e-magazine LATINA
[2021.12]【連載シコ・ブアルキの作品との出会い⑮】キリストの名を持つ、シングルマザーの息子 — Minha história
見出し画像

[2021.12]【連載シコ・ブアルキの作品との出会い⑮】キリストの名を持つ、シングルマザーの息子 — Minha história

e-magazine LATINA

文と訳詞●中村 安志 texto e tradução por Yasushi Nakamura

※こちらの記事は、12/29(水)からは、有料定期購読会員の方が読める記事になります。定期購読はこちらから。
中村安志氏の連載は「シコ・ブアルキの作品...」と「アントニオ・カルロス・ジョビンの作品...」を交互に掲載中です。今回は暑いブラジルのクリスマスの、ある現実を歌った名曲。(編集部)

 クリスマス・シーズン。今回は、キリストの名にちなんだ曲を1つ、ご紹介します。
 シコ・ブアルキは、体制を批判する歌への当局の弾圧を逃れるべく、1969年初頭から翌年3月まで、子供時代にも暮らしたことのあるローマで過ごします。そこで知り合ったイタリアの歌手ルチオ・ダッラの作品「少年イエス」(Gesù bambino)に感銘を受け、シコは、ダッラと親交を持つようになりました。
 このダッラの歌は、正式なタイトルを「1943年3月4日(4 marzo 1943)」と言い、更に「戦争の落とし子」という副題が付され、第二次大戦の犠牲となった兵士や、残された子供のことをアピールしているものと受け止められています。

2021年12月

画像3

⇧ダッラの当時のレコード。Il fiume e la cittá(川と街)というA面の曲のB面に収められている。

 歌詞のあらすじは、外国人兵士と結ばれた女性が産み落とした男の子が、その父親が戦闘で命をなくした後も母一人の下で成長し、盗人や娼婦が暮らす社会に身を置いているが、母のつけた名のとおり「少年イエス」と呼ばれている、といったある種の人情物語です。最初静かに歌い始め、少年の成長が1ステージ進むごとに、演奏も賑やかになっていきます。

この続きをみるには

この続き: 2,092文字 / 画像1枚

このマガジンを購読すると、世界の音楽情報誌「ラティーナ」が新たに発信する特集記事や連載記事に全てアクセスできます。「ラティーナ」の過去のアーカイブにもアクセス可能です。現在、2017年から2020年までの3.5年分のアーカイブのアップが完了しています。

「みんな違って、みんないい!」広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に生まれ変わります。 あなたの生活…

「スキ」、ありがとうございます!
e-magazine LATINA
広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に。あなたの生活を世界中の多様な音楽で彩るために情報を発信します。 月額900円のデジタル定期購読で、新規記事もアーカイブも読み放題! (※アーカイブは増減する場合があります)