e-magazine LATINA
[2022.8]【中原仁の「勝手にライナーノーツ」㉕】 Beatriz Azevedo & Moreno Veloso『Clarice Clarão』
「ロシア」「ウクライナ」に関係する内容の可能性がある記事です。
極端な内容・真偽不明の情報でないかご注意ください。ひとつの情報だけで判断せずに、さまざまな媒体のさまざまな情報とあわせて総合的に判断することをおすすめします。 また、この危機に直面した人々をサポートするために、支援団体へのリンクを以下に設置します。 ※非常時のため、すべての関連記事に注意書きを一時的に表示しています。
見出し画像

[2022.8]【中原仁の「勝手にライナーノーツ」㉕】 Beatriz Azevedo & Moreno Veloso『Clarice Clarão』

e-magazine LATINA

文:中原 仁

 本エントリーは、8/10(水)からは、有料定期購読会員の方が読める記事になります。定期購読はこちらから。

 “閃光(きらめき)クラリッシ”。そう訳せば良いだろうか。『Clarice Clarão』は、ベアトリス・アゼヴェドとモレーノ・ヴェローゾが組んで、ブラジル文学を代表する作家、クラリッシ・リスペクトル(1920~1977。日本ではクラリッセ・リスペクトルと表記されることが多い)に捧げたアルバムだ。

Beatriz Azevedo & Moreno Veloso『Clarice Clarão』
ベアトリス・アゼヴェド(左)とモレーノ・ヴェローゾ

 ベアトリス・アゼヴェドはサンパウロ生まれ。大学で演劇を学び、1992年、オズヴァルド・ヂ・アンドラーヂとマリオ・ヂ・アンドラーヂが主導して1922年に開催しブラジルのモダンアートの出発点となった「Semana de Arte Moderna」の70周年を記念した舞台(監督はゼー・ミゲル・ヴィズニッキ)に出演した。60年代からサンパウロで活動してきた演出家ゼー・セルソ(ジョゼ・セルソ・マルチネス・コヘイア)の劇団「チアトロ・オフィシーナ」にも参加(注:1967年、チアトロ・オフィシーナが上演したオズヴァルド・ヂ・アンドラーヂ原作の『O Rei da Vela』はトロピカリア直前のカエターノ・ヴェローゾに大きな影響を与えた)。1998年、ファースト・アルバム『Bum Bum do Poeta』を発表してオリジナル曲を中心に歌い、ゲストにゼー・セルソ、アドリアーナ・カルカニョットを迎えた。

『Bum Bum do Poeta』のタイトル曲「Bum Bum」のヴィデオ。冒頭に登場する白髪の老人がゼー・セルソ

 以来、舞台俳優、シンガー・ソングライター、詩人、作家、演出家としてマルチに活動。2010年以降に発表したアルバム(トン・ゼー、ヴィニシウス・カントゥアリア、ゼリア・ドゥンカン、モレーノ・ヴェローゾなどがゲスト参加)はストリーミングで聴ける。また作家としても、詩集、かつてオズヴァルド・ヂ・アンドラーヂが提唱した “Antropofagia(アントロポファージア=食人)”をテーマとする書籍などを書いてきた。
 トロピカリア・チルドレンとも言えるベアトリスとは、1999年に『Bum Bum do Poeta』の日本盤の解説を書いた時からメールで交流が始まり、2015年にリオで初めて会うことができた。その時のことをブログに書いていたので、興味のある方は下記リンクからどうぞ。

 ベアトリスとペアを組んだモレーノ・ヴェローゾは、ベアトリスの2019年のアルバム『A.G.O.R.A』で2曲、共作・共演していた。そして今回のプロジェクトの発端は、2020年。USAのプリンストン大学がクラリッシ・リスペクトルの生誕100周年を祝う企画をベアトリスに依頼。ベアトリスはパートナーにモレーノを、さらにジャキス・モレレンバウム(チェロ)とマルセロ・コスタ(パーカッション)を呼んで “Now Clarice” と題するミュージカル・プロジェクトを行なった。このプロジェクトは2021年、 “Agora Clarice” と題してブラジルのSesc TVで放映された。

 カエターノ・ヴェローゾは著書「熱帯の真実」の中で、10代からクラリッシ・リスペクトルの著書を愛読、彼女を崇拝していたことを記していた。となればモレーノも父の影響で、クラリッシの作品に親しんでいたと想像できる。

 また、共演者のジャキス・モレレンバウムとマルセロ・コスタには、クラリッシとの共通点がある。クラリッシは1920年、ウクライナ生まれのユダヤ人。幼い頃、両親に連れられてブラジルに移住、北東部のマセイオとレシーフェで育ち、リオの大学に通い、成人後にブラジル国籍となった。ジャキスもマルセロもそれぞれ、ナチスの弾圧を逃れてポーランドからブラジルに移住したユダヤ人の家系。クラリッシに対する特別な想いがあっても不思議ではない。

