見出し画像

[2020.09]【「ラ米乱反射」電子版 第2回】太平洋とはどんな海か ─ マゼランの海峡通過から500年 ─

文●伊高浩昭(ジャーナリスト)

 ポルトガル(葡)人航海者フェルディナンド・マガリャンイスがスペイン船団を率いて南米大陸南端の海峡を抜け太平洋に出たのは1520年11月28日。ちょうど500年前のことだ。「マゼラン海峡」と命名された水路は、パナマ運河が1914年に開通するまで400年近く重要な航路だった。

 マゼランの航海によって大西洋と太平洋は結ばれ、大西・インド・太平3洋は葡人航海士ヴァスコ・ダ・ガマのインド洋航路開発によって、1497年以後に繋がった。

 伊人航海士クリストフォロ・コロンボ(西語名クリストーバル・コロン、英語名クリストファー・コロンブス)の率いたスペイン船団による1492年以降の米州世界到達は、西植民地征服者バスコ・ヌニェス=デ・バルボアによる1513年のパナマ地峡からの太平洋岸到達やマゼランの航海を可能にした。

 コロンブス以降の欧州人による南北アメリカ大陸の存在確認は、太平洋が「世界最大の海」であることをも確認したのだった。

 15~20世紀の600年の歴史を辿りつつ、「太平洋とはどんな海か」を考えてみよう。

この続きをみるには

この続き: 4,815文字 / 画像8枚
この記事が含まれているマガジンを購入・購読する

このマガジンにはラティーナ2020年9月に新規にアップした記事が収められていますが、定期購読マガジンの「ラティーナ」を購読していただくと、…

このマガジンを購読すると、世界の音楽情報誌「ラティーナ」が新たに発信する特集記事や連載記事に全てアクセスできます。「ラティーナ」の過去のアーカイブにもアクセス可能です。現在、2017年から2020年までの3.5年分のアーカイブのアップが完了しています。

「みんな違って、みんないい!」広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に生まれ変わります。 あなたの生活…

「スキ」、ありがとうございます! ¡Gracias!
1
広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に。 あなたの生活を世界中の多様な音楽で彩るために情報を発信します。 月額900円のデジタル定期購読で、新規記事も、過去のアーカイブも読み放題! (※2017年以降の主要記事がアップ済。順次追加)

こちらでもピックアップされています

世界の音楽情報誌「ラティーナ」
世界の音楽情報誌「ラティーナ」
  • ¥900 / 月

「みんな違って、みんないい!」広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に生まれ変わります。 あなたの生活を世界中の多様な音楽で彩るために、これからはこちらから情報を発信していきます。 毎月の特集や、強力な面々による連載に期待してください。世界のニュースや音楽情報、新譜リリース情報、イベント情報などは、日々更新していきます。購読者に向けて、様々なプレイリストも共有予定です。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。