見出し画像

[2021.02]日本のラテンシーンを作ってきた人たち〜ブラジル音楽編《前編》〜

文●中原 仁 text by JIN NAKAHARA

 【e-magazine LATINA】の総合プロデューサー、宮沢和史さん肝いりの企画「日本のラテンシーンを作ってきた人たち」。第一弾はブラジル音楽編、時代を追い、2回に分けて担当する。なお、登場人物の名前は敬称略で表記させていただく。

 1951年、日本の芸能団がブラジルに渡り、5カ月にもわたる日系人コミュニティー向けの公演を行なった。一座の一人が新人歌謡歌手、生田恵子(1928年~1995年)。彼女は滞在中、ルイス・ゴンザーガ作の「Baião de dois(邦題:バイヨン踊り)」と「Paraiba」、ルピシニオ・ホドリゲス作のサンバ・カンサォン「Vingança(復讐)」を日本語で録音した。しかも伴奏はカニョート(カヴァキーニョ)、メイラ、ジーノ(ギター)、アルタミーロ・カヒーリョ(フルート)らの超一流どころで、さらに当時、スター街道まっしぐらのルイス・ゴンザーガがスタジオを訪れ、直々に歌唱指導をしたそうだ。
 これが、日本とブラジルの音楽家同士のファースト・コンタクトだろう。ブラジルに海外最大の日系人社会があることが背景だ。しかも上記の曲はブラジルでSPとして発売され、日系人社会で万単位のセールスを記録したという。帰国後、生田恵子は “バイヨン娘” として人気を集め、バイヨン、サンバ、リオ、サンパウロといったブラジルちなみの曲も発表したが、これらの曲はラテン歌謡調でブラジルらしさはない。

画像9

写真:生田恵子

 なお50年代前半には、美空ひばりも「陽気なバイヨン」「春のサンバ」といった曲を録音したが、これらもラテン歌謡調だ。

この続きをみるには

この続き: 4,520文字 / 画像8枚
この記事が含まれているマガジンを購入・購読する

2021年2月に新規にアップした記事のみが収められているマガジンです。こちらでアーカイブ記事は読めませんので、アーカイブ記事も購読するには…

このマガジンを購読すると、世界の音楽情報誌「ラティーナ」が新たに発信する特集記事や連載記事に全てアクセスできます。「ラティーナ」の過去のアーカイブにもアクセス可能です。現在、2017年から2020年までの3.5年分のアーカイブのアップが完了しています。

「みんな違って、みんないい!」広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に生まれ変わります。 あなたの生活…

「スキ」、ありがとうございます!
広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に。あなたの生活を世界中の多様な音楽で彩るために情報を発信します。 月額900円のデジタル定期購読で、新規記事もアーカイブも読み放題! (※アーカイブは増減する場合があります)