[2021.08]「ラ米乱反射」電子版 第10回 ペルーにカスティージョ左翼政権誕生|民族主義政策実施のため改憲目指す|国会少数派で前途は多難
見出し画像

[2021.08]「ラ米乱反射」電子版 第10回 ペルーにカスティージョ左翼政権誕生|民族主義政策実施のため改憲目指す|国会少数派で前途は多難

「ラ米乱反射」電子版 第10回
ペルーにカスティージョ左翼政権誕生
民族主義政策実施のため改憲目指す
国会少数派で前途は多難

文 ● 伊高浩昭(ジャーナリスト)

※こちらの記事は、8/11からは、有料定期購読会員の方が読める記事になります。定期購読はこちらから。

 ペルーのペドロ・カスティージョ新大統領(51)が2021年7月28日就任した。任期は26年までの5年。準備、人材、政治的経験の不足や視野の狭さ、さらには政権党が国会で少数派であるため発足早々、不安定な政権運営を迫られている。世論の反発を招くような独善主義に陥れば、国会で弾劾され解任される可能性も十分にあり得る。

画像1

写真:ペドロ・カスティージョ(Pedro Castillo)大統領

 北部カハマルカ州内僻地の寒村プーニャ村の貧しい農民家庭出身で、同州内の農村小学校教師だったカスティージョは、教員組合と農村自警団ロンダの活動に熱心だった。

画像2

写真:農村自警団ロンダの団員(ロンデロ)たち

▶︎農村教師から政界へ

 政治思想的には急進的左翼ではなく、貧困や疎外など農村問題の解決や、その鍵を握る教育の労働者である教員の生活防衛に熱心な穏健左翼だった。フジモリ政権崩壊後の混乱期を経て登場した中道保守のアレハンドロ・トレード大統領(任期2001~06)の政権党ペルー・ポシーブレ(PP=可能性のあるペルー)党に入党し、長らくカハマルカ州内の党支部に属していた。

 因みにトレードは、収賄などで追及され米国に逃亡していたが、米当局に逮捕され、現在、ペルーへの身柄引き渡し手続きが進められている。

画像3

写真:アレハンドロ・トレード(Alejandro Toledo )元大統領

この続きをみるには

この続き: 6,639文字 / 画像25枚
この記事が含まれているマガジンを購入・購読する

2021年8月に新規にアップした記事のみが収められているマガジンです。こちらでアーカイブ記事は読めませんので、アーカイブ記事も購読するには…

このマガジンを購読すると、世界の音楽情報誌「ラティーナ」が新たに発信する特集記事や連載記事に全てアクセスできます。「ラティーナ」の過去のアーカイブにもアクセス可能です。現在、2017年から2020年までの3.5年分のアーカイブのアップが完了しています。

「みんな違って、みんないい!」広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に生まれ変わります。 あなたの生活…

「スキ」、ありがとうございます! ¡Gracias!
広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に。あなたの生活を世界中の多様な音楽で彩るために情報を発信します。 月額900円のデジタル定期購読で、新規記事もアーカイブも読み放題! (※アーカイブは増減する場合があります)