見出し画像

[2021.07]映画評『17歳の瞳に映る世界』『プロミシング・ヤング・ウーマン』

  女性の生きづらさや尊厳を正反対の表現で描いて、
  世界が喝采を贈ったまさに今観るべき二本の映画。

文●圷 滋夫(あくつしげお/映画・音楽ライター)

※こちらの記事は、7/15からは、有料定期購読会員の方が読める記事になります。定期購読はこちらから。

 奇しくも同じ日(先行上映を除く)に公開初日を迎えるこの二本の映画は、鑑賞後には全く正反対の印象を残しながらも、突き詰めて考えるとまるでコインの表裏のように一つのテーマが浮かび上がってくる。それは実際には男性が圧倒的に優位な名ばかりの男女平等社会を背景に、女性の生きづらさや尊厳を描いているという点だ。そして両作とも監督が女性だということでも共通している。
 同じテーマを持つ作品はここ数年で増えていて、例えば『アナと雪の女王』『マッドマックス 怒りのデス・ロード』『ドリーム』『モアナと伝説の海』『ペンタゴン・ペーパーズ』『ストーリー・オブ・マイ・ライフ』『はちどり』『82年生まれ、キム・ジヨン』『ブックスマート』『透明人間』『燃ゆる女の肖像』『Swallow スワロウ』『あのこは貴族』など、数多くの傑作が誕生している。この流れは特に #MeToo運動以降に目立ち始め、今やフェミニズム的視点を持つことが当たり前のように広がりつつあるが、それはここに挙げた数本の映画だけでも、そのジャンルが多岐に渡っているということからも分かるだろう(日本はかなり遅れをとっているが…)。


『17歳の瞳に映る世界』main

画像2

『17歳の瞳に映る世界』
7月16日(金)より、TOHOシネマズ シャンテ他全国ロードショー!
©︎2020 FOCUS FEATURES, LLC. All Rights Reserved.
17hitomi-movie.jp

この続きをみるには

この続き: 4,004文字 / 画像2枚
この記事が含まれているマガジンを購入・購読する

2021年7月に新規にアップした記事のみが収められているマガジンです。こちらでアーカイブ記事は読めませんので、アーカイブ記事も購読するには…

このマガジンを購読すると、世界の音楽情報誌「ラティーナ」が新たに発信する特集記事や連載記事に全てアクセスできます。「ラティーナ」の過去のアーカイブにもアクセス可能です。現在、2017年から2020年までの3.5年分のアーカイブのアップが完了しています。

「みんな違って、みんないい!」広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に生まれ変わります。 あなたの生活…

「スキ」、ありがとうございます!
広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に。あなたの生活を世界中の多様な音楽で彩るために情報を発信します。 月額900円のデジタル定期購読で、新規記事もアーカイブも読み放題! (※アーカイブは増減する場合があります)