見出し画像

[1987.06]ジョゼ・アフォンソの死に一本のカーネーションを…

文●井上憲一

 グランドラ・ヴィラ・モレーナ
  テーラ・ダ・フラテルニダーデ…

 「グランドラ・ヴィラ・モレーナ」の歌とともに、彼の姿を最初に目にしたのは、1982年春、フランスの地方都市ブルジュの、有名なポピュラー音楽祭 ブルジュの春」でのことだ。そしてそれが、僕にとっては、彼との最後の出会いともなってしまった。
 彼のファースト・ネームはジョゼ、ファミリー・ネームはアフォンソ、ともにポルトガルではありふれた、きわめてポピュラーな名である。ポルトガルの人々は、敬意と親しみをこめ、彼を「ゼカ」(ZECA)と呼んだ。
 ゼカ・アフォンソは、1929年8月2日、「ポルトガルのベニス」と称される大西洋岸の街アヴェイロに生まれた。
 大航海時代、大西洋に船出し、海洋帝国を築かせたポルトガルの歴史は、このアヴェイロ生まれの少年の歩みをも、とっくの昔から、自身のクロニクルに書き込んでいたように思われてならない。

画像1

 ジョゼは、少年時代をポルトガルの植民地アンゴラ、そしてモサンビークで過ごした。アフリカ体験は、彼の音楽性に根元的な影響を与えた。アフリカのリズムが、ファドを含めたポルトガルの伝統音楽に融合し、新しいポルトガルの歌を創り出すいしずえとなった。ジョゼ・アフォンソ自ら、アフリカとの関わりをこう語っている。「私はアフリカの息子です」と。

 ジョゼの青年時代は、ヨーロッパ有数の歴史的大学都市コインブラが舞台だった。コインブラ大学は、ポルトガルの国民詩人ルイス・ド・カモンイスの他、数限りない詩人、作家を輩出してきた。その文学的伝統が、甘く切ないメロディと結びつき、コインブラのファドと呼ばれるロマンチックな歌が誕生する。

画像2


 コインブラのファドの歌い手は、その大学の学生たちであった、「制服」である伝統の黒マントに身をつつみ、ギターやリュートを手にロマンスを歌いながら上の大学から路地を下り、下町へとくり出して行くものだった。
 コインブラで歴史、哲学を学ぶジョゼ・アフォンソが、その微細な美声で人々の注目を集め始めるのは、かの地の例にもれず、コインブラのファド歌いとしてだった。それは、今なお、ポルトガル最良のバラード歌手と称される彼の、輝かしいキャリアの始まりであった。サラザール独裁体制下、ジョゼが唯一テレビに出演するのも、若きファド・シンガーとしてであった。

この続きをみるには

この続き: 2,551文字 / 画像2枚
この記事が含まれているマガジンを購読する
このマガジンを購読すると、世界の音楽情報誌「ラティーナ」が新たに発信する特集記事や連載記事に全てアクセスできます。「ラティーナ」の過去のアーカイブにもアクセス可能です。現在、2017年から2020年までの3.5年分のアーカイブのアップが完了しています。

「みんな違って、みんないい!」広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に生まれ変わります。 あなたの生活…

「スキ」、ありがとうございます! Obrigada!
2
広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に。 あなたの生活を世界中の多様な音楽で彩るために情報を発信します。 月額900円のデジタル定期購読で、新規記事も、過去のアーカイブも読み放題! (※2017年以降の主要記事がアップ済。順次追加)

こちらでもピックアップされています

世界の音楽情報誌「ラティーナ」
世界の音楽情報誌「ラティーナ」
  • ¥900 / 月

「みんな違って、みんないい!」広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に生まれ変わります。 あなたの生活を世界中の多様な音楽で彩るために、これからはこちらから情報を発信していきます。 毎月の特集や、強力な面々による連載に期待してください。世界のニュースや音楽情報、新譜リリース情報、イベント情報などは、日々更新していきます。購読者に向けて、様々なプレイリストも共有予定です。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。