e-magazine LATINA
[2022.7]【太平洋諸島のグルーヴィーなサウンドスケープ㉔】 「楽園」の創造 ―ポリネシアのイメージと音楽文化―
見出し画像

[2022.7]【太平洋諸島のグルーヴィーなサウンドスケープ㉔】 「楽園」の創造 ―ポリネシアのイメージと音楽文化―

e-magazine LATINA

文●小西 潤子(沖縄県立芸術大学教授)

 1891年フランスの画家ポール・ゴーギャン Paul Gauguin(1848-1903)は、「文明の影響から逃れるため」に、フランス領ポリネシアの中心地・タヒチに向かいました。しかし、その頃、すでにタヒチは南太平洋でも最も西洋化が進んだ地域でした。タヒチで制作した作品が売れず、滞在資金も尽きたゴーギャンは、フランスに帰国したもののパリの美術界で孤高となり、再びタヒチに戻って文筆活動をしました。

図1 ポール・ゴーギャン
「我々はどこから来たのか 我々は何者か 我々はどこへ行くのか」 (1897)

 ゴーギャンは、かねてからマルケサス諸島の木彫り彫刻(2022年4月号)に関心があったらしく、1901年にはタヒチから1500km 北東にあるヒヴァ・オア島に移住し、1903年そこで急死したのでした。ヒヴァ・オア島の女性たちは、ゴーギャンに「香水をつけすぎる」(2022年5月号)と言わしめるほど西洋化しており、ゴーギャン自身も中心地・アトゥオナで西洋風のぜいたくな暮らしをしたのでした。結局、南の島は、西洋文明から隔絶された「楽園」ではなかったのです。

 文化人類学者の吉岡政德は、「素朴でおおらかな人々の生活」を描いたゴーギャン作品に「性(エロス)」と「死(タナトス)」というテーマを見出だし、それらは彼自身の「野性の思惟」を表現したものとみなしています。ポリネシア人という他者を描いた一連の作品には、ヨーロッパ人というゴーギャンの自己の感性が投影されているというわけです。

 同じ20世紀初頭、外部者がイメージした楽園を表現したハパ・ハオレ hapa haole と呼ばれる英語の歌とそれに合わせて踊るハパ・ハオレ・フラ hula が、ハワイを舞台に作りだされました。ハパは一部、ハオレは白人(外国人)のこと。ハパ・ハオレ・ソング(白人の歌)は、スティール・ギターやウクレレのゆったりとしたメロディやハーモニーを伴うハワイ風の歌のことです。一方、ハパ・ハオレ・フラは、1915年にサイレント映画『アロハ・オエ』で演じられたのを手始めとし、セクシーな女優がにこやかに腰をくねらせて踊るものです。これが、フラを代表するイメージとして、ハリウッド映画を通じて定着しました。アメリカ本土の観光客の求めに応じて、ハワイのクム・フラ kumu hula (フラの師匠)も、ハパ・ハオレ・フラを踊るようになりました。ハパ・ハオレ・フラは、現在でもアメリカ本土で人気があり、ワイキキのホテルなどで上演されるフラの大半を占めています。

 日本とハワイとの関係は、19世紀終わりからのサトウキビ農園(2020年10月号)への移民から始まりました。数年で財を成して帰国しようと考えていた日本人移民にとって、現実は極めて厳しいものでした。オアフ島をはじめ各島に入植したことから、1920(大正9)年には、日系人がハワイ諸島全体の42.7%を占めるほどとなりました。

 日本人移民1世の生活をうたったのが、≪ホレホレ節 hole hole bushi≫。ホレホレとは、ハワイ語で乾燥したサトウキビの葉のことです。2015年、忘れかけられていた≪ホレホレ節≫を復興するプロジェクトが、ハワイ大学西オアフ校で立ち上がりました。次の動画は、2000年に開催された「NHKのど自慢ハワイ大会」で優勝した沖縄系4世のアリソン・アラカワさんがうたう≪ホレホレ節≫です。

Hole Hole Bushi - Allison Arakawa - HUOA 2020
Virtual Okinawan Festival

 移民1世の苦労とは裏腹に、戦後の日本で流行したのが、≪憧れのハワイ航路≫(石本美由起作詞、江口夜詩作曲、1948)。次第に、ハワイは日本人の手にも届く楽園となり、1980年代初めには、新婚旅行先として人気ナンバーワンとなりました。

憧れのハワイ航路 唄 岡 晴夫

 一方、ハワイではアメリカの公民権運動の高まりを受けて、1960-1970年代に「ハワイアン・ルネサンス」が始まりました。これに伴い、ハワイ語の歌詞からなる欧米的なフラ・アウアナ hula ‘auana(現代フラ)と共に、フラ・カヒコ hula kahiko(古典フラ)の復興が盛んになりました。フラ・カヒコは、朗唱とリズムに合わせて、歌詞のテーマを身体で表現する力強い踊りです。

フラ・カヒコ動画 (振り付け・Hula・Kahiko) [マイハワイ]

 ハワイアン・ルネサンスの機運が高まると、ハパ・ハオレ・フラは邪道と見なされるようになりました。ところが、昨今ではかつてのクム・フラへの敬意から、ハパ・ハオレ・フラもハワイ文化の一部と見なされるようになってきました。また、フラ・カヒコの「新作」も盛んに行われています。新たな古典フラを創作することで、古典様式を守り伝えようというわけです。

この続きをみるには

この続き: 1,046文字 / 画像1枚

このマガジンを購読すると、世界の音楽情報誌「ラティーナ」が新たに発信する特集記事や連載記事に全てアクセスできます。「ラティーナ」の過去のアーカイブにもアクセス可能です。現在、2017年から2020年までの3.5年分のアーカイブのアップが完了しています。

「みんな違って、みんないい!」広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に生まれ変わります。 あなたの生活…

e-magazine LATINA
広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に。あなたの生活を世界中の多様な音楽で彩るために情報を発信します。 月額900円のデジタル定期購読で、新規記事もアーカイブも読み放題! (※アーカイブは増減する場合があります)