見出し画像

[2021.04]【太平洋諸島のグルーヴィーなサウンドスケープ⑨】こうして、ミステリーツアーが始まりました ―パプアニューギニア in 1993―

文●小西 潤子(沖縄県立芸術大学教授)

 本エントリーは、5/5(水)からは、有料定期購読会員の方が読める記事になります。定期購読はこちらから。 

 パプアニューギニアと聞いて、どんなイメージが浮かびますか?テレビ番組で紹介される「不思議の国」?それとも、ギニア共和国と名前が似ているのでアフリカ??―パプアニューギニアは、地理的にはインドネシアの東、オーストラリアの北、ニューギニア島の東半分と周辺の島々からなる島嶼国で、文化的にはメラネシアです。

 1980年代半ば前後、そのパプアニューギニアが大阪大学文学部音楽学研究室でちょっとしたブームでした。民族音楽学の山口修先生と藤田隆則さんが、東セピック州チャンブリ湖周辺の共同調査に参加したり、山田陽一さんがセピック丘陵のワヘイの人々の音文化を調査したり…。私も、カセットから笛の二重奏を聴き取って五線譜にし、マウントハーゲンから来日した女性のお買い物にも連れ添いました。ソーラーパネルなどまだ夢だった頃、太陽電池で充電したとか、胸まで浸かって川を歩いて渡ったなどの冒険談を聞きました。そして、山口先生、山田さん、藤田さん、卜田隆嗣さんが、S. フェルドの名著『鳥になった少年』を翻訳出版しました。

 S. フェルドは、サザンハイランズ州ボサヴィのカルリの人々を調査し、その音表現と鳥の分類との結びつきに注目しました。そこには、未知の音の世界が広がっていました。

S. フェルド「熱帯雨林の声―ある日のボサヴィの生活」
デモ映像、2017年10月15日
Voices of the Rainforest, A Day in the Life of Bosavi Demo. Steven Feld, October 15, 2017

 パプアニューギニアへの思いは、募るばかり。1993年4月、ついにチャンスが訪れました。南オーストラリアのアデレードで開催される太平洋芸術協会第5回国際シンポジウムのオプショナルツアーとして、トロブリアンド諸島、トロブリアンド諸島とハイランド、セピック川、セピック川とニューアイルランドの4つが用意されていたのです。トロブリアンド諸島は、人類学者にとっての聖地(山本 2020)。でも、私は迷わずセピック川のツアーを選びました。

 その時の旅行案内を引っ張り出すと、確かにツアーはパプアニューギニアの首都「ポートモレスビー発着」、「シドニーとポートモレスビー間の格安航空券もご用意」と書いてありました。アデレードからポートモレスビーまで、直行便でも7時間以上。オプショナルツアーなのにアデレードの会場にはツアーデスクはなく、公衆電話で在シドニーのニューギニア専門旅行会社にコインがなくなるのを気にしながら電話。インターネットがなかった時代です。しかも、私はこの時が国際学会デビューで、日本からは単独参加。英語もままならないけれどセピック川を夢見て一生懸命交渉し、出発前日に航空券を手にしました。

 そうそう、抗マラリア薬を手に入れなければ!どうやって探したのか医者を訪ねたところ、「抗マラリア薬は、2週間前に飲まないといけない」とのこと。しかし、Dr. Levyはマラリアに詳しい医者に電話をして、「間に合う」薬を処方してくれました。ところが、日本から持って行ったガイドブックに「黄熱病の予防接種をしないと、日本に再入国できない」と書いてあったのです。黄熱病って、野口英世の伝記にあった?シドニーの公立図書館で医学事典を手にしたものの、英語で何と言うのか?日本語が通じそうな人もおらず、 直訳して “Yellow fever” と引いたら当たり!
”…transmitted by mosquitoes [蚊が媒介]…”とありました。

 オーストラリア軍御用達のショップで、蚊帳、モスキート・キャンドル、モスキート・キャップ、軍手、ブーツ、分厚い靴下を買いそろえ、重装備で飛行機に乗ると、「あなたも、オプショナルツアーに行くの?美術家のヴィヴィアンです。」と、オーストラリアンハットをかぶった隣の席の女性が、声をかけてくれました。ようやく1人同行者が見つかったのです。挨拶もろくろくに黄熱病対策を聞きましたが、ヴィヴィアンは「知らない」と。どうも、日本のガイドブックの情報が古かったようです。

