見出し画像

[2020.10]6年ぶりに帰還、日本で再始動するフルート奏者、城戸夕果インタビュー

文●中原  仁

 89年、小野リサのバンドにフルート奏者として参加し、自身もブラジル音楽に目覚めた城戸夕果。90年代前半から中盤は毎年、リオに長期間、滞在し、『XUXU』(93年)、『RIO SMIILES』(94年)『ARACUÃ』(96年)などのアルバムを現地録音。ジョイス・モレーノ、ジョニー・アルフ、フィロー・マシャードらとレコーディングやライヴで共演した。

画像8

▲ジョイスさんのご自宅で

▼ブラジリアに来演したEduardo NevesとRogério Caetanoを囲んでRoda de choro

画像9


 90年代後半は日本で自身のバンドを率い、本誌総合プロデューサー宮沢和史のブラジル音楽プロジェクト・バンド、JABATIDAのメンバーとしても活動。2000年末、外交官である夫君に同行しベルギーで生活したのを皮切りに、2014年からはブラジリア、2017年からはボストンと、長らく海外で生活しながら音楽活動を続けてきた。
 そしてこの夏、海外赴任から6年ぶりに帰国。日本を離れていた時期が長いので若いファンには馴染みが薄いかもしれないが、城戸夕果はブラジルをはじめ海外でも活躍してきたレジェンドなのである。
 そして帰国の嬉しい手土産が、ボストン在住のヒロ・ホンシュクとのツイン・フルートに、エリオ・アルヴィス(ピアノ)を迎えて録音した『Love to Brasil Project - EP』。このアルバムのことや長かった海外生活について話を聞いた。

この続きをみるには

この続き: 5,132文字 / 画像10枚
この記事が含まれているマガジンを購入・購読する

このマガジンにはラティーナ2020年10月に新規にアップした記事が収められていますが、定期購読マガジンの「ラティーナ」を購読していただくと…

このマガジンを購読すると、世界の音楽情報誌「ラティーナ」が新たに発信する特集記事や連載記事に全てアクセスできます。「ラティーナ」の過去のアーカイブにもアクセス可能です。現在、2017年から2020年までの3.5年分のアーカイブのアップが完了しています。

「みんな違って、みんないい!」広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に生まれ変わります。 あなたの生活…

「スキ」、ありがとうございます! Obrigada!
10
広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に。 あなたの生活を世界中の多様な音楽で彩るために情報を発信します。 月額900円のデジタル定期購読で、新規記事も、過去のアーカイブも読み放題! (※2017年以降の主要記事がアップ済。順次追加)

こちらでもピックアップされています

世界の音楽情報誌「ラティーナ」
世界の音楽情報誌「ラティーナ」
  • ¥900 / 月

「みんな違って、みんないい!」広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に生まれ変わります。 あなたの生活を世界中の多様な音楽で彩るために、これからはこちらから情報を発信していきます。 毎月の特集や、強力な面々による連載に期待してください。世界のニュースや音楽情報、新譜リリース情報、イベント情報などは、日々更新していきます。購読者に向けて、様々なプレイリストも共有予定です。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。