[2021.10] 【シリーズ:ブラジル音楽の新しい才能⑥】 イラン(Hiran)
見出し画像

[2021.10] 【シリーズ:ブラジル音楽の新しい才能⑥】 イラン(Hiran)

 e-magazine LATINA によるブラジルのポピュラー音楽の中で頭角を現し始めた新しい才能を紹介するシリーズです。レポートは、ブラジル人音楽ジャーナリストのヂエゴ・ムニス。今回は、ブラジルの音楽的表象性を歌う2人の歌手を紹介します。

文●ヂエゴ・ムニス(Diego Muniz)

※こちらの記事は、11/3からは、有料定期購読会員の方が読める記事になります。定期購読はこちらから。

画像2

マジュール(Majur|左)とイラン(Hiran|右)と満面の笑みのカエターノ・ヴェローゾ(中央)

 2015年以降、リニケル(Liniker)やパブロ・ヴィタール(Pabllo Vittar)などが登場したことで、LGBTI+(Lesbian, Gay, Bisexual, Transvestite, Transgender, Intersexなどの呼称)のアーティストたちが、ブラジル音楽シーンの中で認知度を高め始めています。

 その中でも特に活躍の場を広げているマジュール(Majur)イラン(Hiran)は、作曲や映像作品の面で多様性をもたらし、カエターノ・ヴェローゾ(Caetano Veloso)やマリア・ベターニア(Maria Bethânia)、イヴェッチ・サンガロ(Ivete Sangalo)といった有名な音楽家のファンも獲得しています。

 ブラジルのポピュラー音楽史の壁を壊しながら、すでにその歴史に名を刻み始めている2人のアーティストを紹介します。

マジュール編はこちら↓

画像7

Hiran


 ブラジル中のステージで成功し、ブラジル音楽シーンの才能ある新人として認められ、新世代のアーティストにインスピレーションを与えるようになる以前に、このバイーア出身のラッパーは、いくつかの壁を乗り越えなければなりませんでした。バイーア州の内陸部に位置するアラゴイーニャス(Alagoinhas)で生まれたイラン・フェルナンデス・サントス(Hiran Fernandes Santos)は、幼い頃から、ラップ・ミュージックのビートやライムに親しんできました。

「私が最初にテレビでラッパーを見たのは、ジェイ・ズィー(Jay-Z) でした。9才の時でした。私は面白いと思って、すぐに同じようなことをしてみたいと思いました。それから、ブラジルの素晴らしいラッパーのエミヴィー・ビル(Mv Bill)を見ました。それらのピースを組み合わせて、ブラジルでもこんなことができるんだと思いました」と、ラップ・ミュージックとの出会いをイランは振り返ります。

 歌手であり作曲家であるイランは、2018年にアルバム『Tem Mana no Rap』でマーケットにデビューしました。同性愛者であることを公表しているイランは、収録された8曲の作家性のあるトラックで、政治的な問題に対するビジョンを提示し、「男性」が支配的なラップのシーンの中での自分の居場所を主張しました。

 このアルバムについて聞くと、「このアルバムは、大きな挑戦でした。どうしても吐き出したかった言葉を詰め、私がこのアルバムで言った言葉は全て心の底から出てきたものでした。ラップのシーンで、私はうまく受け入れられていると感じられておらず、複雑な気持ちになっていました。今でもそう感じることもあります。でも、多くの人が私の言葉に感動してくれたこともわかっていて、私にとって、それが最も重要なことです」と答えてくれました。

 最初、受け入れられない可能性があったが、すぐにアートによるマニフェストだと受け入れられた。

「この件は、私のマーケットでの登場の仕方に直結しています。私は《“壁を破る”ゲイのラッパー》として紹介されました。そこからすべてが始まりました。私は闘いの中で生き残り、それらのすべてを燃料として利用し、アートに変えていきます。私たちが早く、“異性愛者”のアーティストと同じくらいの収入を得て、同じくらいの影響力をシーンに響かせられるようになりたい。なぜなら、同じように存在しても、今は平等から程遠いから」(イラン)

 ファーストアルバムの発売以降、イランはルヂミーラ(Ludmilla)、ドゥダ・ビーチ(Duda Beat)、ラリッサ・ルス(Larissa Luz)、バイアーナシステム(BaianaSystem)、ダニエラ・メルクリ(Daniela Mercury)、ピシリコ(Psirico)らとステージで共演してきました。また、後見人となったカエターノ・ヴェローゾからも称賛された。

