見出し画像

[2023.10] 【映画評】秋を彩る個性豊かな邦画2本 ⎯ 『白鍵と黒鍵の間に』 『愛にイナズマ』

秋を彩る個性豊かな邦画2本

『白鍵と黒鍵の間に』『愛にイナズマ』

※こちらの記事は、10月11日(水)からは、有料定期購読会員の方が読める記事になります。定期購読はこちらから。

文●あくつ 滋夫しげお(映画・音楽ライター)

 この秋から冬にかけて、小~中規模ながら個性豊かな邦画が続々と公開される。ここではそんな作品の中から、自由奔放な表現で観る者を困惑させながらも、強い印象を残すであろう、10月に公開される2本の異色作を紹介しよう。

ここから先は

2,958字 / 10画像

このマガジンを購読すると、世界の音楽情報誌「ラティーナ」が新たに発信する特集記事や連載記事に全てアクセスできます。「ラティーナ」の過去のアーカイブにもアクセス可能です。現在、2017年から2020年までの3.5年分のアーカイブのアップが完了しています。

「みんな違って、みんないい!」広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に生まれ変わります。 あなたの生活…

この記事が参加している募集

#映画感想文

68,576件