[2022.1]2021年ブラジルディスク大賞 関係者投票①
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。またコロナワクチンに関する情報は首相官邸のウェブサイトをご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

[2022.1]2021年ブラジルディスク大賞 関係者投票①

e-magazine LATINA

※関係者投票の内容を五十音順でご紹介します。
(カタカナ表記のものは国内盤として発売されています)

●麻生雅人

3年目に突入したオンライン講座「ボサノヴァの裏道を巡る」では、「可哀そうな金持ち娘」全曲解説などヴィニシウス・ヂ・モライスをさらに掘り下げています。(お問い合わせは、Café y Libros :info@cafeylibros.com, tel:03-6228-0234)

2021年は例年よりも、圧倒的にソウル、R&B、ヒッポホップの候補作品が多かった。マジュール、ジーン・タシー、イオンなど、新人勢のデビュー作のレベルが高かったのが印象的だった。一方で、エスピリットサントのファブリシオ、ミナスのガブリアウ・エリアスなど中堅勢も着実に育っている。10年選手となったチアゴ・エルニーニョ新作はアフロビートからジャズ、MPBも取り込んだ濃密な作品となった。

1. Thiago Elniño / Correnteza

画像1

2. Walmir Borges / Isso é Coisa de Baile

画像2

3. Majur / Ojunifé

画像3

4. ヨウン / BXD IN JAZZ

画像4

https://diskunion.net/latin/ct/detail/1008371528

5. Fabriccio / Selva 

画像5

6. BIAB / LadoB

画像6

7. Liniker / Indigo Borboleta Anil

画像7

8. Jean Tassy, Iuri Rio Branco / Amanhã

画像8

9. Sorry Drummer / Sorry Drummer & Friends Vol.3

画像9

10. Gabriel Elias / Música Pra.Curar Brasileira

画像10


●石郷岡 学

山形ブラジル音楽協会会長。泌尿器科医。ブラジル音楽を中心に、多様なアーティストを山形に招聘しています。

ビッグネームの久々の新譜があまりに素晴らしく、彼等らしい音に感涙。格別に繊細だったアンドレのピアノソロ、コロナ禍のSNSで大活躍だったヴァネッサの新譜も極上。5. も久々のソロ作。相変わらず甘酸っぱい。6. はピアノのみならずトリオとしても規格外。7. は感性豊かなメランコリアの塊。8. のバイーア産ラージアンサンブルと、音がぎっしり詰まった9. には血が騒いだ。10. はメロウなブラジリアン・ソウルの新星。

1. Caetano Veloso / Meu Coco

画像70

2. マリーザ・モンチ / ポルタス

画像70

3. André Mehmari / Notturno 20 > 21

画像13

4. ヴァネッサ・モレーノ / センチード

画像14

5. Rodrigo Amarante / Drama

画像15

6. アマーロ・フレイタス / サンコファ

画像16

https://diskunion.net/latin/ct/detail/1008308493

7. ジェニフェル・ソウザ / パシフィカ・ペドラ・ブランカ

画像17

https://diskunion.net/latin/ct/detail/1008345037

8. オルケストラ・アフロシンフォニカ / オリン - ア・リングア・ドス・アンジョス

画像18

https://diskunion.net/latin/ct/detail/1008265353

9. Rafael Martini / Vórtice

画像19

10. ヨウン / Bxd in Jazz

画像70

https://diskunion.net/latin/ct/detail/1008371528


●金田直樹

ディスクユニオン新宿ラテン・ブラジル館中古担当
プロフィール文:主にブラジル盤の中古を担当しています。都内で時々DJもしています。

ブラジルの廃盤が好きなこともあり、今年はFAR OUTからリリースされた3枚の未発表音源がどれも今まで世に出ていなかったのが不思議なほど素晴らしい出来栄えで衝撃を受け、FAR OUTがますます好きになった一年でした。
中でもアントニオ・カルロス・ジョビンやジョアン・ドナートとも親交があるとされるリオのAOR~ヨット・ロック系SSWヒカルド・ボンバのシングルがジャケットもない簡素なパッケージでありながらブラジルらしい清涼感溢れる好内容で、たった2曲だけですが何度も聴いてしまいました。