 “Agora Clarice” のプロジェクトをもとに2021年12月以降、何回かに分けてシングル曲をデジタル・リリースし、2022年7月末、11曲入りのフル・アルバム『Clarice Clarão』をリリース。CDもSescから発売された。

 参加メンバーは今あげた、ベアトリス・アゼヴェド(ヴォーカル、ギター)、モレーノ・ヴェローゾ(ヴォーカル、ギターほか)、ジャキス・モレレンバウム(チェロ)、マルセロ・コスタ(パーカッション)の4人。クラリッシ・リスペクトルへの敬愛の情に貫かれた入魂のパフォーマンスで、小難しさはなく親しみやすい。バイーアの色彩が強く、ベアトリスのアルト・ヴォイスとモレーノのハイトーン・ヴォイスのブレンドも味わい深い。

 そしてスペシャル・ゲストにマリア・ベターニア。クラリッシの2作品の一部を朗読する。カエターノは著書の中で、妹のベターニアが10代半ばでクラリッシの作品を読んでいたと記していた。

 それでは曲を紹介していこう。アフロ・バイーアを代表するイジェシャーのリズムに乗った「Canto」は芸術と歌がテーマで、ベアトリスとモレーノが共作し『A.G.O.R.A』で録音した曲の再録。同じくイジェシャーの「Bis」はベアトリスとサンパウロのシンガー・ソングライター、デニ・ドメニコの共作。

 「Deusa do Amor」は、モレーノが+2のファースト・アルバム『Máquina de Escrever Música』(2000年)の中でバイーアのブロコ・アフロ、オロドゥンの名曲を、パーカッションの重厚なリズムを外し、美しい哀愁のメロディーを抽出してカヴァーし、話題になった曲の再録だ。「Circo」はベアトリスが作詞作曲、『Alegira』(2009年)で発表した曲の再録。バイーアのブロコ・アフロ、イレ・アイェを讃えた「Un Canto de Afoxé para o Bloco do Ilê」はカエターノとモレーノ親子の共作(当時モレーノは9歳)、カエターノが『Cores, Nomes』(1982年)で発表した。

 続いて、このアルバムのコンセプトを最も象徴するパートだ。マリア・ベターニアがクラリッシの1973年の小説「Água Viva」の一説を朗読する。続いてベアトリスが作詞作曲したタイトル曲「Clarice Clarão」。“理解するのではなく知ることが必要/待っているものに会いに行く/死ぬまで愛に終わりはない” と歌い、最後に Mãe Menininha の名が出てカンドンブレの儀式のリズムで終わる。再びベターニアが1974年の小説「Onde Estivestes de Noite」を朗読。朗読でも歌のように聞こえる、まさにベターニアの独壇場だ。クラリッシは1977年に56歳で他界しており、2作品とも晩年の作品になる。

 「Rede」はベアトリスが作詞作曲、『Alegria』(2009年)で発表した曲の再録。そして締めくくりの2曲には “詩へのオマージュ” をこめている。「Três da Madrugada」は夭逝したトロピカリアの詩人、トルクアット・ネトがカルロス・ピントと共作、ガル・コスタが70年代に録音した。「Escapulário」はオズヴァルド・ヂ・アンドラーヂの詩にカエターノがメロディーをつけ、『Jóia』(1975年)で発表した。曲名はカトリック信者が身につけるお守りのネックレスのことだ。

 聴いて穏やかな気持ちになれるのと同時に、壮大な旅へと誘い出される、ベアトリス・アゼヴェドとモレーノ・ヴェローゾが共同プロデュースした『Clarice Clarão』。ジャケットのイラストは、フェミニスト/哲学教授/造形作家、マルシア・チブリが描いた。8月初頭にはサンパウロと同州カンピーナスのSescで発売記念コンサートも行なわれた。

(ラティーナ2022年8月)



この続きをみるには

この続き: 0文字

このマガジンを購読すると、世界の音楽情報誌「ラティーナ」が新たに発信する特集記事や連載記事に全てアクセスできます。「ラティーナ」の過去のアーカイブにもアクセス可能です。現在、2017年から2020年までの3.5年分のアーカイブのアップが完了しています。

「みんな違って、みんないい!」広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に生まれ変わります。 あなたの生活…

e-magazine LATINA
広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に。あなたの生活を世界中の多様な音楽で彩るために情報を発信します。 月額900円のデジタル定期購読で、新規記事もアーカイブも読み放題! (※アーカイブは増減する場合があります)