[2021.09]本日はサンバ界の偉人、エルトン・メデイロスの命日【ブラジル音楽の365曲】[9/3]
見出し画像

[2021.09]本日はサンバ界の偉人、エルトン・メデイロスの命日【ブラジル音楽の365曲】[9/3]

 9月3日は、サンバの作曲家、特に美しいメロディーを生み出すことに定評のあったエルトン・メデイロス(Elton Medeiro|1930年7月22日 - 2019年9月3日)の命日。今日で2周忌です。肺炎の合併症で亡くなりました。89才でした。

 リオ生まれ、リオ育ちのエルトン・メデイロスは、「Pressentimento」、「Peito vazio」、「O sol nascerá」などの名曲を生み出しました。「O sol nascerá」はカルトーラとの共作曲のうちの1つです。
 エルトン・メデイロスは、パウリーニョ・ダ・ヴィオラ(Paulinho da Viola)、ゼー・ケチ(Zé Ketti)、マウロ・ドゥアルチ(Mauro Duarte)、エルミニオ・ベロ・ヂ・カルヴァーリョ(Hermínio Bello de Carvalho)とも多くの楽曲を残しました。様々な世代ともコラボレーションしています。

画像1

サンバの作曲家たち。下段左から、Candeia、Nelson Cavaquinho。上段左から、Elton Medeiros 、Guilherme de Brito(1977年3月)

画像2

左から、歌手の Mariana de Moraes、Elton Medeiros、歌手のZé Renato, (1988年)

画像3

前列左から、Elton Medeiros、Nelson Sargento。後列は、グループ、Galo Cantô。(1999年)

画像4

左から、Monarco、Elton Medeiros、ギタリストのLuís Felipe de Lima(2005年)

 エルトン・エデイロスは、2014年に視力障害で失明して以来、ステージから離れていました。しかし、作曲はやめませんでした(「作曲をやめたことはありません。サッカー選手は40歳でもう年寄りだけれど......」と、2016年のインタビューで語ってます)。

 8才の頃から作曲を始め、10代の頃にはヴィラ=ロボスが創設した児童合唱団に参加。学校では吹奏楽部に所属し、最初はサックス、次にトロンボーンを演奏しました。作曲したサンバが、1954年(24才頃)のサンバ・エンヘードのコンテストでは優勝しました。

 1960年代には、Os Cinco Crioulos と A Voz do Morro という伝説的グループを、サンバの名手たちと結成しました。

Os Cinco Crioulos:Nelson Sargento / Anescarzinho do Salgueiro /Jair do Cavaquinho / Mauro Duarte / Elton Medeiros

A Voz do Morro:Paulinho da Viola / Zé Keti / José Cruz / Jair do Cavaquinho / Nelson Sargento / Anescarzinho / Oscar Bigode / Elton Medeiros

 2001年のインタビューで、パウリーニョ・ダ・ヴィオラが、エルトン・メデイロスの作曲について話しています。
「エルトンのメロディーの調性を予測するのは... あまりにも洗練されているので、時には、コードを見つけるのが難しいこともあります。」
彼のハーモニーの道筋を発見するために、私たちも、一体となって調和していなければいけませんでした。でも一番大事なのは結果、つまり楽曲の美しさです。彼の音楽には、はっきりとした彼の痕跡があります」

 エルトン・メデイロスが亡くなった際に、多くの音楽家が追悼のコメントが出ました。

絶対に、彼は大きなホーダ・ヂ・サンバで迎えられている! ── ネルソン・サルジェント(Nelson Sargent)
彼の代わりはいません。カーブの多い川のようなあのメロディーの作り方は、彼しか知らない。彼の音楽はずっと旬なままです。── モアシール・ルス(Moacyr Luz)

 今日紹介するのは、彼の代表曲の筆頭に挙げられることの多いサンバの名曲「Pressentimento(予感)」です。1973年のアルバム『Elton Medeiros』に収録されています。エルミニオ・ベロ・ヂ・カルヴァーリョ(Hermínio Bello de Carvalho)との共作です。失恋から立ち直れそうな歌といった内容でしょうか。

ai! ardido peito
quem irá entender o teu segredo?
quem ira pousar em teu destino?
e depois morrer do teu amor?
 ああ、焼けるような胸の痛み
 誰があなたの秘密を理解してくれるでしょうか?
 誰があなたの運命の地に降り立つのでしょうか?
 そして、その後、あなたの愛のために死ねるのでしょうか?

ai! mas quem virá?
me pergunto a toda hora
e a resposta é o silêncio
que atravessa a madrugada
 ああ、誰が来てくるの?
 いつも自分に問いかけても、
 その答えは沈黙
 沈黙は夜明けを越える

vem meu novo amor
vou deixar a casa aberta
já escuto os teus passos
procurando meu abrigo
 私の新しい愛よ、きて
 家のドアは開けておきます
 あなたの足音が聞こえてくる
 私の居場所を目指して

vem, que o sol raiou
os jardins estão florindo
tudo faz pressentimento
que este é o tempo ansiado
de se ter felicidade.
 ねえ、太陽が昇り
 庭に花が咲く
 全てには予感がある
 今がその時だと
 幸せになるための

...

「Pressentimento(予感)」作詞作曲:Hermínio Bello de Carvalho、Elton Medeiros

(ラティーナ2021年9月)

この続きをみるには

この続き: 0文字
この記事が含まれているマガジンを購入・購読する

2021年9月に新規にアップした記事のみが収められているマガジンです。こちらでアーカイブ記事は読めませんので、アーカイブ記事も購読するには…

このマガジンを購読すると、世界の音楽情報誌「ラティーナ」が新たに発信する特集記事や連載記事に全てアクセスできます。「ラティーナ」の過去のアーカイブにもアクセス可能です。現在、2017年から2020年までの3.5年分のアーカイブのアップが完了しています。

「みんな違って、みんないい!」広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に生まれ変わります。 あなたの生活…

「スキ」、ありがとうございます! Obrigada!
広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に。あなたの生活を世界中の多様な音楽で彩るために情報を発信します。 月額900円のデジタル定期購読で、新規記事もアーカイブも読み放題! (※アーカイブは増減する場合があります)