見出し画像

[2016.12]カエターノ・ヴェローゾが 「声とギター」のステージで魅了 〜モントルー・ジャズ・フェスティヴァル・ジャパン2016〜

文●中原 仁 texto por JIN NAKAHARA
写真● KentaSuzuki / TaikiMurayama

 毎年夏にスイスのレマン湖畔で開催され、今年で50回目を迎えたモントルー・ジャズ・フェスティヴァル。ジャズだけにこだわらない多彩なプログラムが特徴で、70年代後半からはブラジルの音楽家も定期的に出演し、ブラジル・ナイトは人気プログラムに定着している。

 その日本版「モントルー・ジャズ・フェスティヴァル・ジャパン2016」が10月7日から9日までの3日間、恵比寿ザ・ガーデンホールを主会場に開催され、ブラジルの音楽家たちも出演した。

 10月8日は、ジャイルス・ピーターソン presents ソンゼイラ・ライヴ・バンドが出演。ロンドンのDJ/プロデューサー、ジャイルスが手がけたブラジル音楽のプロジェクト・アルバム『ブラジル・バン・バン・バン』を世界で初めてライヴで披露した。

画像3

Gilles Peterson

 アルバムの共同プロデューサーでもあるカシンが音楽監督とベースを担当し、リズム・セクションはダニーロ・アンドラーヂ(キーボード)、ステファン・サン・フアン(ドラムス)、ゼロ(パーカッション)。フロントはマルコス・ヴァーリを筆頭に、ギタリストもつとめたガブリエル・モウラ(ファロファ・カリオカの初代リーダー)、キーボードも弾いたマイラ・フレイタス(マルチーニョ・ダ・ヴィラの娘)など総勢10人。

スクリーンショット 2020-09-03 19.59.59

スクリーンショット 2020-09-03 20.03.13

 メンバーのほとんどがリーダー作を発表しているオールスター・バンドだが、世界初ライヴでもあり顔見世興行になってしまうのでは、という杞憂は演奏が始まった瞬間に吹き飛んだ。リズム・セクションが抜群の安定感で、誰がフロントに来てもソンゼイラ・バンドの音楽として成立する。

この続きをみるには

この続き: 2,981文字 / 画像2枚
この記事が含まれているマガジンを購読する
このマガジンを購読すると、世界の音楽情報誌「ラティーナ」が新たに発信する特集記事や連載記事に全てアクセスできます。「ラティーナ」の過去のアーカイブにもアクセス可能です。現在、2017年から2020年までの3.5年分のアーカイブのアップが完了しています。

「みんな違って、みんないい!」広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に生まれ変わります。 あなたの生活…

「スキ」、ありがとうございます!
1
広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に。 あなたの生活を世界中の多様な音楽で彩るために情報を発信します。 月額900円のデジタル定期購読で、新規記事も、過去のアーカイブも読み放題! (※2017年以降の主要記事がアップ済。順次追加)

こちらでもピックアップされています

世界の音楽情報誌「ラティーナ」
世界の音楽情報誌「ラティーナ」
  • ¥900 / 月

「みんな違って、みんないい!」広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に生まれ変わります。 あなたの生活を世界中の多様な音楽で彩るために、これからはこちらから情報を発信していきます。 毎月の特集や、強力な面々による連載に期待してください。世界のニュースや音楽情報、新譜リリース情報、イベント情報などは、日々更新していきます。購読者に向けて、様々なプレイリストも共有予定です。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。