[2021.11] 来日記念! ルベン・ラダの軌跡を辿る・拡大版 Part 2
見出し画像

[2021.11] 来日記念! ルベン・ラダの軌跡を辿る・拡大版 Part 2

文●斎藤充正 texto por MITSUMASA SAITO

[著者プロフィール] 1958年鎌倉生まれ。第9回出光音楽賞(学術研究)受賞。アメリカン・ポップスから歌謡曲までフィールドは幅広い。世界のピアソラ・ファンがピアソラのバイブル本として認めている『アストル・ピアソラ 闘うタンゴ』の著者であり、ピアソラに関する数々の執筆や翻訳、未発表ライヴ原盤の発掘、紹介などまさにピアソラ研究の世界的第一人者。ピアソラやタンゴに留まらず、アルゼンチンやウルグアイのロックに関しても早い時期から注目し、ラティーナ誌上などで紹介してきた。

 日本・ウルグアイ外交関係樹立100周年を記念して、何とも喜ばしいことにルベン・ラダの初来日が決定した! このウルグアイの至宝の歩みについては、本誌2015年12月号の特集「小さな音楽大国:ウルグアイ」の中で「黒い魔術師 ルベン・ラダ ―変幻自在の軌跡を辿る―」という一文を設けて一通り紹介したが、あまりにも多彩な活動歴を限られた誌面にギュっと詰め込まなくてはならず、駆け足だったり言葉足らずだったりもした。またその後に入手できた音源、判明した事実もあるので、音源へのリンクも含めながら、改めて拡大版として数回に分けて紹介していきたい。

ルベン・ラダ 来日ツアースケジュール
 2021年11月25日(木)15:00開演 カルッツかわさきホール
 2021年11月26日(金)15:00開演 鎌倉芸術館
 2021年11月27日(土)15:00開演 相模女子大学グリーンホール
 2021年11月29日(土)18:30開演 松山市民会館大ホール
 2021年11月30日(月)18:30開演 岡山シンフォニーホール
 2021年12月01日(土)18:30開演 広島文化学園HBGホール
 2021年12月02日(土)18:30開演 宇部市渡辺翁記念会館
 2021年12月03日(土)18:30開演 下関市民会館
 2021年12月05日(日)14:00開演 日本特殊陶業市民会館フォレストホール
 2021年12月06日(月)18:30開演 中野サンプラザホール
 2021年12月07日(火)18:30開演 中野サンプラザホール
 2021年12月09日(木)14:00開演 久喜総合文化会館
 2021年12月11日(土)14:00開演 川口リリア・メインホール
 2021年12月13日(月)14:00開演 サンシティ越谷市民ホール
 2021年12月15日(水)18:30開演 島根県民会館
※こちらの記事は、11/10からは、有料定期購読会員の方が読める記事になります。定期購読はこちらから。

 1980年の終わりにはラ・バンダは解散し、ルベン・ラダはいよいよソロ・アーティストとして本格的に始動する。その第1弾が「アジェール・テ・ビ」「カンドンベ・パル・ファト」の初演を含むこのアルバムである。

“La Rada” (Sazam 50-14.596-1)

画像1

 ベト・サトラグニ(ベース)、ダニエル・オメール(ギター)、ホルヘ・ナバーロ(キーボード)にオラシオ・ロペス(ドラムス)の4人が中心になってラダを支え、米国から戻ってきたウーゴ・ファトルーソもゲスト参加。サウンド的にはまだ発展途上の印象も受ける。

この続きをみるには

この続き: 8,136文字 / 画像22枚
この記事が含まれているマガジンを購入・購読する

2021年11月に新規にアップした記事のみが収められているマガジンです。こちらでアーカイブ記事は読めませんので、アーカイブ記事も購読するに…

このマガジンを購読すると、世界の音楽情報誌「ラティーナ」が新たに発信する特集記事や連載記事に全てアクセスできます。「ラティーナ」の過去のアーカイブにもアクセス可能です。現在、2017年から2020年までの3.5年分のアーカイブのアップが完了しています。

「みんな違って、みんないい!」広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に生まれ変わります。 あなたの生活…

「スキ」、ありがとうございます!
広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に。あなたの生活を世界中の多様な音楽で彩るために情報を発信します。 月額900円のデジタル定期購読で、新規記事もアーカイブも読み放題! (※アーカイブは増減する場合があります)