見出し画像

[2020.12]【「ラ米乱反射」電子版 第5回】ラ米の2020年重要ニュース

文●伊高浩昭(ジャーナリスト)

▼コロナ疫病COVID19猛威振るう

 ラ米最大のニュースは世界の他地域同様に、現在進行中のコロナ疫病「COVID19」の爆発的流行である。2020年12月半ばの時点で、世界最悪感染状況上位15カ国に、3位ブラジル、9位アルゼンチン、10位コロンビア、12位メキシコ、15位ペルーと、5カ国が名を連ねた。「暴君」型で反知性主義のジャイール・ボウソナロ大統領施政下のブラジルは、大陸国家の巨体を持て余してアマゾニアの森林を破壊したり、コロナ禍への的確な対応を怠ったりして、「巨大なバナナ共和国」に成り下がった感がある。

 3月以降、「マスク」を意味する「マスカリージャ」、「タパボカ」、「クブレボカ」、「ナソブコ」、「バルビホ」などの言葉がラ米全域に飛び交い、新聞紙面を賑わわせてきた。言うまでもなく、各国とも経済に大打撃を受け、とりわけ貧困大衆の困窮状態は深刻化している。

画像10

エクアドール・グアヤキル市内「911に通報しましたが、助けはありません」と書かれ、通りの真ん中のベンチに放置されたコロナ感染者の遺体

▼米大統領選挙でバイデン勝利

 次は11月3日実施の米大統領選挙だ。LAC(ラ米・カリブ)に多大な影響を及ぼす「北方の巨人」米国の最高指導者を選ぶ選挙だけに、LAC諸国が自国の選挙のように熱い関心を示すのは、軍事同盟を通じて米国の強い影響下にある日本と同じだ。極右大統領のいるブラジル、コロンビアなど、また保守・右翼政権諸国はドナルド・トランプ右翼政権の継続を願っていた。「進歩主義的民族主義路線」のメキシコも、トランプとうまくやってきたため、トランプの再選を望んでいた。

この続きをみるには

この続き: 3,614文字 / 画像9枚
この記事が含まれているマガジンを購入・購読する

2020年12月に新規にアップした記事のみが収められているマガジンです。こちらでアーカイブ記事は読めませんので、アーカイブ記事も購読するに…

このマガジンを購読すると、世界の音楽情報誌「ラティーナ」が新たに発信する特集記事や連載記事に全てアクセスできます。「ラティーナ」の過去のアーカイブにもアクセス可能です。現在、2017年から2020年までの3.5年分のアーカイブのアップが完了しています。

「みんな違って、みんないい!」広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に生まれ変わります。 あなたの生活…

「スキ」、ありがとうございます! Obrigada!
3
広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に。あなたの生活を世界中の多様な音楽で彩るために情報を発信します。 月額900円のデジタル定期購読で、新規記事もアーカイブも読み放題! (※アーカイブは増減する場合があります)