世界の音楽情報誌「ラティーナ」

[2021.07]映画評『17歳の瞳に映る世界』『プロミシング・ヤング・ウーマン』

[2021.07]映画評『17歳の瞳に映る世界』『プロミシング・ヤング・ウーマン』

  女性の生きづらさや尊厳を正反対の表現で描いて、   世界が喝采を贈ったまさに今観るべき二本の映画。 文●圷 滋夫(あくつしげお/映画・音楽ライター) ※こちらの記事は、7/15からは、有料定期購読会員の方が読める記事になります。定期購読はこちらから。  奇しくも同じ日(先行上映を除く)に公開初日を迎えるこの二本の映画は、鑑賞後には全く正反対の印象を残しながらも、突き詰めて考えるとまるでコインの表裏のように一つのテーマが浮かび上がってくる。それは実際には男性が圧倒的に

5
[2021.05]映画評『ファーザー』『やすらぎの森』

[2021.05]映画評『ファーザー』『やすらぎの森』

『ファーザー』『やすらぎの森』  “認知症”を疑似体験するめくるめく映像の衝撃と  “老い”を巡る人生の機微と深淵に心を震わせる。 文●圷 滋夫(あくつしげお/映画・音楽ライター) ※こちらの記事は、5/12からは、有料定期購読会員の方が読める記事になります。定期購読はこちらから。  文明や医学が進みほとんどの物が金銭と引き換えに得られる(もちろん例外はある)現在、急激に高齢化が進行する社会の中でどんな大富豪でさえも避けて通れないのが “老い” の問題だ。これ迄の長い映

15
[2021.04]『ブータン 山の教室』
『サンドラの小さな家』
『ハウス・イン・ザ・フィールズ』
─ 人と人を結ぶ歌がある。音楽が重要な役割を果たす、ブータン、アイルランド、モロッコの映画に心打たれる!

[2021.04]『ブータン 山の教室』 『サンドラの小さな家』 『ハウス・イン・ザ・フィールズ』 ─ 人と人を結ぶ歌がある。音楽が重要な役割を果たす、ブータン、アイルランド、モロッコの映画に心打たれる!

文●圷 滋夫(あくつしげお/映画・音楽ライター) ※こちらの記事は、4/14からは、有料定期購読会員の方が読める記事になります。定期購読はこちらから。 『ブータン 山の教室』 ※4月3日より、岩波ホール他にて全国順次公開! ©︎2019 ALL RIGHTS RESERVED  『ブータン 山の教室』は、タイトルが示すように “世界で一番幸せな国” として知られるブータンが舞台だ。しかし主人公のやる気のない教員ウゲンが暮らす首都ティンプーと、彼が赴任することになった標高

13
[2021.03]『ノマドランド』『SLEEP マックス・リヒターからの招待状』『まともじゃないのは君も一緒』─ 世界がいまだに先の見えない不安に覆われた状況の中、未来の生き方を考えるヒントとなる3本の映画とは?

[2021.03]『ノマドランド』『SLEEP マックス・リヒターからの招待状』『まともじゃないのは君も一緒』─ 世界がいまだに先の見えない不安に覆われた状況の中、未来の生き方を考えるヒントとなる3本の映画とは?

文●圷 滋夫(あくつしげお/映画・音楽ライター) ※こちらの記事は、3/23からは、有料定期購読会員の方が読める記事になります。定期購読はこちらから。

11
[2021.02]『春江水暖〜しゅんこうすいだん』新人監督、驚異のデビュー作は
今年のベスト10確実の三代にわたる家族の物語。

[2021.02]『春江水暖〜しゅんこうすいだん』新人監督、驚異のデビュー作は 今年のベスト10確実の三代にわたる家族の物語。

文●圷 滋夫(あくつしげお/映画・音楽ライター)  “春江水暖” とは「春に河の水が暖かくなる」という意味で、このタイトルからも、本作の影の主人公は舞台となった中国の杭州市富陽区に流れる大河、富春江だと言いたくなる。なぜなら映画の序盤では富春江の説明が入り、終盤には富春江の歌が朗々と歌われ、最後のカットもロングショットで捉えた富春江の姿だ。そして何より一年を通した物語の中で、季節が巡るごとにゆったりと流れる富春江の川面が映し出され、そこにはその季節を表す花鳥風月が添えられ強

