見出し画像

[2021.02]斎藤充正、アルゼンチン・ステーキを焼く

文と写真●斎藤充正

[著者プロフィール] 斎藤充正 1958年鎌倉生まれ。第9回出光音楽賞(学術研究)受賞。アメリカン・ポップスから歌謡曲までフィールドは幅広い。世界のピアソラ・ファンがピアソラのバイブル本として認めている『アストル・ピアソラ 闘うタンゴ』の著者であり、ピアソラに関する数々の執筆や翻訳、未発表ライヴ原盤の発掘、紹介などまさにピアソラ研究の世界的第一人者。

 アルゼンチンといえば牛肉。ブエノスアイレスに行けばレストランでアサードを食べるのは日常的なことだったし、1987年から88年に掛けてパレルモ地区に住んでいた時には、スーパーで肉を買ってきてキッチンでフライパンで焼いたりもしていたが、最後に現地を訪れたのは1997年だから、今や個々のエピソードなどの記憶はかなりおぼろげ。それでも、アルゼンチンの肉が味の面で世界一という認識は薄れていない。
 日本では食べることができなかったそのアルゼンチン産の牛肉が、2018年に輸入解禁となったのは朗報だった。それでもなかなか食べる機会は持てなかったが、先日ドン・ロッシというショップが通信販売を始めたというニュースを聴き、妻に「一度は食べてみたいね」と話したところ、リブロース1kg(250g×4)を注文してくれた。

アルゼンチン牛肉専門店 ドン・ロッシ|Don Rossi

 実は2月初めに結婚20周年を迎えることができたこともあり、「お祝いだから食べたいものを」と奮発してくれたのだった。

 あまりうまく撮れていないが、早速冷凍で届いた肉の写真をFacebookにアップしたところ、思わぬ反響があった。

画像1

 「最初で最後の南米出張の時にアルゼンチンで食べたステーキが未だに人生のベストです!」とか「私の中のベスト牛肉は現地で食したアルゼンチンの牛です〜」といったコメントもいただき、やっぱりみんなそうなんだ、と納得。おまけにラティーナからこのような原稿依頼まであり、あとは、いかに上手く焼くかが重要なミッションとなった。

この続きをみるには

この続き: 1,529文字 / 画像14枚
この記事が含まれているマガジンを購入・購読する

2021年2月に新規にアップした記事のみが収められているマガジンです。こちらでアーカイブ記事は読めませんので、アーカイブ記事も購読するには…

このマガジンを購読すると、世界の音楽情報誌「ラティーナ」が新たに発信する特集記事や連載記事に全てアクセスできます。「ラティーナ」の過去のアーカイブにもアクセス可能です。現在、2017年から2020年までの3.5年分のアーカイブのアップが完了しています。

「みんな違って、みんないい!」広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に生まれ変わります。 あなたの生活…

「スキ」、ありがとうございます!
10
広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に。あなたの生活を世界中の多様な音楽で彩るために情報を発信します。 月額900円のデジタル定期購読で、新規記事もアーカイブも読み放題! (※アーカイブは増減する場合があります)