[2021.11] PIRY REIS(ピリ・ヘイス)〜ミニマル & アンビエント・リバイバルで急浮上する幻のブラジル音楽家 1995年、自宅訪問の回顧録 【前編】
見出し画像

[2021.11] PIRY REIS(ピリ・ヘイス)〜ミニマル & アンビエント・リバイバルで急浮上する幻のブラジル音楽家 1995年、自宅訪問の回顧録 【前編】

e-magazine LATINA
※こちらの記事は、11/24(水)からは、有料定期購読会員の方が読める記事になります。定期購読はこちらから。

文と写真●若杉 実  texto e fotos por MINORU WAKASUGI

写真1

 たいした音楽人生ではないが、それでもいろんな “ふしぎ” と出会うことが稀にある。最近ならブラジルのシンガーソングライター、ピリ・ヘイス。彼のリイシュー作業がこの2、3年のあいだに過熱していた。2017年にファーストアルバム『Vocês Querem Mate?』(1970年)が再発されたのを機に、2000年に『Piry Reis』(1980年)が、ことしに入り『Caminho Do Interior』(1984年)と『Piry Reis』(7インチ2枚組)があいつぎ市場に並んだ。このなやましい連鎖は、私情を挟む隙をあたえながら二十余年まえの記憶を呼びおこす。

『Vocês Querem Mate?』

 1995年2月初頭、カーニヴァル・ウィークを目前に、リオの住民はアイルトン・セナの死から半年以上を費やしこころの傷をケアしていた。おりから現地でCDをプロデュースしていたわたしは、春愁にも似た憂いを肌で感じながらもさまざまなハプニングと遭遇する。なかでもオフの日、リオのセントロからバスで3時間かけ単身マカエへ移動した記憶をかき消すことはできない。ぐうぜんそこで出会ったのがピリであり、おもわぬできごとに全身の震えがしばらくやまなかった。
 当時でさえ奇跡だったが、いまや伝説の珍事として語ったほうがいいかもしれない。冒頭で触れたように、この2、3年のあいだにピリは世界的な知名度を獲得していたからである。
 ここで注意しなければならない点がひとつだけある。1991年の『Coisa Rara』(アルトゥール・ヴェロカイ参加)以降、彼の新作の知らせはあいにく届いていない。その『Coisa Rara』は本人からいただき、その場でサインをしてもらった。

この続きをみるには

この続き: 2,626文字 / 画像3枚

このマガジンを購読すると、世界の音楽情報誌「ラティーナ」が新たに発信する特集記事や連載記事に全てアクセスできます。「ラティーナ」の過去のアーカイブにもアクセス可能です。現在、2017年から2020年までの3.5年分のアーカイブのアップが完了しています。

「みんな違って、みんないい!」広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に生まれ変わります。 あなたの生活…

「スキ」、ありがとうございます! ¡Gracias!
e-magazine LATINA
広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に。あなたの生活を世界中の多様な音楽で彩るために情報を発信します。 月額900円のデジタル定期購読で、新規記事もアーカイブも読み放題! (※アーカイブは増減する場合があります)