1. Ricardo Bomba / EU SEI / FLUTUANDO

画像21

2. Marcos Resende & Index / Marcos Resende & Index

画像22

3. ヨウン / Bxd in Jazz

画像23

https://diskunion.net/latin/ct/detail/1008371528

4. Liniker / Indigo Borboleta Anil

画像24

5. Fabriccio / Selva 

画像25

6. シルヴァ / シンコ

画像26

https://diskunion.net/latin/ct/detail/1008361462

7. Celso Fonseca / Nossa Música

画像27

8. João Donato & Jards Macalé / Síntese Do Lance

画像28

9. Sorry Drummer / Sorry Drummer & Friends Vol.3

画像29

10. José Mauro / A Viagem Das Horas

画像30


●5代目

デザイナーでDJでプロレスラーのイクメン
恵比寿エンジョイ↑ハウスにてブラジル音楽パーティーcincoを主催。コロナ明けに再開予定。

10枚とも甲乙つけ難い良作ですが、ブレーガで23分を駆け抜ける潔さが痛快なパブロを1位に選出。自身が今までに発表した中で1番ブラジルらしい作品と語る通り、多幸感に溢れた1枚。Ruxell no beatでお馴染み、売れっ子DJの2。先日急逝したマリリア・メンドンサもゲスト参加のルイーザ・ソンザの新譜は3に。ナチフッツの25周年記念版も素晴らしい!来年はどんな作品に出会えるか今から楽しみです!

1. Pabllo Vittar / Batidão Tropical

画像31

2. Ruxell / Paz, Amor e Grave

画像32

3. Luísa Sonza / DOCE 22

画像33

4. Natifuts / Good Vibration - Vol.

画像34

5. Jean Tassy, Iuri Rio Branco / Amanhã

画像35

6. Os Amantes / Os Amantes

画像36

7. Feyjão / Feyjão

画像37

8. Mallu Magalhães / Esperança

画像38

9. Liniker / Indigo Borboleta Anil

画像39

10. Jazz Botânico / DJ Mam, Rodrigo Sha, & Jazz Botânico

画像40


●宿口 豪

Bar Blen blen blen店主
渋谷マークシティ裏のブラジル食堂&酒場店主。音楽、サッカー、カシャーサ。ワイワイやってます。

相変わらず雑食で色々聴きましたが、コロナ禍でブラジルにも行けないので、向こうで実際よく聴かれているものがどうしても多くなってしまいました。1位は文句無し、最早神の領域。以下順位は関係なく2~4位はSSW/ロック、5~6位はパゴーヂ、7~10位はアホッシャ、フォホー、セルタネージョ部門という感じです。特に8、9、10辺りのチープだけどドスの効いたリズムと空気感はまさにブラジル!という感じで年々ハマってます。他にはヴァネサ・モレーノなど。

1. Maria Bethânia / Noturno

画像41

2. Liniker / Indigo Borboleta Anil

画像42

3. Lagum / MEMÓRIAS(de onde eu nunca fui)

画像43

4. Outroeu / O outro é você

画像44

5. Di Propósito / Tudo Di Proposito

画像45

6. Ferrugem / Ferrugem em casa 2(Bloco 1)[ao vivo]

画像46

7. Gavy Amarantos / Purakê

画像47

8. Gusttavo Lima / Falando de Amor, Vol.2

画像48

9. Os Barões da Pisadinha / Da Roça pra cidade (Ao Vivo)

画像49

10. Zé Vaqueiro / O original

画像50


●高木慶太

DJ/プレイリスター
飲食店向けのプレイリストが主戦場になり、1年以上DJブースから遠ざかっている。年明けから再開予定。

ランキングには反映させなかったが、ハイエイタス・カイヨーテとバッドバッドノットグッドの両新作で主役を食う異才ぶりを見せつけたアルトゥール・ヴェロカイが実は番外にして本命。これを機にヴェロカイの次なる越境先にも、また第二のヴェロカイの登場にも注目したい。さて、本題。パンデミック禍での音楽との付き合いも2年目。閉塞感からの逃避にも飽き、外耳にも内耳にも刺激を求めた。ブラジル音楽に対してもまた然りということでこのランキング。