「カエターノは素晴らしい人であり、今日、世界で最も偉大なアーティストの一人であると同時に、素晴らしい友人でもあります。彼のキャリアは素晴らしく、自分が何をしているのか、何を語っているのかに意識的だと思います。だからこそ、彼から称賛されたことは、とても光栄なことだと感じました」(イラン)

 イランは、昨年、9曲を収録したアルバム『Galinheiro』をリリースしました。ラップに、ヒップホップのビート、ポップスからの影響をミックスし、イリイ(Illy)、マジュール(Majur)、トム・ヴェローゾ(Tom Veloso)といった特別ゲストが参加しています。カエターノの息子であるトム・ヴェローゾと共作した「Gosto de Quero」には、アルバムの中心的な要素が盛り込まれています ── ラップの枠組みとファンキやトム・ヴェローゾのガットギターなどの新しい路線との融合、愛を主題するマイノリティの政治的課題。

  この曲のビデオクリップは、すでにYouTubeでの再生回数が100万回を越え、Spotifyでは200万回近く再生されています。

 ジャンルは関係ないかもしれませんがジャンルについて言えば、ヒランはラップですが、ファンキでもあり、ポップでもあり、サンバでもあります── これらの新しいアーティストの動きはますます活発になっていますが ── イランは自分を制限する必要はないし、制限すべきでもありません。なぜなら、イランが何をしようと、それは本物であり、独自のものだからです。

「私は自分を音楽的に定義することができません。私はそれらの音楽スタイルの全てが好きで、他にも沢山好きな音楽があります。私は音楽が大好きで、音楽を作るのも大好きです」(イラン)

画像3

画像4

画像5

イラン(Hiran)へのインタビュー

── あなたは9才の頃からラップのトラックやライムに夢中になっていたそうですね。最初に影響を受けたのは何でしたか? それはあなたが進む道にとってどんな存在となりましたか?

Hiran 私が最初にテレビでラッパーを見たのは、ジェイ・ズィー(Jay-Z) でした。9才の時でした。私は面白いと思って、すぐに同じようなことをしてみたいと思いました。それから、ブラジルの素晴らしいラッパーのエミヴィー・ビル(Mv Bill)を見ました。それらのピースを組み合わせて、ブラジルでもこんなことができるんだと思いました。彼らや、私が前に進む中で出会い影響を受けたもの全てが、作曲とパフォーマンスの両方で、私が音楽的な思考をする際の選択に関係しています。

──  バーで歌うようになったそうですね。その当時は、どんな曲を歌っていたんですか?

Hiran 聞きたいと言われた曲は何でも歌っていました。皆んなが好きで歌える定番曲や、当時ラジオでかかっているような曲をレパートリーにしていました。私が思うに、ブラジルではバーで歌い始める人がたくさんいると思います。バーで歌い始めることは多くの人にとって決心の要る選択で、人前で歌う習慣を身につけることができ、コツを掴むこともできます。聞き手を怖がらない、恥ずかしいと思わないということを学んで、ステージでも安心してパフォーマンスすることができるようになったことは、とても有益なことでした。

── 音楽はどのように学んだんでしょうか?

Hiran 私は完全に直感でやってきました。私は、学校で音楽を学んだことはありません。人生という学校と、物心ついたときからの音楽との神聖な繋がりだけです。

── 1stアルバム『Tem Mana No Rap』では、政治的な問題や、「男性」が支配的なラップのシーンの中での自分の居場所を主張するために、作家性のある8曲を発表しました。このアルバムは、どのようにして作り上げたのですか?

Hiran このアルバムは、大きな挑戦でした。どうしても吐き出したかった言葉を詰め、私がこのアルバムで言った言葉は全て心の底から出てきたものでした。ラップのシーンで、私はうまく受け入れられていると感じられておらず、複雑な気持ちになっていました。今でもそう感じることもあります。でも、多くの人が私の言葉に感動してくれたこともわかっていて、私にとって、それが最も重要なことです。

── また、このアルバムは音楽スタイルのミックスも提示しています。このアルバムのサウンド作りはどうでしたか?

