見出し画像

[2015.11]日伯鬼才対談 菊地成孔 × アントニオ・ロウレイロ


画像2

DCPRGアー写14272_1

 日本とブラジルを代表する鬼才音楽家同士の初対面は、菊地成孔の馴染みのお店で、食事をとりながら、リラックスした中行われた。

アントニオ・ロウレイロ 菊地さんのdCprGのアルバム『フランツ・カフカのサウスアメリカ』、とても気に入りました。

菊地成孔 どこまでも混血である事、をイメージしたアルバムなんです。

アントニオ・ロウレイロ 全く異なる内容が同時に流れているんだけど、それがフィットしていて、時々ほとんどサンプルのように聴こえてくることもあったりして、かっこいい。音質もとてもよかったです。

菊地成孔 「Pelas Águas(ペラス・アーグアス)」は僕のクラシックです。「Pelas Águas」が入っている『Só(ソー)』は、3枚買ったんだけど、みんなにあげてしまって手元に1枚も残っていないんだ。まず最初に買って聴いてあんまりにすごいんで、自分のラジオ番組で何回もプレイしました。

この続きをみるには

この続き: 13,017文字 / 画像3枚
この記事が含まれているマガジンを購読する
このマガジンを購読すると、世界の音楽情報誌「ラティーナ」が新たに発信する特集記事や連載記事に全てアクセスできます。「ラティーナ」の過去のアーカイブにもアクセス可能です。現在、2017年から2020年までの3.5年分のアーカイブのアップが完了しています。

「みんな違って、みんないい!」広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に生まれ変わります。 あなたの生活…

「スキ」、ありがとうございます!
11
広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に。あなたの生活を世界中の多様な音楽で彩るために情報を発信します。 月額900円のデジタル定期購読で、新規記事もアーカイブも読み放題! (※アーカイブは増減する場合があります)