[2021.11] PIRY REIS(ピリ・ヘイス)〜ミニマル & アンビエント・リバイバルで急浮上する幻のブラジル音楽家 1995年、自宅訪問の回顧録 【前編】
見出し画像

[2021.11] PIRY REIS(ピリ・ヘイス)〜ミニマル & アンビエント・リバイバルで急浮上する幻のブラジル音楽家 1995年、自宅訪問の回顧録 【前編】

※こちらの記事は、11/24(水)からは、有料定期購読会員の方が読める記事になります。定期購読はこちらから。

文と写真●若杉 実  texto e fotos por MINORU WAKASUGI

写真1

 たいした音楽人生ではないが、それでもいろんな “ふしぎ” と出会うことが稀にある。最近ならブラジルのシンガーソングライター、ピリ・ヘイス。彼のリイシュー作業がこの2、3年のあいだに過熱していた。2017年にファーストアルバム『Vocês Querem Mate?』(1970年)が再発されたのを機に、2000年に『Piry Reis』(1980年)が、ことしに入り『Caminho Do Interior』(1984年)と『Piry Reis』(7インチ2枚組)があいつぎ市場に並んだ。このなやましい連鎖は、私情を挟む隙をあたえながら二十余年まえの記憶を呼びおこす。

『Vocês Querem Mate?』

 1995年2月初頭、カーニヴァル・ウィークを目前に、リオの住民はアイルトン・セナの死から半年以上を費やしこころの傷をケアしていた。おりから現地でCDをプロデュースしていたわたしは、春愁にも似た憂いを肌で感じながらもさまざまなハプニングと遭遇する。なかでもオフの日、リオのセントロからバスで3時間かけ単身マカエへ移動した記憶をかき消すことはできない。ぐうぜんそこで出会ったのがピリであり、おもわぬできごとに全身の震えがしばらくやまなかった。
 当時でさえ奇跡だったが、いまや伝説の珍事として語ったほうがいいかもしれない。冒頭で触れたように、この2、3年のあいだにピリは世界的な知名度を獲得していたからである。
 ここで注意しなければならない点がひとつだけある。1991年の『Coisa Rara』(アルトゥール・ヴェロカイ参加)以降、彼の新作の知らせはあいにく届いていない。その『Coisa Rara』は本人からいただき、その場でサインをしてもらった。

差し替え写真2

 「おれの新作だ、聴いたら感想をよこしてほしい」。たいせつに保管しているが、そのあと棚を埋めるであろうつぎの作品がつづがない。ここでピリの声をもういちど取りもどし、ひざを小さく叩く。
「こんどの作品の録音をちょうど終えたところだ。おそらくピリという名前はもう使わない」
 彼には “ルイス・ホセ” という本名があった。つまり彼の言に従えば、以降の作品には “LUIS JOSE” という文字がプリントされることになる。平凡といえば平凡だが、それでいくというからにはそれなりの理由があるのだろう。
 しかしながら、あれから何年経ったというのか。“過去の名前”と、その本名をむすぶ手がかりがまるで探せない。聞きまちがい、筆記ミス、あるいはスモールカンパニー、自主出版のためデータが残されていない等々、見当たらない理由はいくらでもあげられる。だが一点だけ断言できるとするなら、“幻の音楽家”というありふれた修辞も、ピリの実像を知ることで、その重みを痛感せざるをえないということではないか。

発端はアンビエント・リバイバル!?

 妙な言いまわしになるが、ピリの存在にかぎらず、彼が奏でる音にも “幻” なるものは可視化されている。冒頭で触れたリイシューの数々は複数のレーベルによるもので、発売した動機は銘々ちがう。だが、ひとりの人物による作業だとおもえるほど、ふしぎな統一性もそこには横たわっている。それを活字にするなら、アンビエント〜ニューエイジなる世界。近年再評価著しいこの音楽的小宇宙に、ピリ固有の世界観(とりわけ80年代の諸作)が合致することで、これまで多くを語られてこなかったひとりの才能にようやく光が射したことになる。

画像4

V.A.『Outro Tempo[Electronic And Contemporary Music From Brazil 1978-1992]』(2017年)

 具体的に、その狼煙となった作品は、Music From Memory(アムステルダム)が編んだ傑作コンピ『Outro Tempo[Electronic And Contemporary Music From Brazil 1978-1992]』(2017年)というのが巷間のコンセンサスらしい。冒頭には『Caminho Do Interior』からの「O Sol Na Janela」が引用され、コンピを象徴する曲・アーティストであることが示唆される。シンセを軸に光輝を湛えた音響空間から、ニューエイジの片鱗をつかむこともむずかしくはない。

