[2021.08]映画評『ドライブ・マイ・カー』
見出し画像

[2021.08]映画評『ドライブ・マイ・カー』

カンヌ脚本賞を受賞した濱口竜介監督の集大成にして最新型。
二つの孤独な魂がつかんだ真実の言葉の先に見たものは?

※こちらの記事は、8/25からは、有料定期購読会員の方が読める記事になります。定期購読はこちらから。

文●圷 滋夫(あくつしげお / 映画・音楽ライター)

画像1

画像2

8月20日(金)より、TOHOシネマズ日比谷ほか全国ロードショー!
©2021『ドライブ・マイ・カー』製作委員会
https://dmc.bitters.co.jp

 濱口竜介監督は乗り物が好きだ。キャリア初期の頃から、多くの作品でバスや電車の中での会話が生き生きと写し撮られている。例えば『親密さ』(2012)のラストでは、別々の電車に乗った男女の感情が切なく重なり合う奇跡的な瞬間が捉えられ、世界に自身の名を知らしめ日本でも一気に知名度を上げた『ハッピーアワー』(2015)は、冒頭のシーンからいきなりケーブルカーの中で、電車、バスはもちろん、フェリーまで登場する。本音と建前が入り混じる膨大な台詞による会話劇である濱口作品においては、乗り物による移動が風景を動かし、空気をかき混ぜる。車両内を歩き、ドアから飛び降り、相手と対峙する。ある意味それは、濱口作品のアクション・シーン的な要素を担っているように思える。

 そして村上春樹の同名短編小説を映画化した本作は、タイトルからも分かるように、自家用車の中の場面が重要な役割を果たすが、そこにはこれ迄の作品とは大きな違いがある。『ハッピーアワー』迄の作品に出てくる乗り物はほとんどが公共の交通機関で、それは描かれる物語が身近な世界で起こる小さな出来事で、日常と地続きだということを示している(もっとも濱口作品はいつもそこから強くて大きなものを紡ぎ出すことに驚かされるのだが)。しかし自家用車は閉鎖された空間という状況によって、内面のより奥深くに隠された心情までも引き出される可能性を秘めている。そして日常と隔絶されているからこそ何が起こってもおかしくないと感じさせ、物語がどこに運ばれるか分からないサスペンスを孕んでいる(因みに前作『寝ても覚めても』にも自家用車やタクシー、長距離バスが登場するが、商業映画デビュー作だったためか、あまり多くの時間は割かれていない)。

 物語はまず舞台俳優で演出家の家福(かふく)悠介(西島秀俊)と、テレビドラマの脚本家として活躍する妻(霧島れいか)との関係が描かれる。冒頭、艶やかな女性の声が語る不可思議でエロティックな話に、いきなり非日常の世界に連れて行かれる。それは妻が話す脚本のアイディアであることが分かり、そこから少しずつ夫婦のキャラクターが肉付けされてゆく。二人は自然体で相性も良さそうだが、妻にはどこか謎めいた “何か” も感じられる。そしてある朝、妻から「話がある」と言われるが、家福が深夜に帰宅すると妻が床に倒れていていた。すぐに救急車を呼ぶが、妻はくも膜下出血であっけなく死んでしまい、話は “秘密” として残る。その二年後、家福の車、真っ赤なサーブ900が軽快な音楽を纏って突っ走っている。ここ迄の約40分は、まだプロローグだ。

画像3

画像4

この続きをみるには

この続き: 2,462文字 / 画像6枚
この記事が含まれているマガジンを購入・購読する

2021年8月に新規にアップした記事のみが収められているマガジンです。こちらでアーカイブ記事は読めませんので、アーカイブ記事も購読するには…

このマガジンを購読すると、世界の音楽情報誌「ラティーナ」が新たに発信する特集記事や連載記事に全てアクセスできます。「ラティーナ」の過去のアーカイブにもアクセス可能です。現在、2017年から2020年までの3.5年分のアーカイブのアップが完了しています。

「みんな違って、みんないい!」広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に生まれ変わります。 あなたの生活…

「スキ」、ありがとうございます!
広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に。あなたの生活を世界中の多様な音楽で彩るために情報を発信します。 月額900円のデジタル定期購読で、新規記事もアーカイブも読み放題! (※アーカイブは増減する場合があります)