見出し画像

[2020.10]【「ラ米乱反射」電子版 第3回】ボリビアで先住民中心政権が復活 チリでは民主憲法制定が決まる

文●伊高浩昭(ジャーナリスト)

 2020年10月、同年のラ米で最も重要な2つの政治的出来事が成就した。ボリビア大統領選挙と、来年21年の新憲法制定を決めたチリ国民投票である。

▼ボリビア大統領選挙

 ボリビア大統領選挙は10月18日実施され、出馬した5人のうち最有力候補ルイス・アルセ元経済相(57)が得票率55・1%(338万票)で圧勝した。アルセは11月8日就任するが、それにより19年11月のクーデターでエボ・モラレス大統領(61)が追放されてから途絶えていた先住民主体の革新政党MAS(社会主義運動)の政権が1年ぶりに復活する。

画像1

11月8日就任するルイス・アルセ新大統領

 アルセは、昨年のクーデターで崩壊したモラレス政権の経済相だった。連続13年続いたモラレス政権期に達成された高度成長を伴う民族主義経済建設の立役者であり、その手腕が支持を集めた。副大統領には、モラレスの腹心で、ラ米外交と第3世界外交に貢献したダビー・チョケウアンカ元外相(59)が選ばれた。同時に実施された国会議員選挙でもMASは上下両院で勝利、過半数を握った。

 モラレスMAS政権は、ボリビア東部サンタクルース州の農牧業界極右ルイス・カマチョ(41)の2019年10月の武力蜂起が発展した11月の軍・警察によるクーデターで打倒された。10月の大統領選挙で4選を目指したモラレスは当選したが、カマチョら先住民族支配を憎悪する極右は「選挙に不正があった」と虚偽情報を喧伝し武装決起、国中が大混乱に陥った。リチウムをはじめボリビアの豊かな地下資源を狙うトランプ米政権と米資本は政変を後押しし、武装決起はクーデターに繋がった。

この続きをみるには

この続き: 3,084文字 / 画像2枚
この記事が含まれているマガジンを購入・購読する

このマガジンにはラティーナ2020年10月に新規にアップした記事が収められていますが、定期購読マガジンの「ラティーナ」を購読していただくと…

このマガジンを購読すると、世界の音楽情報誌「ラティーナ」が新たに発信する特集記事や連載記事に全てアクセスできます。「ラティーナ」の過去のアーカイブにもアクセス可能です。現在、2017年から2020年までの3.5年分のアーカイブのアップが完了しています。

「みんな違って、みんないい!」広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に生まれ変わります。 あなたの生活…

「スキ」、ありがとうございます!
7
広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に。 あなたの生活を世界中の多様な音楽で彩るために情報を発信します。 月額900円のデジタル定期購読で、新規記事も、過去のアーカイブも読み放題! (※2017年以降の主要記事がアップ済。順次追加)

こちらでもピックアップされています

世界の音楽情報誌「ラティーナ」
世界の音楽情報誌「ラティーナ」
  • ¥900 / 月

「みんな違って、みんないい!」広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に生まれ変わります。 あなたの生活を世界中の多様な音楽で彩るために、これからはこちらから情報を発信していきます。 毎月の特集や、強力な面々による連載に期待してください。世界のニュースや音楽情報、新譜リリース情報、イベント情報などは、日々更新していきます。購読者に向けて、様々なプレイリストも共有予定です。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。