Hiran 私たちは、どのようなプロセスになるのか、事前に縛りを設けることや定義することはありませんでした。私とプロデューサーのチアゴは、実験的に何か新しいことをしようという意志を持って、自分たちが吸収してきた影響が自由に音になるのに任せました。スタジオでの1日1日が全く違うもので、その結果としてのアルバムを聴いて、今、とても満足しています。

── 1stアルバムの発表以降、あなたはブラジル中のステージで活躍するようになりました。生まれ育ったアラゴイーニャスを離れて、ブラジルというステージでのキャリアをスタートさせるのは、どのような気持ちでしたか?

Hiran 私にとって非常に非現実的なことでした、寧ろ今でもそうです。私は、大きなステージで歌うことを夢見ていましたが、1stアルバムをリリースしてから、その夢が実現するのにそれほど時間はかかりませんでした。何かが起こったと気づくと、私はいつもとても興奮してします。この感覚を言葉で説明することはできませんが、刺激的で、時には現実だと信じられないときもあります。

── あなたは、これまでに、バイアーナシステム(BaianaSystem)、ベネガォン(BNegão)、レトルックス(Letrux)、ドゥダ・ビーチ(Duda Beat)、ルヂミーラ(Ludmilla)らとステージで共演してきました。あなたの音楽には、多様なアーティストに訴えかけるものがあるんだと思いますが、それはどんな点だと思っていますか?

Hiran 私は、特定のスタイルにとらわれないようにしているつもりです。私は実験や新しいことに挑戦するのが好きで、ブラジルにはこのような欲求を持つ人もたくさんいます。このような人たちと出会うと、自然に何か一緒にやろうという気持ちになります。私にとっては、このプロセスが一番の醍醐味です。

── カエターノ・ヴェローゾに自分の作品が称賛された時、どう思いましたか?

Hiran とても信じられませんでした。カエターノは素晴らしい人であり、今日、世界で最も偉大なアーティストの一人であると同時に、素晴らしい友人でもあります。彼のキャリアは素晴らしく、自分が何をしているのか、何を語っているのかに意識的だと思います。だからこそ、彼に称賛されたのは、とても光栄なことだと感じました。

── 2020年には、あなたは『Galinheiro』という、よりポップで、MPBやファンキに寄ったアルバムを発表しました。この方向性を示したのはどうしてですか?

Hiran それは1枚目のアルバムを作った時のように、自然な流れでした。すべては、実験精神や、新しいことや違うことをしたいという欲求からのことでした。作曲に関しては、その当時の自分の気持ちが反映されていると思います。その時の私の頭の中は、そのような歌詞やメロディーを作るのにまさにぴったりの状態にありました。『Galinheiro』を作るのは楽しかった。

── あなたは、自分自身が、ポップやサンバのラッパーであるというよりファンキのラッパーであるという考えに同意しますか?

Hiran 私は自分を音楽的に定義することができません。私はそれらの音楽スタイルの全てが好きで、他にも沢山好きな音楽があります。私は音楽が大好きで、音楽を作るのも大好きです。

── このアルバム『Galinheiro』はダンサブルでもあり、1stアルバムとは少し違った印象も受けます。音楽の作り方が変わりましたか?

Hiran スタジオに入るたびに、今までやってきたこととは違うことに挑戦しなければならないと思っています。それで、『Galinheiro』を作っている中で、そのような要素が私の興味となって、実験してみたくなったのです。すべてはとても自然なことで自由でした。

── あなたの作品はラップのファンではない聴き手を惹きつけることがあると思いますか?

Hiran 私がそうであるように、広く音楽が好きな人は、私のこのようなクレイジーな実験に共感してくれると思います。ラップは私の基盤であり、私にとってすべてが始まった場所であり、最終的には常にそこに戻ることになると思いますが、その途中で私が興味を持ったあらゆる音楽を彷徨い、それらに近づくことでそれぞれの音世界に少しずつアクセスすることになると思います。

── 先日、『História』と名付けられたヴィジュアルEPがリリースされました。このプロジェクトはどのようにして生まれたのですか?

Hiran EP『História』は、ブラジル中を旅したショーなど、たくさんの仕事をして、感情の渦に巻き込まれた後、しばらく過ごすためにアラゴイーニャスに戻ったときに生まれました。それは、自分自身、自分の過去、家族や故郷とつながりたいという欲求から生まれたものでした。

── EPで、あなたは、歌詞や映像制作の他にも、キャストの選定もしています。プロジェクトに100%参加するというアイデアはどのようにして生まれたのでしょうか、また、その結果、何が違ったと感じていますか?