8
[2021.02]映画『すばらしき世界』

[2021.02]映画『すばらしき世界』

文●圷 滋夫   text by SHIGEO AKUTSU 林正樹インタビュー 様々なジャンルでマルチな活躍を見せるピアニスト、 林正樹が西川美和監督の最新作『すばらしき世界』で 初めて映画音楽を手掛け、そこから見えてきたものを語った。  林正樹は、椎名林檎から渡辺貞夫、菊地成孔、小野リサ、川井郁子、つまりJ-POPからジャズ、ブラジル音楽にクラシックまで、様々なジャンルの名だたる音楽家から指名を受け、ライブのサポート・メンバーやレコーディングで八面六臂の活躍を見せる

26
[2021.01]映画評|『わたしの叔父さん』『聖なる犯罪者』|善と悪を、それぞれ対極の表現で描いた二本の映画が、人間の本質を炙り出す

[2021.01]映画評|『わたしの叔父さん』『聖なる犯罪者』|善と悪を、それぞれ対極の表現で描いた二本の映画が、人間の本質を炙り出す

文●圷 滋夫 (あくつしげお/映画・音楽ライター)  善と悪。人が胸の奥に秘めた正反対の心を、その在り方に影響を及ぼす社会的な側面と絡めながら、それぞれ圧巻の、そして太極の表現で描いた二本の映画が公開される。  デンマーク映画『わたしの叔父さん』は、首都コペンハーゲンから遠く離れた自然豊かな田舎の農村が舞台だ。27歳のクリスティーネは孤児となった14歳の時から、足が不自由な酪農家の叔父さんと二人で暮らしている。彼女はかつて獣医を目指していたが、今では叔父の身の回りの世話を

9
[2020.12]映画評|『ニューヨーク 親切なロシア料理店』 『この世界に残されて』|家族から切り離された孤独な心が結ぶ、他人との緩やかな関係が生み出す希望とは。

[2020.12]映画評|『ニューヨーク 親切なロシア料理店』 『この世界に残されて』|家族から切り離された孤独な心が結ぶ、他人との緩やかな関係が生み出す希望とは。

文●圷 滋夫(あくつしげお/映画・音楽ライター)  いつの時代でも、映画には家族が描かれる。そこには深い愛と強い絆、そして穏やかな安らぎがあり、これまで多くの観客の胸を熱く揺さぶってきた。しかしいつからか家族の在り方は多様化し、その関係性も変化してきた。今や綺麗事だけでは語れない断絶と絶望によって、家族が崩壊してしまうことも少なくない。また何らかの理由、例えば戦争や災害、事件などによって、家族との関係が突然断ち切られてしまうことだってあるだろう。  こうして家族から切り離

7
[2020.11]映画評|『燃ゆる女の肖像』|18世紀を生きた女性が現代へ伝えるメッセージと深い愛、
そしてめくるめく映画的興奮に満ちた傑作!

[2020.11]映画評|『燃ゆる女の肖像』|18世紀を生きた女性が現代へ伝えるメッセージと深い愛、 そしてめくるめく映画的興奮に満ちた傑作!

文●圷 滋夫(あくつしげお/映画・音楽ライター)  本作はある絵画についての物語だ。そしてその一枚の絵「燃ゆる女の肖像」に込められた、不思議な逸話と秘めた想いが少しずつ明らかにされる。  18世紀のフランス。ブルターニュ地方の孤島にやって来た画家のマリアンヌ(ノエミ・メルラン)は、伯爵夫人の娘エロイーズ(アデル・エネル)の肖像画を依頼されていた。まだカメラが発明される前で、婚約者に渡す見合い写真の代わりになる絵だ。しかし以前エロイーズが結婚を拒んで画家に顔を見せなかったた

8
[2020.10]映画評|『おもかげ』『82年生まれ、キム・ジヨン』『ウルフウォーカー』|女性の秘めた想いに寄り添いエールを贈る、
3つの国の3つのストーリーと、その社会的な視点。

[2020.10]映画評|『おもかげ』『82年生まれ、キム・ジヨン』『ウルフウォーカー』|女性の秘めた想いに寄り添いエールを贈る、 3つの国の3つのストーリーと、その社会的な視点。

文●圷 滋夫(あくつしげお/映画・音楽ライター)  スペイン映画『おもかげ』は、まず冒頭で描かれる1シーン1カットの約15分に圧倒され、いきなり半ば強引に物語の中へと引きずり込まれてしまう。  主人公エレナに電話が掛かる。離婚した元夫ラモンと旅行中の6歳の息子イバンからだ。最初はなごやかに話しているが、すぐにイバンを置いてその場を離れたラモンが戻らず、一人浜辺に取り残されていることを知る。エレナは場所も状況も分からないイバンをなだめながら問いかけ、ラモンの友人や警察に連絡

8