新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。またコロナワクチンに関する情報は首相官邸のウェブサイトをご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

[2021.04]【TOKIKOの 地球曼荼羅⑨】ベトナム戦下のサイゴンから届いた歌 ─ 作曲家、チン・コン・ソン没後20年

文●加藤登紀子

本エントリーは、4/13(火)までは無料でお読みいただけます。4/14(水)からは、有料定期購読会員の方が読める記事になります。定期購読はこちらから。

 4月1日はベトナムの作曲家、チン・コン・ソンさん(1930 - 2001)の亡くなった日、今年没後20年になります。
 一昨年、ホーチミンのオペラハウスで開かれたメモリアルコンサートに私はゲスト出演。素晴らしいベトナムの歌手たちと共に彼の歌を歌ったのです。没後20年の今年は彼の出身地、フエで盛大な野外コンサートを開くので必ず来てください、と言われていたのでしたが、このコロナ禍で開催が中止になったのでしょう、何もコンタクトがありません。残念です。

ひとり寝

『ひとり寝の子守唄』(1969年)

 チン・コン・ソンという名前が日本で初めて知られたのは1968年、テレビ局のディレクターがベトナム戦下のサイゴンで行われた反戦フォーク集会の音源を持ち帰り、その中の曲をフォークシンガー高石ともやさんが日本語に翻訳して紹介した「坊や大きくならないで」が最初でした。
 私はアルバム『ひとり寝の子守唄』の中でこの曲を歌っています。
 その後、1970年の大阪万博の時、チン・コン・ソンの曲を歌って「サイゴンの歌姫」と呼ばれたカーン・リーが来日し、この時、高階真さんが彼女の歌に日本語の歌詞をつけて日本でレコーディング、「雨に消えたあなた」というタイトルでソノシートで発売したのが「美しい昔(ジェム・スワ)」。この歌が素晴らしく、たくさんの歌手に歌われ、私も大事に歌ってきました。

中国コンサート・ライブ_ハルピンの夏

『ハルビンの夏』(1981年)

画像3

『Tikiko - Cry』(1997年)

 1981年、初めて生まれ故郷で歌った『ハルビンの夏』というライブ盤のボーナストラックとしてスンガリー(松花江)の畔でギターの弾き語りで歌ったバージョンと、1997年アルバム『Tokiko - Cry』にピアノ一本でレコーディングしたものとあります。
 この二つの素晴らしい歌との出会いがメーンストーリー。けれど、それだけでは終わらなかったこの二人と私の稀有な出会いがもう一つの物語です。

この続きをみるには

この続き: 3,455文字 / 画像6枚
この記事が含まれているマガジンを購入・購読する

2021年4月に新規にアップした記事のみが収められているマガジンです。こちらでアーカイブ記事は読めませんので、アーカイブ記事も購読するには…

このマガジンを購読すると、世界の音楽情報誌「ラティーナ」が新たに発信する特集記事や連載記事に全てアクセスできます。「ラティーナ」の過去のアーカイブにもアクセス可能です。現在、2017年から2020年までの3.5年分のアーカイブのアップが完了しています。

「みんな違って、みんないい!」広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に生まれ変わります。 あなたの生活…

「スキ」、ありがとうございます! Obrigada!
広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に。あなたの生活を世界中の多様な音楽で彩るために情報を発信します。 月額900円のデジタル定期購読で、新規記事もアーカイブも読み放題! (※アーカイブは増減する場合があります)