1. アマーロ・フレイタス / サンコファ

画像51

https://diskunion.net/latin/ct/detail/1008308493

2. オルケストラ・アフロシンフォニカ / オリン - ア・リングア・ドス・アンジョス

画像70

https://diskunion.net/latin/ct/detail/1008265353

3. Caetano Veloso / Meu Coco

画像53

4. Tuyo / Chegamos Sozinhos em Casa Vol. 1&2

画像54

5. 
LoreB / Cheio De Vazi

画像55

6. ジェニフェル・ソウザ / パシフィカ・ペドラ・ブランカ

画像56

https://diskunion.net/latin/ct/detail/1008345037

7. 
ルエジ・ルナ / ボン・メズモ・エ・エスター・ヂバイショ・ダグア

画像57

8. マリーザ・モンチ / ポルタス

画像58

9. Gal Costa / Nenhuma Dor

画像59

10. ヨウン / Bxd in Jazz

画像60

https://diskunion.net/latin/ct/detail/1008371528


●高橋健太郎

音楽評論家、音楽プロデューサー、レーベル&スタジオMemory Lab主宰。著書に『ヘッドフォン・ガール』(2015)、『スタジオの音が聴こえる』(2014)、『ポップミュージックのゆくえ』(2010)

ストリーミング・サービスではブラジル音楽の情報を得ることが難しいこともあって、マリーザ・モンチの新作が出ていたことすら、年末まで気づかないような年だった。何らかの偶然で出会ったブラジル盤の新譜にはスリリングな発見もあり、10枚を選ぶのは難しくなかったが、日本発売盤以外は他の人とあまり重ならないのではなかろうか。Phya Natashka、Leopoldina、Pedro Santosはそれぞれデビュー作だと思われるが、本国ではどのように評価されているのか知りたいところ。MPB自体が若い世代の関心を引く音楽ではなくなっているのかもしれないが。来年はブラジル音楽の情報チャンネルをもう少し確保したい。

1. ホジェリオ・ボッテール・マイオ / ポール・ウン・トリス

画像61

2. Natalia Machiavelli / Phya Natashka

画像62

3. Thiago Elniño / Correnteza

画像63

4. Leopoldina / Semente Crioula

画像64

5. オルケストラ・アフロシンフォニカ / オリン - ア・リングア・ドス・アンジョス

画像65

https://diskunion.net/latin/ct/detail/1008265353

6. Augustinho da Silveira / Freguesia Açoriana

画像66

7. Pedro Santos / Feliz Cidade

画像67

8. Pedro Longes, James Liberato / Cançoes de Amor e Solidão

画像68

9. Caetano Veloso / Meu Coco

画像69

10. Luiza Hellena / Uma Voz

画像70

(ラティーナ2022年1月)




この続きをみるには

この続き: 0文字
このマガジンを購読すると、世界の音楽情報誌「ラティーナ」が新たに発信する特集記事や連載記事に全てアクセスできます。「ラティーナ」の過去のアーカイブにもアクセス可能です。現在、2017年から2020年までの3.5年分のアーカイブのアップが完了しています。

「みんな違って、みんないい!」広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に生まれ変わります。 あなたの生活…

「スキ」、ありがとうございます! ¡Gracias!
e-magazine LATINA
広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に。あなたの生活を世界中の多様な音楽で彩るために情報を発信します。 月額900円のデジタル定期購読で、新規記事もアーカイブも読み放題! (※アーカイブは増減する場合があります)