見出し画像

[2020.08]若手オルケスタの台頭にみるタンゴの復興

文:西村秀人(PaPiTa MuSiCa)&清川宏樹&宇戸裕紀

 ここ15年ほどタンゴの若手ミュージシャンを中心としたオルケスタ編成の楽団(ここでは6人編成以上とする)の活動が目立っている。(以下本稿でオルケスタ・ティピカをO.T.と省略する)

 それ以前、仕事場の制約などによる経済的な理由から大編成の維持は公共機関のバックアップによるものや、タンゲリーア出演のために限られていた。しかしここ15年ほどでオルケスタの数は増加、その中心は20~40代の若手演奏家である。全体を見渡すと、主に4つのタイプがあると思われる。

 まず第一は1990年代後半から起こって来た若手による伝統的な演奏を見直す傾向を反映したグループで、イグナシオ・バルチャウスキー(コントラバス)やラミロ・ガージョ(バイオリン)らにより1996年に結成されたオルケスタ・エル・アランケ、オスバルド・プグリエーセのサウンドを現代によみがえらせることを目指し2001年から活動を開始したO.T.フェルナンデス=フィエロ(それ以前の数年間はフェルナンデス=ブランカ)が先駆である。イグナシオ・バルチャウスキーの提唱でタンゴ学校オーケストラ(オルケスタ・エスクエラ・デ・タンゴ)が設立され、第1期生をエル・アランケのメンバー中心でスタートし、現在まで継続、内外のタンゴ界で活躍する数多くの若手ミュージシャンを創出し続けている。一方フェルナンデス=フィエロ楽団も一種のミュージシャン共同体として機能し、O.T.インペリアル、O.T.ラ・フルカ、O.T.セルダ・ネグラ(その後のO.T.アグスティン・ゲレーロ)、O.T.ラ・ビドゥ、O.T.ウィンコ、O.T.ラ・マルティーノなど細胞分裂のように新しいグループを次々と生み出していった。バスクラリネットの参加などで異色のサウンドを持つオルケスタ・ビクトリアもこの系列に入れていいのかもしれない。

この続きをみるには

この続き: 7,378文字 / 画像10枚
この記事が含まれているマガジンを購入・購読する
このマガジンにはラティーナ2020年8月にアップした記事が収められていますが、定期購読マガジンの「ラティーナ」を購読していただくと、最新号とアーカイブの全てが月額900円で読めるのでお得です。(※デジタル定期購読している方は、e-magazine LATINA内の全ての記事が読めます。このマガジンを「目次」と考えてください)

2020年8月にアップした記事のマガジンです。

このマガジンを購読すると、世界の音楽情報誌「ラティーナ」が新たに発信する特集記事や連載記事に全てアクセスできます。「ラティーナ」の過去のアーカイブにもアクセス可能です。現在、2017年から2020年までの3.5年分のアーカイブのアップが完了しています。

「みんな違って、みんないい!」広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に生まれ変わります。 あなたの生活…

「スキ」、ありがとうございます!
7
広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に。 あなたの生活を世界中の多様な音楽で彩るために情報を発信します。 月額900円のデジタル定期購読で、新規記事も、過去のアーカイブも読み放題! (※2017年以降の主要記事がアップ済。順次追加)

こちらでもピックアップされています

世界の音楽情報誌「ラティーナ」
世界の音楽情報誌「ラティーナ」
  • ¥900 / 月

「みんな違って、みんないい!」広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に生まれ変わります。 あなたの生活を世界中の多様な音楽で彩るために、これからはこちらから情報を発信していきます。 毎月の特集や、強力な面々による連載に期待してください。世界のニュースや音楽情報、新譜リリース情報、イベント情報などは、日々更新していきます。購読者に向けて、様々なプレイリストも共有予定です。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。