見出し画像

[2021.05]【中原仁の「勝手にライナーノーツ」⑩】 Domenico Lancellotti『Raio』

文●中原 仁

───── 中原仁の「勝手にライナーノーツ」─────
近年、日本盤の発売が減少し、日本における洋楽文化の特徴である解説(ライナーノーツ)を通じて、そのアルバムや楽曲や音楽家についての情報を得られる機会がめっきり減った。
また、盤を発売しない、サブスクリプションのみのリリースが増えたことで、音楽と容易に接することが出来る反面、情報の飢えはさらに進んでいる。
ならば、やってしまえ!ということで始める、タイトルどおりの連載。
リンクを通じて実際に音楽を聴き、楽しむ上での参考としていただきたい。
※こちらの記事は、5/12からは、有料定期購読会員の方が読める記事になります。定期購読はこちらから


画像2

 2019年、政府が悪化したブラジルからポルトガルのリスボンに転居したドメニコ・ランセロッチが2021年3月末、ポルトガルのレーベルから新作『Raio』を発表した。タイトルの意味は「光線」。デジタル・リリースでCDは出ていないが、5月末にアナログ盤が限定発売される。


 名実共に2000年代のブラジル音楽の到来を告げたモレーノ・ヴェローゾ、カシンとのユニット、+2を経て、ドメニコは2010年代、ドラムス/パーカッションで参加したアドリアーナ・カルカニョットの『O Micróbio do Samba』(2011年)、ジルベルト・ジルの『Gilberto's Samba』(2014年)、プロデューサーもつとめたをダニロ・カイミの『Don Don – Canta Dorival』(2016年)といった名作アルバムを通じ、リズム・クリエイターとしての独創性を確立した。その独創性は、90年代のマルコス・スザーノに匹敵する。

 プロデューサーとしても、ザベレーの初ソロ作『Zabelê』、TONOの歌手アナ・クラウヂア・ロメリーノの初ソロ作『Mãeana』(TONOのベン・ジル、ブルーノ・ヂ・ルーロとの共同)、ブルーノ・カピナンの『Divina Graça』(ベン・ジルとの共同)などの注目作を数多く手がけてきた。

 自身のリーダー作は、ドメニコ+2名義のファースト『Sincerely Hot』(2002年)、初のソロ・リーダー作『Cine Privê』(2011年)、ハイ・ラマズのショーン・オヘイガンとの共同プロデュースを中心とする『Serra dos Órgãos(オルガンス山脈)』(2017年)以来4年ぶり、通算4作目となる。


 ドメニコは、共作を含む全曲のソングライティングを行ない、持ち前のメロディー・メイカーのセンスを発揮。ヴォーカル、ドラムス、パーカッション、シンセサイザー、曲によりギターも演奏している。主な参加メンバーは、TONOのベン・ジル(ギター)とブルーノ・ヂ・ルーロ(ベース)をはじめ、ペドロ・サー(ギター)、ダニロ・アンドラーヂ(キーボード)、アルベルト・コンチネンチーノ(ベースほか)、ジョアナ・ケイロス(クラリネットほか)。

 シンガー/ソングライター/リズム・クリエイターであると同時に、現代画家/造型作家/デザイナーでもあるドメニコの音楽は、映像性が強い。このアルバムも、ほとんどの曲がメドレーのように切れ目なしで続いて聴き手のイマジネーションをかきたてる。

 録音は、ドメニコがリオにいた2018年からスタートした。「Dynamo」「Newspaper」などはこの年、旧知の美術家ルシア・コッシがUSAカンサス・シティで行なったアート・インスタレーションのために作曲した音楽。ドメニコはブルーノ・ヂ・ルーロ、ジョアナ・ケイロスと共にリオ郊外の自然に囲まれたスタジオで録音を行なったそうで、これは前作『オルガンス山脈』の制作プロセスに相通じる。

 「Snake Way」と「Mushroom Room」には長年、ロンドンで活動している歌手のニーナ・ミランダが参加。彼女は90年代末からスモーク・シティのメンバーとして活躍し、ドメニコ+2のアルバムにも参加していた。

 前作に次いで、オーガニックな響きと豊かな映像性に貫かれた、サウンドトラック的なアルバムだ。自然にちなんだ歌詞が多いことも特徴。ドメニコのドラムスのリズムと音像にも歌心があり、視覚を刺激する。

 約20年前、颯爽と登場しネオ新世代と呼ばれたドメニコも、来年で50歳。天性のユーモアと悪戯の精神は健在だが、音楽の中に大人の寛ぎが感じられるようになってきた。


 最後に、ドメニコの音楽性を賛美した発言を引用する。発言の主は、自身のレコーディングに何度かドメニコを迎えたことがある、マリーザ・モンチだ。

「ドメニコはたんなるドラマーとかミュージシャンではなく、偉大なアーティストでコミュニケーター、素晴らしいコンポーザーでもあるわね。彼のライヴは本当にすごい。彼は音楽が本当に好きなんだと思うの。だから音楽を、いろいろな音楽言語的方法で表現できるのね。今いるアーティストの中で、もっとも面白い人。多芸多才だし、誰かのバックをつとめても、ソロで演奏しても、ものすごく面白い人だと思う。作曲家としての彼の言語も、詩的な言語もね。

 私は彼をリズム・セクションの一人ではなく、もっと広く捉えています。彼の活動はもっと "横断的" ね。さまざまなことをやっていて、ドラムスやパーカションだけという一元的なものではないのよ。それに、ドラムスやパーカッションの分野でも、彼はとても創造的な要素を使う。ドラムスの音色にせよ、どの楽器を使うか、どのエレキ・ドラムを使うか、どんな音を鳴らすかにせよ、彼の選択は常にとてもオリジナルなのね。ユニークで、個性に満ちあふれています」。

(月刊ラティーナ2012年1月号、筆者によるインタビューより)

(ラティーナ2021年5月)

この続きをみるには

この続き: 0文字
この記事が含まれているマガジンを購入・購読する

2021年5月に新規にアップした記事のみが収められているマガジンです。こちらでアーカイブ記事は読めませんので、アーカイブ記事も購読するには…

このマガジンを購読すると、世界の音楽情報誌「ラティーナ」が新たに発信する特集記事や連載記事に全てアクセスできます。「ラティーナ」の過去のアーカイブにもアクセス可能です。現在、2017年から2020年までの3.5年分のアーカイブのアップが完了しています。

「みんな違って、みんないい!」広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に生まれ変わります。 あなたの生活…

「スキ」、ありがとうございます! Obrigada!
7
広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に。あなたの生活を世界中の多様な音楽で彩るために情報を発信します。 月額900円のデジタル定期購読で、新規記事もアーカイブも読み放題! (※アーカイブは増減する場合があります)