『Acorda, Pedrinho』

e-magazine LATINA

文:中原 仁

 本エントリーは、7/13(水)からは、有料定期購読会員の方が読める記事になります。定期購読はこちらから。

Jovem Dionisio『Acorda, Pedrinho』

 2022年上半期、ブラジル音楽シーン最大のサプライズ、そう言ってもいいだろう。ブラジル南部、パラナ州クリチーバの5人組ポップ・ロック・バンド、ジョーヴェン・ヂオニージオのファースト・アルバムのタイトル曲「ACORDA PEDRINHO」の大ヒットだ。

 3月にデジタル・リリースした後、この曲はジワジワとストリーミング・サイトでの再生回数を伸ばし、5月下旬から6月初旬まで、Spotifyの「Top50 - Brasil」で1位になった。セルタネージョとファンキの、ソロやデュオや少人数のコラボがチャートを席巻し続けている中、バンドが1位になったのはリオの3兄妹、メリン(Melim)の「Meu Abrigo」(2018年8月)から約4年ぶり。ロック・バンドとなると、1位の前例がないのでは? しかも「ACORDA PEDRINHO」は、Spotifyの「Top50 - Global」にもランクインした。「Top50 - Brasil」では7月初頭も10位台にランクイン、トータルの再生回数は4,500万回を突破した。

「起きなよ、ペドロくん」という意味の「ACORDA PEDRINHO」はメンバー5人の共作。バンド名の源となったクリチーバ市内の古いバー、ヂオニージオに出入りし、いつも寝ているシヌーカ(ビリヤード)の名手、ペドリーニョことペドロを歌った、メンバーの実体験に基づく曲だ。ミュージック・ヴィデオは約10分に及ぶショート・ムーヴィー仕立てで、再生回数1,600万回を越えている。

この続きをみるには

この続き: 1,909文字 / 画像1枚

このマガジンを購読すると、世界の音楽情報誌「ラティーナ」が新たに発信する特集記事や連載記事に全てアクセスできます。「ラティーナ」の過去のアーカイブにもアクセス可能です。現在、2017年から2020年までの3.5年分のアーカイブのアップが完了しています。

「みんな違って、みんないい!」広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に生まれ変わります。 あなたの生活…

e-magazine LATINA
広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に。あなたの生活を世界中の多様な音楽で彩るために情報を発信します。 月額900円のデジタル定期購読で、新規記事もアーカイブも読み放題! (※アーカイブは増減する場合があります)