[2021.06]【太平洋諸島のグルーヴィーなサウンドスケープ⑪】前景の音、後景の音 ―パプアニューギニア in 1993 その3―
見出し画像

[2021.06]【太平洋諸島のグルーヴィーなサウンドスケープ⑪】前景の音、後景の音 ―パプアニューギニア in 1993 その3―

文●小西 潤子(沖縄県立芸術大学教授)

 私たちが第1日目に泊まった村は、ウォンブン Wonbunだったと後で村人に聞きました。東セピック州に点在する精霊の家(haus tambaran)は、成人男性の神聖な場所。薄暗い中で、男性たちは指孔のない太い竹笛で、高音と低音を交互に吹いて合奏します。その音で森の精霊が呼び込まれ、竹笛に憑依して男性たちに語りかけるそうです。外国人訪問者の私が精霊の家に入ったせいで、怒った精霊が昨晩暗闇の中で騒ぎたてたのだろうか…。

 そんな私の思いをものともせず、ホウキのような民具で蚊を追い払う西洋人同行者たち(写真1)。彼らと再び船外機付きカヌーに乗り込み、セピック川本流に入ると、「きっとこんなのに乗るよ」と聞いていたクルーズ船が停泊しているではありませんか(写真2)。私たちの船外機付きカヌーは、それを後目にスイスイとセピック川を下っていきました。

画像1

写真1 蚊を追い払いながら船外機付きカヌーに乗り込む
(於:東セピック州、パプアニューギニア1993年4月22日 撮影:小西潤子)

画像2

写真2 クルーズ船が見える
(於:東セピック州、パプアニューギニア1993年4月22日 撮影:小西潤子)

 2泊目のタンバナム Tambanum のゲストハウスには自家発電装置があり、トイレ、シャワー完備。調理人のコロンバは、コンロでご飯を炊いて、チキン、ニンジン、グリーンピースを焼いてくれました。まるで天国のように思われ、みんなもようやくくつろいで自己紹介や名刺交換をしました。ドイツ人の二人連れは人類学者と家庭裁判所裁判官、アメリカ出身のニュージーランド人は人類学者、オーストラリア人は造形作家、そして私。ポートモレスビー出発後4日目にして、お互いの素性を知ったのです。

この続きをみるには

この続き: 2,698文字
この記事が含まれているマガジンを購入・購読する

2021年6月に新規にアップした記事のみが収められているマガジンです。こちらでアーカイブ記事は読めませんので、アーカイブ記事も購読するには…

このマガジンを購読すると、世界の音楽情報誌「ラティーナ」が新たに発信する特集記事や連載記事に全てアクセスできます。「ラティーナ」の過去のアーカイブにもアクセス可能です。現在、2017年から2020年までの3.5年分のアーカイブのアップが完了しています。

「みんな違って、みんないい!」広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に生まれ変わります。 あなたの生活…

「スキ」、ありがとうございます! ¡Gracias!
広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に。あなたの生活を世界中の多様な音楽で彩るために情報を発信します。 月額900円のデジタル定期購読で、新規記事もアーカイブも読み放題! (※アーカイブは増減する場合があります)