「O Sol Na Janela」

 ただしこのような解釈は、あくまでも今日的な皮膚感覚のみに有効とされるものであって、ピリそのものをニューエイジ系とカテゴライズしたときに生じる違和感はぬぐえないだろう。だがそのいっぽうで、想像の翼を最大限にひろげ、自由にたのしむこともここでは否定しない。レアグルーヴなる現象が1980年代にあたまをもたげ、やがて文化へと定着、聴き手が主役になる場面が数多くみられる今日において、知の女神に足を向けて寝るわけにはいかないだろうから。
 事実、ピリの存在がこれほどまでに注目される機会は過去になかった。同時に、彼のなぞ多きバイオはきわめて限定的で、ネット上には “エグベルト・ジスモンチとの共演経験がある” との枕だけが散乱している。  『Caminho Do Interior』や『Rio Zero-Grau』(1986年/未再発)といった作品の原盤権は、ジスモンチが運営に携わるCARMO(詳細は後編)が所有し、また彼のソロや ECM に残された間連作にはピリのクレジットが確認できる。つまり情報としてまちがってはいない。
 だが、ピリが語られてきた時間とジスモンチのそれとは比較するべくもない。付言しておくと、ピリを紹介してくれたのは、おなじくマカエで暮らすパウリーニョ(下記写真左)というフルート奏者だった。オロス(HOLLOS)というバンドを組み、実際に演奏もみせてくれたが、彼もまたジスモンチ・グループに出入りしていたことがある。

写真3

知られざる素顔

 ピリの横顔にもうすこし迫ってみたい。あらゆる楽器をこなし、作詞作曲もおこない、その詞の世界は知性にあふれ、甘美な声はヴィニシウス・カントゥアリア似でもある。だが、彼のようにグラスをかたむけ紫煙をくゆらせる姿が似合う男かといえば、そうではない。むしろそれとは真逆の野生派で、音楽に対して実直というにはあまりにもピュア、ストイシズムの塊のような人間である。それはピリの才能が音楽業界で初めて認められたときから変わっていない。
「最初の仕事はテレビ番組の専属ディレクターだった。TV GLOBOが主催する1970年の音楽祭で入賞したご褒美だった。エドゥ・ロボやジェラルド・ヴァンドレも出演していたよ。でも、会社が指示するのはコマーシャルな音楽ばかり。仕事だから割り切ってやっていたけど……」
 同時期、2枚のシングル「Quase Meio Dia」(1974年)、「Heroi Moderno」(1975年)とサントラ『Carinhoso』(1973年)への楽曲提供をしている。本編は『麗しのサブリナ』(オードリー・ヘプバーン主演)をモチーフにした恋愛コメディで、演奏者にはピリのほかマルコス・ヴァーリ、オズマール・ミリートなど、おなじみの顔が並ぶ。
 しかし、いわくつきはシングルのほう。2枚組のリイシュー『Piry Reis』にも収録されていたが、この情報にかぎって本人の耳に届いていないことを祈らずにはいられない。原盤はめずらしく、好事家の物欲を刺激するのもむりはないが、作者にとって “レア” の意味合いはまったくちがっていた。
「あまり話したくないことだが、2枚のシングルは店先に並んだ瞬間、買い集められるだけ集めて、近所の公園に埋めたよ。あの時代の作品は負の遺産でしかない。自分の作品であって自分のものではないんだ。毎日のようにテレビから流れてくる、耐えられたものじゃなかった」

「Heroi Moderno」

 「その公園の場所は……?」。ジョークなど通じない男からどうやったら引き出せるか。あたまの中が知恵の輪になっていたところに、弦が虹の弧を描き、わたしの目がおおきくまばたく。ピリはそばにあったギターを抱え、自分の世界に入っていた。(後編へつづく)

Special Thanks to ADERSON FERREIRA Jr.

(ラティーナ2021年11月)

この続きをみるには

この続き: 0文字
この記事が含まれているマガジンを購入・購読する

2021年11月に新規にアップした記事のみが収められているマガジンです。こちらでアーカイブ記事は読めませんので、アーカイブ記事も購読するに…

このマガジンを購読すると、世界の音楽情報誌「ラティーナ」が新たに発信する特集記事や連載記事に全てアクセスできます。「ラティーナ」の過去のアーカイブにもアクセス可能です。現在、2017年から2020年までの3.5年分のアーカイブのアップが完了しています。

「みんな違って、みんないい!」広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に生まれ変わります。 あなたの生活…

「スキ」、ありがとうございます! Obrigada!
広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に。あなたの生活を世界中の多様な音楽で彩るために情報を発信します。 月額900円のデジタル定期購読で、新規記事もアーカイブも読み放題! (※アーカイブは増減する場合があります)