[2021.10]【シリーズ:ブラジル音楽の新しい才能⑤】 マジュール(Majur)
見出し画像

[2021.10]【シリーズ:ブラジル音楽の新しい才能⑤】 マジュール(Majur)

 e-magazine LATINA によるブラジルのポピュラー音楽の中で頭角を現し始めた新しい才能を紹介するシリーズです。レポートは、ブラジル人音楽ジャーナリストのヂエゴ・ムニス。今回は、ブラジルの音楽的表象性を歌う2人の歌手を紹介します。

※こちらの記事は、10/27からは、有料定期購読会員の方が読める記事になります。定期購読はこちらから。

文●ヂエゴ・ムニス(Diego Muniz)

画像1

マジュール(Majur|左)とイラン(Hiran|右)と満面の笑みのカエターノ・ヴェローゾ(中央)

 2015年以降、リニケル(Liniker)やパブロ・ヴィタール(Pabllo Vittar)などが登場したことで、LGBTI+(Lesbian, Gay, Bisexual, Transvestite, Transgender, Intersexなどの呼称)のアーティストたちが、ブラジル音楽シーンの中で認知度を高め始めています。

 その中でも特に活躍の場を広げているマジュール(Majur)イラン(Hiran)は、作曲や映像作品の面で多様性をもたらし、カエターノ・ヴェローゾ(Caetano Veloso)やマリア・ベターニア(Maria Bethânia)、イヴェッチ・サンガロ(Ivete Sangalo)といった有名な音楽家のファンも獲得しています。

 ブラジルのポピュラー音楽史の壁を壊しながら、すでにその歴史に名を刻み始めている2人のアーティストを紹介します。

 ※ イラン(Hiran)編は近日公開します。

Majur

 身長1メートル95センチ。パワフルな歌声と迫力あるルックスで、3年ほど前からブラジルで注目を集め始めたマジュール(Majur)。歌手であり作曲家であり、最も将来性のある才能のうちの1人だと考えられているマジュールは、サルヴァドール郊外で生まれ育ち、5歳のときに、サルヴァドール・ユース・シンフォニー・オーケストラの合唱団に参加しました。

 黒人であり、ノンバイナリージェンダー(自分が1つの性別のみには属さないと認識している人々)であることを認識しているマジュールは、夜のサルヴァドールで演奏するためのバンドを結成し、プロとしてのキャリアをスタートしました。

 アフリカ系、R&B、ファンク、ソウル、MPBのリズムをミックスしたマジュールは、食の地区でありボヘミアンな地区であるバーハ地区のバーで歌っていましたが、2018年にリニケルのコンサートに出演し、人々の関心を集めるようになりました。

 同年に、カエターノ・ヴェローゾがマジュールのファンであると公言。また、2019年、パブロ・ヴィタールも参加したラッパーのエミシーダ(Emicida)のトラック「AmarElo」で、パワフルなヴォーカルを披露したことで、認知度は更に高くなりました。

この続きをみるには

この続き: 1,266文字
この記事が含まれているマガジンを購入・購読する

2021年10月に新規にアップした記事のみが収められているマガジンです。こちらでアーカイブ記事は読めませんので、アーカイブ記事も購読するに…

このマガジンを購読すると、世界の音楽情報誌「ラティーナ」が新たに発信する特集記事や連載記事に全てアクセスできます。「ラティーナ」の過去のアーカイブにもアクセス可能です。現在、2017年から2020年までの3.5年分のアーカイブのアップが完了しています。

「みんな違って、みんないい!」広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に生まれ変わります。 あなたの生活…

「スキ」、ありがとうございます! ¡Gracias!
広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に。あなたの生活を世界中の多様な音楽で彩るために情報を発信します。 月額900円のデジタル定期購読で、新規記事もアーカイブも読み放題! (※アーカイブは増減する場合があります)