見出し画像

[2023.10] 天橋立に降り立ったアフロ・ブラジリアンの宝石 〜ルエジ・ルナ インタビュー

インタビュー・文●中原 仁
協力●KYOTOPHONIE PR事務局

本エントリーは、11/1(水)からは、有料定期購読会員の方が読める記事になります。定期購読はこちらから。

 本誌9月号の初来日記念記事で “アフロ・ブラジリアンの宝石” と讃えられた、バイーア出身のルエジ・ルナ。宝石が日本三景のひとつ、天橋立(京都府)の砂浜に到着した。

  今年、初開催されたボーダレス・ミュージック・フェスティヴァル「KYOTOPHONIE 2023 AMANOHASHIDATE」に出演したルエジ・ルナのバンドは、キーボード、ベース、ドラムス、パーカッションの4人編成。カーニヴァルで大声で歌うことで喉を頑丈にしたバイーアの多くの歌手と異なり、ルエジの歌声は張り上げすぎず軽やかにして、大地に着地した安定感があり、ジャズ・マナーも備えている。ライヴが始まって最初はカブリつきで聴いていたのだが、バンドの音がデカく声が引っ込み気味の音響バランスだったので、あえて会場の後方に移動したら、声量に頼らないルエジの歌声が逆にすぐ近くに聞こえてきたのは、彼女の声の遠心力がなせる技だろう。

続きをみるには

残り 3,027字 / 1画像

このマガジンを購読すると、世界の音楽情報誌「ラティーナ」が新たに発信する特集記事や連載記事に全てアクセスできます。「ラティーナ」の過去のアーカイブにもアクセス可能です。現在、2017年から2020年までの3.5年分のアーカイブのアップが完了しています。

「みんな違って、みんないい!」広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に生まれ変わります。 あなたの生活…