見出し画像

[1983.04]1983年“リスボンの春”

文●井上 憲一

  《カーネーション革命》から9年、「犬もほえない」と陰口をたたかれていた ポルトガルも、政策の成功 失敗 で右へ左へ揺れ動くバイタルな国へと変化してきた。「西欧の片田舎」が長い眠りから覚め、動き出したのである。ところで、音楽はいつもそんな動きを反映するもの。ファドの国ポルトガルで はどうだろう。
革命からちょうど9年後の4月9日、総選挙の真只中 のリスボンに足を向けた。 やはり聴こえてきた、新しい歌が…

「ファドの国」へ

画像1

 空港出発ロビーのテレビが、フリオ・イグレシアス来日記者会見の模様を映しだしている。「フリオ狂騒曲」とは無縁のまま、約4週間の取材旅行に出発したのは、4月もなかば過ぎのことだった。

 今回の旅行では、パリを基点にリスボン、バルセロナを回ることになっている。取材のメインは、ポルトガルのリスボンである。そうすると、テーマは《ファド》ということになる。

 去年10月のスペイン・カタルーニャ取材以来、次の取材先はポルトガルと決まったも同然だった。友人たちから「次はドコへ行くの?」とたずねられるたびに、「ファドを聴きにポルトガルへ」と、ちょっと気取った返事をしていた。

画像6

 友人の何人かは、「さてはポルトガルで何かあるな?」と察してくれたが、大抵は「優雅でイイネー!」と皮肉の一つも返してよこすのだった。ギリシャやスペインの場合もそうだったが、「ヨーロッパの片田舎」ポルトガルの現在に関心を持っている者など、そうはいないのだ。それどころか、ボルトガル→ファド→アマリア・ロドリゲス〉という、音楽好きには常識を通りこしてステレオタイプにまでなったイメージでさえ、通じないことが多いのだった。各種観光ガイドブックを眺めてみても、ポルトガルという国は、同じイベリア半島の国家でありながらスペインのオマケでしかない。

 4月中旬、東京にやりかけの仕事を残しながらも急ぎ出かけたのは、《4月25日》に間にあわせるためである。ポルトガルの現在について、次のような状況認識をおこなっていた。《カーネーション革命》と呼ばれた、1974年4月25日の、サラザール独裁体制打倒から9年。革命後、右への振り戻りが絶え間なく続き、79年には、新体制後初めて保守政権が誕生するまでになっている。しかし右への揺り戻しも行くところまで行きつき、ポルトガル社会は再び新しい道を模索し始めている。

 では、そうした中で、ファドは今いったいどんな有り方をしているのだろう。私たちの知らない新しい音楽状況というものが生まれているのではないか、こう考えていた。そして、革命記念日 《4月25日》には総選挙がひかえていた。

この続きをみるには

この続き: 7,325文字 / 画像9枚
この記事が含まれているマガジンを購読する
このマガジンを購読すると、世界の音楽情報誌「ラティーナ」が新たに発信する特集記事や連載記事に全てアクセスできます。「ラティーナ」の過去のアーカイブにもアクセス可能です。現在、2017年から2020年までの3.5年分のアーカイブのアップが完了しています。

「みんな違って、みんないい!」広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に生まれ変わります。 あなたの生活…

「スキ」、ありがとうございます! ¡Gracias!
2
広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に。 あなたの生活を世界中の多様な音楽で彩るために情報を発信します。 月額900円のデジタル定期購読で、新規記事も、過去のアーカイブも読み放題! (※2017年以降の主要記事がアップ済。順次追加)

こちらでもピックアップされています

世界の音楽情報誌「ラティーナ」
世界の音楽情報誌「ラティーナ」
  • ¥900 / 月

「みんな違って、みんないい!」広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に生まれ変わります。 あなたの生活を世界中の多様な音楽で彩るために、これからはこちらから情報を発信していきます。 毎月の特集や、強力な面々による連載に期待してください。世界のニュースや音楽情報、新譜リリース情報、イベント情報などは、日々更新していきます。購読者に向けて、様々なプレイリストも共有予定です。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。