[2020.12]岡村 淳【特集 私が選ぶラテンアメリカの本】
見出し画像

[2020.12]岡村 淳【特集 私が選ぶラテンアメリカの本】

選・文●岡村 淳

 なさそうで、ホンキで探すとけっこうあるもの、さてなんでしょう?
 日本語で書かれたラテンアメリカ関係の書籍です。今回も、こんな本が日本語で存在するのだとお伝えしたいのが多々あり、3冊に絞り込むのはまさしく身を切る思いでした。しかしそれらを身近に眺めて手に取れる場所となると…… 日本のとっておきの場所を紹介しましょう。競争率が増しそうで、できれば伏せておきたかったのですが…… 東京西荻窪のブラジリアンバー『APARECIDA』のSEBOコーナーです(セボとは本来、獣脂のことなのですが、ブラジルでは古書店をこの言葉で呼びます)。お店にうかがう度、こんな本があったのか!と驚くばかりですが、値段はだいたいカイピリーニャ一杯程度の良心価格。ブラジル音楽が目当てでお店を訪れる人たちの死角です。


この続きをみるには

この続き: 1,830文字 / 画像3枚
この記事が含まれているマガジンを購入・購読する

2020年12月に新規にアップした記事のみが収められているマガジンです。こちらでアーカイブ記事は読めませんので、アーカイブ記事も購読するに…

このマガジンを購読すると、世界の音楽情報誌「ラティーナ」が新たに発信する特集記事や連載記事に全てアクセスできます。「ラティーナ」の過去のアーカイブにもアクセス可能です。現在、2017年から2020年までの3.5年分のアーカイブのアップが完了しています。

「みんな違って、みんないい!」広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に生まれ変わります。 あなたの生活…

「スキ」、ありがとうございます!
広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に。あなたの生活を世界中の多様な音楽で彩るために情報を発信します。 月額900円のデジタル定期購読で、新規記事もアーカイブも読み放題! (※アーカイブは増減する場合があります)