[2021.10]【太平洋諸島のグルーヴィーなサウンドスケープ⑮】 ローカルとグローバルの結節点―幸せの国・ヴァヌアツのストリング・バンド―
見出し画像

[2021.10]【太平洋諸島のグルーヴィーなサウンドスケープ⑮】 ローカルとグローバルの結節点―幸せの国・ヴァヌアツのストリング・バンド―

文●小西 潤子(沖縄県立芸術大学教授)

 日本語で「バンド」と聞いたら、まずロックバンドをイメージするでしょうか。他にも、ジャズバンド、ハワイアンバンド、ブラスバンドなどがありますよね。ロックバンド、ジャズバンド、ハワイアンバンドは、音楽ジャンル名+バンド。それに対して、ブラスバンドは、編成楽器+バンドからなります。
 「ストリング・バンド string band」も、編成楽器+バンド。ストリングは、弦楽器のことですが、バンドとセットになると西洋クラシックの弦楽四重奏などは指しません。19~20世紀初頭の北アメリカでストリング・バンドといえば、フィドル、バンジョー、ギター、ベースなどの編成で、民俗音楽を演奏する楽団のことでした。大型の楽器が手に入りにくかった時代、ストリング・バンドのベースには、しばしば代用品が使われました。北アメリカでは、「ワッシュタブ・バス washtub bass」の名の通り、金属製のたらいに弦の振動を共鳴させていました。

Washtub Bass

 オーストラリアでは、たらいの代わりに、茶箱などを共鳴部とした「ブッシュ・バス bush bass(未開拓地のベース)」が知られています。今回の舞台となるヴァヌアツのストリング・バンドの基本的編成は、ギター、ウクレレ、ブッシュ・バスで、適宜打楽器などが加わります。ブッシュ・バスは、音高を調整するために棹が可動します。(写真1)

写真1 ジュノ族のブッシュ・バスとストリング・バンド

写真1 ジュノ族のブッシュ・バスとストリング・バンド
 (於:エスピリトゥ・サント Espiritu Santo 島、ヴァヌアツ
  2012年3月1日 撮影:小西潤子)

この続きをみるには

この続き: 3,048文字 / 画像1枚
この記事が含まれているマガジンを購入・購読する

2021年10月に新規にアップした記事のみが収められているマガジンです。こちらでアーカイブ記事は読めませんので、アーカイブ記事も購読するに…

このマガジンを購読すると、世界の音楽情報誌「ラティーナ」が新たに発信する特集記事や連載記事に全てアクセスできます。「ラティーナ」の過去のアーカイブにもアクセス可能です。現在、2017年から2020年までの3.5年分のアーカイブのアップが完了しています。

「みんな違って、みんないい!」広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に生まれ変わります。 あなたの生活…

「スキ」、ありがとうございます! Obrigada!
広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に。あなたの生活を世界中の多様な音楽で彩るために情報を発信します。 月額900円のデジタル定期購読で、新規記事もアーカイブも読み放題! (※アーカイブは増減する場合があります)