[2021.12] 『夜空に星のあるように』 『ラストナイト・イン・ソーホー』 『ショップリフターズ・オブ・ザ・ワールド』 ─ 名匠ケン・ローチが繋ぐエドガー・ライトとザ・スミスの世界
見出し画像

[2021.12] 『夜空に星のあるように』 『ラストナイト・イン・ソーホー』 『ショップリフターズ・オブ・ザ・ワールド』 ─ 名匠ケン・ローチが繋ぐエドガー・ライトとザ・スミスの世界

e-magazine LATINA
※こちらの記事は、12/9からは、有料定期購読会員の方が読める記事になります。定期購読はこちらから

文●圷 滋夫(あくつしげお/映画・音楽ライター)

 ケン・ローチ監督の劇場長編映画デビュー作『夜空に星のあるように』(1967)が、半世紀以上の時を経てスクリーンに戻って来る。ローチは世界三大映画祭の一つ、カンヌ国際映画祭で最高賞パルムドールを二度受賞し、今や名実ともに世界的な巨匠となったが、本作を観れば社会に向き合う真摯な姿勢や独特な映画スタイルが、最初から一貫して変わっていないことが分かるだろう。

画像1

©1967 STUDIOCANAL FILMS LTD.
『夜空に星のあるように』
2021年12月17日(金)より新宿武蔵野館ほか全国順次ロードショー

 格差社会と失業/貧困、移民と人種差別など、社会が抱える様々な問題を背景に人間ドラマを描き、困惑しながらもユーモアを持って生き生きと日常を送る市井の人々に、厳しくも温かな眼差しを向ける。そして立場の弱い人々を置き去りにする社会への激しい怒りとやるせなさを忍ばせながら、その眼差しを見事に映画作品として昇華するのだ。ロケを多用する撮影や、社会状況をリアルに取り込みながら職業俳優ではない素人(子供の自然な表情や動き!)を多く登場させるドキュメンタリー・タッチの大胆な演出方法も大きな特徴だ。それは当時ローチが影響を受けた“怒れる若者たち”や“ネオレアリズモ”、そして“ヌーヴェルヴァーグ”の要素が混在していると言ってもいいだろう。

この続きをみるには

この続き: 7,125文字 / 画像8枚
このマガジンを購読すると、世界の音楽情報誌「ラティーナ」が新たに発信する特集記事や連載記事に全てアクセスできます。「ラティーナ」の過去のアーカイブにもアクセス可能です。現在、2017年から2020年までの3.5年分のアーカイブのアップが完了しています。

「みんな違って、みんないい!」広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に生まれ変わります。 あなたの生活…

「スキ」、ありがとうございます! ¡Gracias!
e-magazine LATINA
広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に。あなたの生活を世界中の多様な音楽で彩るために情報を発信します。 月額900円のデジタル定期購読で、新規記事もアーカイブも読み放題! (※アーカイブは増減する場合があります)