見出し画像

[2021.05]【太平洋諸島のグルーヴィーなサウンドスケープ⑩】暗闇のなかのサウンドスケープ ―パプアニューギニア in 1993 その2―

文●小西 潤子(沖縄県立芸術大学教授)

前回の記事はこちら↓

 ポートモレスビー1泊目のリゾートホテルで、オーストラリア人のヴィヴィアン、ドイツ人のブリギッテとディーターの4人で夕食を共にし、1杯のグラスワインに酔って寝入った私は、夜明け前、これまで聞いたことのない不思議な鳥の声で目覚めました。

 その日は、国立博物館見学の後、空路1時間でニューギニア島パプアニューギニア領中央部のマウント・ハーゲンに到着予定でした。ポートモレスビーからは、直線距離にして470km少々。途中で道がなくなるので、空路しかありません。搭乗定刻を20分ほど過ぎた時、いきなり欠航の表示。「こういう時、誰に何を言ったらよいのか」と、ブリギッテが旅程表もないツアーへの不満を初めて口にしました。これを聞いて、彼らも私と同感だったことに安堵。私にとって、このツアーは、パプアニューギニアを介して西洋人の身の処し方を見る体験ともなったのです。

 翌朝、「別の便が出る」とのことで空港に行ったら、ニュージーランドからの参加者・マーガレットも来ていました。やっと5人が揃い、無事マウント・ハーゲンに到着。1時間半ほどマーケットを見学し(写真1)、ブッシュパイロットが操縦する小型機に乗り継ぎ、直線距離にして200kmくらいのフライト。みんなは、「山の高低に沿って、小型機が上がったり下りたりして素晴らしい」とか言いながらバナナを食べていましたが、私はひたすら乗り物酔いしないようにと祈っていました。

写真1マウント・ハーゲンの市場2

写真1 マウント・ハーゲンのマーケット
(於:マウント・ハーゲン、パプアニューギニア 1993年4月21日
撮影:小西潤子)

 ようやく、セピック川らしき蛇行する川(写真2)が見えてきたと思ったら、小型機は下降し始め、私たちは小雨の降る草むらに置いて行かれました。私は、ブーツで足元まで保護していましたが、マーガレットは素足にビーチサンダル。みんなあわてて虫よけクリームを塗り始めました。パプアニューギニアには800もの言語があります。幸い、ディーターが共通語のピジンを話せたので、牧師さんに交渉してトイレを案内してもらいました。

この続きをみるには

この続き: 2,301文字 / 画像5枚
この記事が含まれているマガジンを購入・購読する

2021年5月に新規にアップした記事のみが収められているマガジンです。こちらでアーカイブ記事は読めませんので、アーカイブ記事も購読するには…

このマガジンを購読すると、世界の音楽情報誌「ラティーナ」が新たに発信する特集記事や連載記事に全てアクセスできます。「ラティーナ」の過去のアーカイブにもアクセス可能です。現在、2017年から2020年までの3.5年分のアーカイブのアップが完了しています。

「みんな違って、みんないい!」広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に生まれ変わります。 あなたの生活…

「スキ」、ありがとうございます! ¡Gracias!
6
広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に。あなたの生活を世界中の多様な音楽で彩るために情報を発信します。 月額900円のデジタル定期購読で、新規記事もアーカイブも読み放題! (※アーカイブは増減する場合があります)