 ポートモレスビーの空港に降り立つと、私にはお馴染みのオセアニアの空気が漂っていて、それまでの緊張感が緩みました。両替に並んでいる間にヴィヴィアンとはぐれたところ、男の人が声をかけてきました。レイプ、強盗と都市化が進んでいたポートモレスビーの怖い話ばかり聞いていたので、「私は泊まるところが決まっていて、誰かが迎えに来るのです」と断ったら、「私があなたを迎えに来た男です」とのこと。そもそも、どこに泊まるのかも知らされていなかったので、彼についていくしかありませんでした。

 ところが、たった一人送迎バスに乗って着いたのは、ハワイにあるようなリゾートホテル。想像と全く違っていたので、かえって衝撃!先着のヴィヴィアン、ブリギッテ、ディーターのドイツ人二人と共に、バスで市内観光へ。やはり危険なのか、バスからは全く降ろしてもらえませんでした。私の目には、水上集落や丘に広がる近代的な集合住宅が珍しく映りました。こうして、ミステリーツアーが始まったのです。

写真1 ポートモレスビーハーバーの水上集落

写真1 ポートモレスビー・ハーバーの水上集落
1993年4月19日 撮影:小西潤子

写真2 ポートモレスビーハーバーの集合住宅

写真2 ポートモレスビーの近代的集合住宅
1993年4月19日 撮影:小西潤子


 では、ここで最近のパプアニューギニアの音楽をご紹介しましょう。

 まずは、パプアニューギニアの人気歌手 Kali Dee と Kronos boy が初めてコラボレートし、 パプアニューギニアの向上、壁の打破、世界への伸展をイメージした WAN Squad [Squaad] というプロジェクトの映像です。

Kali-D x Kronos - PNG ft WanSquad (Official Music Video)

 また、男性中心のパプアニューギニアの音楽業界に対して、Mereani Masaniが女性アーティストと共に挑戦状を突きつけています。女性が台頭する時代が来るなど、かつては考えられませんでした。

'No More' Mereani Masani in Collaboration with PNG Female Artists


【参考資料】
熊谷圭知
2000 「ポートモレスビーにおける都市空間の形成と都市移住者の生存戦略―『セトゥルメント』、インフォーマル・セクターと都市権力―」『都市の誕生 : 太平洋島嶼諸国の都市化と社会変容』日本貿易振興会アジア経済研究所, pp. 27-84.

フェルド, スティーブン
1988 山口修・山田陽一・卜田隆嗣・藤田隆則訳 『鳥になった少年』平凡社.

山本真鳥
2020 「トロブリアンド諸島の謎」『オセアニアの今―伝統文化とグローバル化』
https://oceania.hatenablog.jp/entry/2020/04/24
小西 潤子(沖縄県立芸術大学教授)
3才から通った音楽教室で、ラテン音楽と出会う。大阪音楽大学入学後、フルート専攻から楽理科に転学科し、ヤップ島でフィールドワークを始める。京都市立芸術大学大学院でサウンドスケープ論、大阪大学大学院博士後期課程で、旧南洋群島の日本語混じりの歌謡や踊りに対象を広げ、パラオ、サイパン、小笠原、沖縄など島嶼地域で、民族音楽学研究を行ってきた。編著に『音楽文化学のすすめ』(ナカニシヤ出版)など。2000年静岡大学准教授、2011年同教授を経て、2013年より現職。博士(文学)。

(ラティーナ2021年4月)



この続きをみるには

この続き: 136文字
この記事が含まれているマガジンを購入・購読する

2021年4月に新規にアップした記事のみが収められているマガジンです。こちらでアーカイブ記事は読めませんので、アーカイブ記事も購読するには…

このマガジンを購読すると、世界の音楽情報誌「ラティーナ」が新たに発信する特集記事や連載記事に全てアクセスできます。「ラティーナ」の過去のアーカイブにもアクセス可能です。現在、2017年から2020年までの3.5年分のアーカイブのアップが完了しています。

「みんな違って、みんないい!」広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に生まれ変わります。 あなたの生活…

「スキ」、ありがとうございます! ¡Gracias!
7
広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に。あなたの生活を世界中の多様な音楽で彩るために情報を発信します。 月額900円のデジタル定期購読で、新規記事もアーカイブも読み放題! (※アーカイブは増減する場合があります)