見出し画像

[2021.03]【e-magazine LATINA】編集部が今週聴いてほしい世界の新譜からの5曲[3/10更新]

文●編集部

 気になった新譜の中から、厳選した5曲を紹介します!
 ぜひ、最後まで聴いていってちょうだーーい!!

1曲目。Ólafur Arnalds「Tiny Desk (Home) Concerts」

(※「曲」じゃねえっすけんど!)


 アイスランドのレイキャビクにあるスタジオから、アイスランド出身の作曲家オーラヴル・アルナルズ(Ólafur Arnalds)が
npr (National Public Radio|アメリカ合衆国の非営利・公共のラジオネットワーク)の人気YouTube企画「Tiny Desk (Home) Concerts」に出演しています。

「ポスト・クラシカル」と称されることの多いオーラヴル・アルナルズの、過去と未来が融合した叙情的な音楽を堪能できます。オーラヴルが手前で弾いている背の低いアップライトピアノは、デンマークの「pianette」というピアノだそうです。素敵なスタジオですが、このスタジオは、オーラヴルが所有する前は、シガー・ロスが所有していたそうです(「Tiny Desk」っていう割にはぼくの机は大きいけど大丈夫かな?、って途中で冗談を言うのもかわいいですね)。

 演奏したのは4曲。「Happiness Does Not Wait」以外の3曲は、2020年の最新アルバム『some kind of peace』に収録されています。
Tiny Desk (Home) Concerts での演奏曲:「Happiness Does Not Wait」「Woven Song」「Spiral」「We Contain Multitudes」

 ↓こちらは、音源としてごく最近リリースされた別のセッション。

2曲目。DIEGO SCHISSI QUINTETO「Árbol」

 ディエゴ・スキッシ・キンテートがもうすぐ、5枚目のアルバム『Te』を発表します。先行してアルバムの1曲目の楽曲「Árbol」が公開されています。

 全19曲で構成されるアルバム『Te』ですが、19曲全ての楽曲のタイトルは、「Por」という、スピネッタ(Luis Alberto Spinetta)が、Pescado Rabioso 名義でリリースしたアルバム『Artaud』の3曲目に収録された短い曲の歌詞に出る言葉から選ばれています。

 『Te』の19曲のうち、メロディーの引用があるのは、19曲目の「Nube」のみで、その他の曲は、「スピネッタという存在」からのインスピレーションを表現しているということ。
 ディエゴ・スキッシが、スピネッタをオマージュしたこんなヤバイ作品を作るとは思っていませんでした。
 まだ、筆者もアルバム全体は未聴ですが、すんごい作品が届きそうです。

 知ってました? ディエゴ・スキッシのアルバム・タイトルを並べると...
『Tongos』 『Tipas y tipos』『Timba』 『Tanguera』...そして今回が『Te』ということで、全部「T」から始まっているんです!


3曲目。Omar Sosa「Tsiaro Tsara|feat. Rajery 」

アルバム『An East African Journey』より

 2021年3月期のWorld Music Chartで、初登場1位を獲得したオマール・ソーサのアルバム『An East African Journey』から。オマール・ソーサは、ジャズとアフロ・キューバンを軸に、アフリカ音楽やヒップホップを取り入れ活躍しているキューバ出身のピアノ奏者/作曲家。ブルーノートでの公演を中心に、日本への来日公演も多いです。

 本作は、オマール・ソーサが2009年に東アフリカ7カ国でのツアーを行なった際に各地の伝統音楽の演奏家と録音したものに、スタジオで少し手を加え完成しました。

 この曲でフィーチャーされているRajeryは、マダガスカル出身のバリハ(※マダガスカルの民族楽器の一つ。竹筒の周りに弦を張った撥弦楽器)の演奏者です。幼児のとき、彼は片方の手の指をすべて失いましたが、その後、彼は独学でバリハ奏者になりました。

画像1


4曲目。BaianaSystem「Guerra Batalha|feat. Liz Reis 」

EP『Recital Instrumental』より

 ブラジルの若い世代に圧倒的人気を誇るグループ、バイアーナ・システム(BaianaSystem)が、4作目となるアルバム『OxeAxeExu』のリリースに先駆け、先行EPをリリースしています。

 2月にリリースされたEP『Navio pirata(海賊船)』に続いて、先週末リリースされたEPのタイトルは『Recital Instrumental(器楽のリサイタル)』。収録曲のうち、インスト曲は、5曲中2曲なので、タイトルがフェイクなのですが、どんな意図を込めているんでしょう。
 
 ここで選んだ1曲はEPの冒頭の「Guerra Batalha(戦争)」で、女性オペラ歌手のLiz Reis がゲスト参加しています。男性Voは、グループのメイン・ヴォーカルのフソ・パサプソ(Russo Passapusso)です。彼の声、ずっとめっちゃ好きです。

 アルバムリリース前にもう1枚EPがリリースされるそうです… 先行EPが3枚… それだけでアルバムの収録曲数を超えそうですが、バイアーナ・システムのことなので、とんでもないアルバムが待っているんだと思います。アルバムがリリースされたら、また紹介しますね。

5曲目。aiko「ばいばーい 」

アルバム『どうしたって伝えられないから』より

 aiko さんが新作アルバムをリリースされました!
 今回の最後は、一緒に aiko 聴きましょう!

 aiko さんを聴いてこなかった人生ですが、尊敬する入江陽さんが aiko さんを聴いているので、アルバムが出たらチェックするようになりました。

 横棒は2つでお願いします!
  では、みなさん、「ばいばーーい」!


(ラティーナ2021年3月)

定期購読はこちらから!↓

この続きをみるには

この続き: 0文字
この記事が含まれているマガジンを購入・購読する

2021年3月に新規にアップした記事のみが収められているマガジンです。こちらでアーカイブ記事は読めませんので、アーカイブ記事も購読するには…

このマガジンを購読すると、世界の音楽情報誌「ラティーナ」が新たに発信する特集記事や連載記事に全てアクセスできます。「ラティーナ」の過去のアーカイブにもアクセス可能です。現在、2017年から2020年までの3.5年分のアーカイブのアップが完了しています。

「みんな違って、みんないい!」広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に生まれ変わります。 あなたの生活…

「スキ」、ありがとうございます! ¡Gracias!
広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に。あなたの生活を世界中の多様な音楽で彩るために情報を発信します。 月額900円のデジタル定期購読で、新規記事もアーカイブも読み放題! (※アーカイブは増減する場合があります)