e-magazine LATINA

広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に。 あなたの生活を世界中の多様な音楽で彩るために情報を発信します。 月額900円のデジタル定期購読で、新規記事も、過去のアーカイブも読み放題! (※2017年以降の主要記事がアップ済。順次追加)

SILVIA IRIONDO 『悪なき大地』を追い求める芸術の探訪

文●吉本秀純 texto por HIDESUMI YOSHIMOTO  大地もしくはルーツに根差した力強さと現代的な洗練を兼ね備えた歌声で、アルゼンチン・フォルクローレ屈指の実力派女性シ…

三枝伸太郎 小田朋美 『わたしが一番きれいだったとき』 茨木のり子、萩原朔太郎、谷川俊太郎らの言葉に 注がれる豊潤な歌 歌…

文●土佐有明/写真●三田村 亮 text by ARIAKE TOSA/ photos by RYO MITAMURA  85年生まれの三枝伸太郎と86年生まれの小田朋美。以前から交流のあったピアニスト/作曲…

QUER SWINGAR VEM PRA CÁ 〜メストリと交わした大きな約束を果たすまでの道のり〜

文●宮澤摩周 texto por MASHU MIYAZAWA  世界最大の祭典の1つとされるリオのカーニヴァル。カリオカ(リオっ子)がその喜怒哀楽、悲喜こもごもすべてを出し切る〈カル…

誰にも見つけられなかった ミュージシャンたち 〜「Rio de Música」プロジェクトは、 暴力によって荒れ果てたジャカレジーニョ…

文●名倉亜希子 text by AKIKO NAGURA  東京、大阪、熊本のエルメート・パスコアル公演を終え、そのバンドメンバーであるイチベレ・ズワルギとその息子、アジュリナン…

【連載】タンゴのうた 詩から見るタンゴの世界 第22回 アクアフォルテ(エッチング)

文●西村秀人 text by HIDETO NISHIMURA この曲を初めて聞いたのはアグスティン・マガルディの歌だったと思う。何ともわびしく、悲しい曲だと思ったものだが、それはマガ…

ワールド・ミュージックが体験できる注目のフェス 2018:スキヤキ・ミーツ・ザ・ワールド 2018、ジャズ・ワールドビート2018、ア…

◆スキヤキ・ミーツ・ザ・ワールド 2018  1991年から毎年開催されるワールドミュージック・フェスティバルの「スキヤキ・ミーツ・ザ・ワールド」は、今年は8月24〜26日…