[2021.09]【連載 アントニオ・カルロス・ジョビンの作品との出会い ⑦】ボサノヴァ序曲を練習したアパートの回想 - 「ジョビンへの手紙」とその返書 《Carta ao Tom》 &《Carta do Tom》
見出し画像

[2021.09]【連載 アントニオ・カルロス・ジョビンの作品との出会い ⑦】ボサノヴァ序曲を練習したアパートの回想 - 「ジョビンへの手紙」とその返書 《Carta ao Tom》 &《Carta do Tom》

文と訳詞●中村 安志 texto e tradução por Yasushi Nakamura

 中村安志の大好評連載「シコ・ブアルキの作品との出会い」と「アントニオ・カルロス・ジョビンの作品との出会い」は、いずれもまだまだ続きます。基本的に交互に掲載していきますので、お楽しみ下さい。(編集部)
 本エントリーは、9/29(水)からは、有料定期購読会員の方が読める記事になります。定期購読はこちらから。

 ジョビンは、誕生した頃の自宅があったリオ市内中部チジュッカ地区から、幼少のうちに、比較的恵まれた南部の地域に移り、その後も何度か引越しを経験しました。コパカバーナから、更に南側のイパネマ方面の何箇所に住まいを構えましたが、1949年テレーザとの結婚後、1953年から62年まで暮らしたナシメント・シルヴァ通り107番地のアパートは、イパネマ海岸から4本裏に、海岸線と平行に走る物静かな一帯。イパネマ地区の背後に広がるロドリーゴ・フレイタスの池もすぐそこにあり、散歩先でもあったようです。

 74年、ジョビンが作ったメロディーの歌詞を多数書いた詩人ヴィニシウス・ヂ・モライスは、「ナシメント・シルヴァ通り107番地、君(ジョビン)はエリゼッチに、あまりに溢れる愛(Canção do amor demais)という歌を教えていた……」と始まる歌を、トッキーニョ(ギター弾き語り)と一緒に作り、ジョビンに贈りました。

ジョビンへの手紙

 あの名曲「シェーガ・ジ・サウダージ(Chega de saudade)」を最初に世に出した女性歌手エリゼッチ・カルドーゾも、この同じアパートの別室の住人でした。1958年のボサノヴァ皮切りとなったこの曲が入ったアルバムのもう1曲である「Canção do amor demais」を、作者のジョビンがエリゼッチ・カルドーゾに教え込んでいた、その場所が、当時のジョビンの自宅だったのです。

 この歌は、ジョビンの部屋での思い出を語りつつ、「有名な僕たちのあの娘は、知るよしもなかった」と、イパネマの娘に言及したり、冒頭に名曲コルコヴァードのイントロを一部使うなど、ボサノヴァ全盛期を回顧する雰囲気をうまく引き出しています。

 エリゼッチのレコードを世に出そうとしていたあの頃の懐かしさ、その一方で、その後リオの街は曇がかかってしまったと、ちょっぴり寂しさも漏らすこの歌に対し、後年、「ジョビンからの返書」という形で替え歌が作られました。大部分は、作詞の名手シコ・ブアルキが書いたとされますが、「トン(ジョビン)からの手紙」と題されており、ライヴでもジョビン自身の声で披露され、聴衆の笑いと大喝采を得ているので、今回、ジョビンの作品の一部として紹介します。

この続きをみるには

この続き: 1,800文字 / 画像3枚
この記事が含まれているマガジンを購入・購読する

2021年9月に新規にアップした記事のみが収められているマガジンです。こちらでアーカイブ記事は読めませんので、アーカイブ記事も購読するには…

このマガジンを購読すると、世界の音楽情報誌「ラティーナ」が新たに発信する特集記事や連載記事に全てアクセスできます。「ラティーナ」の過去のアーカイブにもアクセス可能です。現在、2017年から2020年までの3.5年分のアーカイブのアップが完了しています。

「みんな違って、みんないい!」広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に生まれ変わります。 あなたの生活…

「スキ」、ありがとうございます! Obrigada!
広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に。あなたの生活を世界中の多様な音楽で彩るために情報を発信します。 月額900円のデジタル定期購読で、新規記事もアーカイブも読み放題! (※アーカイブは増減する場合があります)