見出し画像

[2020.08]エディトゥス|コスタリカ【特集:世界の音楽家は新型コロナ後の“NEXT WORLD”をどう描くか?】

1のコピー

EDITUS(エディトゥス) プロフィール● コスタリカで30年のキャリアを持つ伝説的グループ。現在までアメリカ大陸、ヨーロッパ、アジア、中東をツアーし、12枚のアルバムを発表。コスタリカとラテンアメリカの伝統音楽とジャズ、クラシック、ワールドミュージックをフュージョンさせ、新たなジャンルとして確立。ルベン・ブラデスとともに3回のグラミー賞を獲得し、ニューヨークのカーネギーホール、パリのオランピア劇場、アムステルダムのコンセルトヘボウ、スイスのモントリオール・ジャズフェスティヴァルの舞台に立った。各メンバーはコスタリカの様々なプロジェクトに参加し、現在では生態系保護活動も積極的に行なっている。

画像1

回答者:Edín Solís(Director Musical)、回答日2020年6月26日
Q1─ ソーシャル・ディスタンスを強いられ、自宅にいる時間が以前より増えたと思います、現在の創作活動の仕方を教えてください。

A1─  地球全体と同じく、ライヴ関係の活動は大きな影響を受けています。政府の方針によって外出禁止令が出され、家にこもっています。現在許されているのは無観客配信のみです。エディトゥスはいくつかのヴァーチャルイベントを手掛け、他のアーティストのゲスト参加もしてきました。幸運にもいくらかの収入となり、アートの世界で表現し続けること、観客が家庭にいながらにして楽しんでいただける機会を作れたと思っています。

この続きをみるには

この続き: 1,859文字
この記事が含まれているマガジンを購入・購読する
このマガジンにはラティーナ2020年8月にアップした記事が収められていますが、定期購読マガジンの「ラティーナ」を購読していただくと、最新号とアーカイブの全てが月額900円で読めるのでお得です。(※デジタル定期購読している方は、e-magazine LATINA内の全ての記事が読めます。このマガジンを「目次」と考えてください)

2020年8月にアップした記事のマガジンです。

このマガジンを購読すると、世界の音楽情報誌「ラティーナ」が新たに発信する特集記事や連載記事に全てアクセスできます。「ラティーナ」の過去のアーカイブにもアクセス可能です。現在、2017年から2020年までの3.5年分のアーカイブのアップが完了しています。

「みんな違って、みんないい!」広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に生まれ変わります。 あなたの生活…

「スキ」、ありがとうございます!
2
広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に。 あなたの生活を世界中の多様な音楽で彩るために情報を発信します。 月額900円のデジタル定期購読で、新規記事も、過去のアーカイブも読み放題! (※2017年以降の主要記事がアップ済。順次追加)

こちらでもピックアップされています

世界の音楽情報誌「ラティーナ」
世界の音楽情報誌「ラティーナ」
  • ¥900 / 月

「みんな違って、みんないい!」広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に生まれ変わります。 あなたの生活を世界中の多様な音楽で彩るために、これからはこちらから情報を発信していきます。 毎月の特集や、強力な面々による連載に期待してください。世界のニュースや音楽情報、新譜リリース情報、イベント情報などは、日々更新していきます。購読者に向けて、様々なプレイリストも共有予定です。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。