Hiran 今回は、私がプロジェクトの全責任を負うことなりました。プロジェクトは、とても個人的で、とても具体的なものでした。もしも、私が脚本を書き、映像を監督し、制作に気を配り、すべてを選択しないのであれば、私にとって物事はそれほどリアルではないような気がするのです。プロジェクト全体に関わることで、私はその映像の中にあるものすべてをよく知ることができます。作品は私の一部です。

── あなたの音楽が聴かれるために、あなたは同性愛嫌悪の多くの障壁を乗り越えなければなりませんでした。それらの困難は、今もあなたの芸術の一部となっていますか?

Hiran はい。私は私ですが、世界は今、偏見に満ちた人々が残虐なことを言ったりやったりする時代になっています。私は闘いの中で生き残り、それらのすべてを燃料として利用し、アートに変えていきます。

── 自分の意見が、周りから真剣に耳を傾けられるようになったのは、いつ頃でしたか?

Hiran 音楽で身を立てるようになってから、真剣に耳を傾けられるようになったと感じました。音楽がもたらしてくれたお金で、今までできなかったやりたかったことができるようになりました。また、ファンとの対話では、美しい言葉をたくさん耳にすることができ、私のことを見てくれていると感じます。

── あなたの闘いがあったからこそ、皆があなたを知ってくれるようになったと思いますか?

Hiran はい、それはマーケットでの私の登場の仕方に直結しています。私は「“壁を破る”ゲイのラッパー」として紹介されました。そこからすべてが始まりました。

── ルカス・ブンビーチ(Lucas Boombeat)、ヒコ・ダラザン(Rico Dalasam)、ギゴ(Guigo)、ムリロ(Gloria)、グローリア・グルーヴィ(Gloria Groove)ら、今日のブラジルのヒップホップを象徴する存在をどう見ていますか? (※彼らはLGBTI+を公表しているアーティストである)

Hiran 私はこれらのアーティストが大好きですし、多くの才能ある人々により、とてもよく紹介されていると思います。早く「異性愛者」のアーティストと同じくらいの収入を得て、同じくらいの「影響力」をシーンに響かせられるようになってほしいと期待しています。なぜならば、私たちはそこにいても、今は、対等にはなれないのです。

── あなたの声は国中で聴かれて、他のアーティストにインスピレーションを与える存在となりました。この状況をどう捉えていますか?

Hiran まだそのような状況であるとは思っていませんが、音楽で生きていける可能性があること、必要としている人に良い音楽を届けられることに、ただただ感謝しています。

── あなたの音楽が日本に届き、あなたのストーリーをもっと知りたいと思っているというような状況を想像していましたか?

Hiran いいえ、でもこのお話はとても嬉しかったです。このように日本の皆さんにお伝えするのは、とても感慨深いものがあります。胸の中に収まりきらない気持ちです。

── ブラジルの才能ある新人だと日本の雑誌に認められるような、あなたの音楽の、国際的・国内的な特徴は何だと思いますか?

Hiran 私は、私の音楽には多くの善い意志と、多くの真実が込められているということがわかっています。私は人々がより良い世界に住んでほしいと思っていて、私が愛を注いでいる音楽で、少しでも自分の役割を果たそうとしています。私の音楽が、想像もしていなかった場所に到着したときの喜びは、言葉では言い表せません。私は若くしてとても幸運で、自己実現できた存在であると感じています。

(ラティーナ2021年10月)

翻訳●花田勝暁(編集部)

画像8

画像6

この続きをみるには

この続き: 0文字
この記事が含まれているマガジンを購入・購読する

2021年10月に新規にアップした記事のみが収められているマガジンです。こちらでアーカイブ記事は読めませんので、アーカイブ記事も購読するに…

このマガジンを購読すると、世界の音楽情報誌「ラティーナ」が新たに発信する特集記事や連載記事に全てアクセスできます。「ラティーナ」の過去のアーカイブにもアクセス可能です。現在、2017年から2020年までの3.5年分のアーカイブのアップが完了しています。

「みんな違って、みんないい!」広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に生まれ変わります。 あなたの生活…

「スキ」、ありがとうございます! Obrigada!
広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に。あなたの生活を世界中の多様な音楽で彩るために情報を発信します。 月額900円のデジタル定期購読で、新規記事もアーカイブも読み放題! (※アーカイブは増減する場合があります)