e-magazine LATINA
[2022.2] 【連載 アントニオ・カルロス・ジョビンの作品との出会い⑱】おそらく初作と言われる初期の作品 - 《Imagina》
見出し画像

[2022.2] 【連載 アントニオ・カルロス・ジョビンの作品との出会い⑱】おそらく初作と言われる初期の作品 - 《Imagina》

e-magazine LATINA

文と訳詞●中村 安志 texto e tradução por Yasushi Nakamura

 ジョビン・ファンの間でよく知られる後年のアルバムで、彼の還暦を記念し、未発表の録音などを盛り込んだ『Tom inédito(未出のトン)』という2枚組アルバム(1987年)。これに収められている1曲ですが、曲の制作はかなり初期、おそらくこれが最初の作品ではないかとも目されている作品があります。「Imagina(想像してごらん)」という歌です。

 作曲された当初は、「感傷的ワルツ(Valsa sentimental)」という題を付していたそうです。ジョビンは、40年代にピアニストのルシア・ブランコからクラシック音楽を学んでいましたが、そのレッスンの中で与えられた演習のために作曲したものとみられ(1947年)、作風には、フランスのモーリス・ラヴェルの影響があるとも指摘されています。ジョビン自身、「感傷的」という言葉をタイトルにつけ、ラヴェルの作品「Valses Nobles Et Sentimentales(優雅で感傷的なワルツ)」を讃えたのではないかといった分析も存在します。

この続きをみるには

この続き: 2,206文字 / 画像1枚

このマガジンを購読すると、世界の音楽情報誌「ラティーナ」が新たに発信する特集記事や連載記事に全てアクセスできます。「ラティーナ」の過去のアーカイブにもアクセス可能です。現在、2017年から2020年までの3.5年分のアーカイブのアップが完了しています。

「みんな違って、みんないい!」広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に生まれ変わります。 あなたの生活…

e-magazine LATINA
広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に。あなたの生活を世界中の多様な音楽で彩るために情報を発信します。 月額900円のデジタル定期購読で、新規記事もアーカイブも読み放題! (※アーカイブは増減する場合があります)