[2020.10]【中原仁の「勝手にライナーノーツ」③】Seu Jorge & Rogê 『Night Dreamer Direct-To-Disc Sessions』
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。またコロナワクチンに関する情報は首相官邸のウェブサイトをご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

[2020.10]【中原仁の「勝手にライナーノーツ」③】Seu Jorge & Rogê 『Night Dreamer Direct-To-Disc Sessions』

画像1

▲Seu Jorge & Rogê 『Night Dreamer Direct-To-Disc Sessions』
───── 中原仁の「勝手にライナーノーツ」─────
近年、日本盤の発売が減少し、日本における洋楽文化の特徴である解説(ライナーノーツ)を通じて、そのアルバムや楽曲や音楽家についての情報を得られる機会がめっきり減った。
また、盤を発売しない、サブスクリプションのみのリリースが増えたことで、音楽と容易に接することが出来る反面、情報の飢えはさらに進んでいる。
ならば、やってしまえ!ということで始める、タイトルどおりの連載。
リンクを通じて実際に音楽を聴き、楽しむ上での参考としていただきたい。


 2011年と2015年に『Músicas para Churrasco』のVol.1、Vol.2をリリース、肉食系音楽の愛好家を狂喜乱舞させたセウ・ジョルジ。その後、新作を録音中とのニュースが時折り入ってきたが、このご時世でもあり完成が遅れているようだ。

 一方、映画俳優としての活躍は衰えを知らず、最近では革命家カルロス・マリゲーラを描いた『Marighella』で主役をつとめた。

 コロナ禍に入ってからの今年後半、ダニエル・ジョビンとの共演でアントニオ・カルロス・ジョビンの名曲を歌うライヴ、90歳のエルザ・ソアレス、バイーア生まれ18歳のアグネス・ヌネスとの3人でサンバの名曲を歌うライヴ、ヴァネッサ・ダ・マタとの共演ライヴなどを配信。一時期は体型が肉過多だったが徐々にスリム化し、最大の武器の声力を余すことなく発揮している。

この続きをみるには

この続き: 2,328文字
この記事が含まれているマガジンを購入・購読する

このマガジンにはラティーナ2020年10月に新規にアップした記事が収められていますが、定期購読マガジンの「ラティーナ」を購読していただくと…

このマガジンを購読すると、世界の音楽情報誌「ラティーナ」が新たに発信する特集記事や連載記事に全てアクセスできます。「ラティーナ」の過去のアーカイブにもアクセス可能です。現在、2017年から2020年までの3.5年分のアーカイブのアップが完了しています。

「みんな違って、みんないい!」広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に生まれ変わります。 あなたの生活…

「スキ」、ありがとうございます! ¡Gracias!
広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に。あなたの生活を世界中の多様な音楽で彩るために情報を発信します。 月額900円のデジタル定期購読で、新規記事もアーカイブも読み放題! (※アーカイブは増減する場合があります)