見出し画像

【連載】タンゴのうた 詩から見るタンゴの世界  第2回 ミ・ノーチェ・トリステ

文●西村秀人 text by HIDETO NISHIMURA

今からちょうど100年ほど前の1918年4月26日、ブエノスアイレス劇場でホセ・ゴンサレス・カスティージョとアルベルト・ウェイスバック脚本のサイネーテ(寸喜劇)「犬の牙」(Los dientes del perro)が上演される。座長のエンリケ・ムイニョは劇中のキャバレーのシーンで、タンゴを使おうと思いたち、当時カルロス・ガルデルのレコードが出たばかりだったタンゴ「わが悲しみの夜」(ミ・ノーチェ・トリステ)を、女優マノリータ・ポリに歌わせ、当代きっての名楽団ロベルト・フィルポ楽団が伴奏をつとめることになった。


「犬の牙」は大ヒット、400回を超えるロングランとなり、特に「わが悲しみの夜」のシーンはアンコールで一晩に何度も繰り返され、劇場の入り口では作者に無断で歌詞を印刷した紙を売る少年が登場、あっという間に売り切れていたという。すでに発売されていたカルロス・ガルデルのレコードも話題となり、ガルデルは史上初の「タンゴ歌手」という名誉を得ることになる。

画像1

Carlos Gardel

 この前年の1916年、歌手で作詞家のパスクアル・コントゥルシはウルグアイの首都モンテビデオにいた。結婚して子供も生まれたというのに、若い女にいれ込んで、家族を捨ててモンテビデオまで追いかけてきたのだった。劇作家を目指していたが、モンテビデオでは食べるためにギターを弾いて、「エル・フレーテ」「ラ・ギタリータ」「シャンパン・タンゴ」などの古典タンゴに自作の詞をつけてキャバレーで歌っていた。このキャバレー、実は「ラ・クンパルシータ」の作者ヘラルド・マトス・ロドリゲスの父親がオーナーの店「ムーラン・ルージュ」だったというから驚きだ。

画像2

Pascual Contursi

 モンテビデオから一時ブエノスアイレスに戻った際、コントゥルシは「エル・プロテヒード」というカフェでサムエル・カストリオータ(ピアノ)のトリオが演奏する「リタ」(Lita)という曲を聞いた。当時の古典タンゴとは一味違った流麗なメロディが印象的だったのだろう、モンテビデオに帰ってからコントゥルシはこの曲に詞を付け、タイトルも「わが悲しみの夜」(Mi noche triste) に変更し、「ムーラン・ルージュ」で初演した。この時には追いかけた女性には捨てられていたそうなので、歌詞内容はコントゥルシの本心だ。

この続きをみるには

この続き: 1,738文字 / 画像8枚
この記事が含まれているマガジンを購入・購読する
このマガジンにはラティーナ2018年3月号の主要な記事が収められていますが、定期購読マガジンの「ラティーナ」を購読していただくと、最新号とアーカイブの全てが月額900円で読めるのでお得です。(※デジタル定期購読している方は、e-magazine LATINA内の全ての記事が読めます。このマガジンを「目次」と考えてください)

ラティーナ2018年3月号のアーカイブです。

このマガジンを購読すると、世界の音楽情報誌「ラティーナ」が新たに発信する特集記事や連載記事に全てアクセスできます。「ラティーナ」の過去のアーカイブにもアクセス可能です。現在、2017年から2020年までの3.5年分のアーカイブのアップが完了しています。

「みんな違って、みんないい!」広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に生まれ変わります。 あなたの生活…

「スキ」、ありがとうございます! Obrigada!
広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に。 あなたの生活を世界中の多様な音楽で彩るために情報を発信します。 月額900円のデジタル定期購読で、新規記事も、過去のアーカイブも読み放題! (※2017年以降の主要記事がアップ済。順次追加)

こちらでもピックアップされています

世界の音楽情報誌「ラティーナ」
世界の音楽情報誌「ラティーナ」
  • ¥900 / 月

「みんな違って、みんないい!」広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に生まれ変わります。 あなたの生活を世界中の多様な音楽で彩るために、これからはこちらから情報を発信していきます。 毎月の特集や、強力な面々による連載に期待してください。世界のニュースや音楽情報、新譜リリース情報、イベント情報などは、日々更新していきます。購読者に向けて、様々なプレイリストも共有予定です。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。