見出し画像

[2012.01]カエターノ・ヴェローゾ&マリア・ガドゥ「ブラジルで最も愛されている2つの声」

文●花田勝暁 texto por KATSUAKI HANADA

 コンサートのメイキング映像を見ていたら、こんな言葉があった。グローボ系のTV局ムルチショーの若い綺麗な女性インタビュアーが、カメラチームにインタビューする時の言葉だ。「この国で最も愛されている2つの声とのコンサートをディレクションするのはどうですか?」

 ワイドショーのインタビュアー的に多少無責任なところもある発言だが、カエターノとマリア・ガドゥを「この国で最も愛されている2つの声」を称するのを、今の状況で、誰かはっきりと反論できるだろうか。ブラジルで最も愛されている2つの声──

 カエターノとマリア・ガドゥ。この2人で弾き語りのライヴを行うというニュースが発表された時、ブラジルでも多くの驚きの声が上がった。そして、意外だったのだが多くの批判の声があり、その理由の一部は、〝カエターノ〟が〝マリア・ガドゥ〟の人気に乗っかろうとしているというものだった。〝マリア・ガドゥ〟が〝カエターノ〟の人気に乗っかろうとしている、ではなく……

 マリア・ガドゥの作品が、日本で国内盤として発売されるのは今回が初めてだが、ブラジルでは、これまでにオリジナル・アルバム1枚(09年のデビューアルバム『マリア・ガドゥ』)、ライヴアルバム2枚を発表している。ライヴアルバムのうちの1枚は、本作であり、もう1作はデビューアルバムの曲を中心に、マリア・ガドゥが本来の彼女のバンドと収録したアルバムである(2010年の『ムルチショー・アオ・ヴィーヴォ』)。このライヴが決定した際には、彼女はオリジナル・アルバム1枚しか発表していなかったわけだが、そのデビューアルバムが、破格の称賛を浴び、破格のヒットをしていて、一部の音楽ファンの間で、すでに冒頭のような声が上がるような状況だったのである。デビューから1年で、圧倒的な人気を獲得していたマリア・ガドゥ。録音当時は24歳、この12月で25歳になったばかりの彼女のキャリアを確認してみたい(※デビューの経緯は本誌2009年9月号の肥田哲也さんの「MPBシーンに現れた22歳の新星 マリア・ガドゥへの期待 」も改めて読んでみて下さい)。

この続きをみるには

この続き: 4,106文字 / 画像3枚
この記事が含まれているマガジンを購読する
このマガジンを購読すると、世界の音楽情報誌「ラティーナ」が新たに発信する特集記事や連載記事に全てアクセスできます。「ラティーナ」の過去のアーカイブにもアクセス可能です。現在、2017年から2020年までの3.5年分のアーカイブのアップが完了しています。

「みんな違って、みんないい!」広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に生まれ変わります。 あなたの生活…

「スキ」、ありがとうございます! Obrigada!
1
広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に。 あなたの生活を世界中の多様な音楽で彩るために情報を発信します。 月額900円のデジタル定期購読で、新規記事も、過去のアーカイブも読み放題! (※2017年以降の主要記事がアップ済。順次追加)

こちらでもピックアップされています

世界の音楽情報誌「ラティーナ」
世界の音楽情報誌「ラティーナ」
  • ¥900 / 月

「みんな違って、みんないい!」広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に生まれ変わります。 あなたの生活を世界中の多様な音楽で彩るために、これからはこちらから情報を発信していきます。 毎月の特集や、強力な面々による連載に期待してください。世界のニュースや音楽情報、新譜リリース情報、イベント情報などは、日々更新していきます。購読者に向けて、様々なプレイリストも共有予定です。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。