e-magazine LATINA

広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に。あなたの…

e-magazine LATINA

広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に。あなたの生活を世界中の多様な音楽で彩るために情報を発信します。 月額900円のデジタル定期購読で、新規記事もアーカイブも読み放題! (※アーカイブは増減する場合があります)

リンク

マガジン

  • 世界の音楽情報誌「ラティーナ」

    「みんな違って、みんないい!」広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に生まれ変わります。 あなたの生活を世界中の多様な音楽で彩るために、これからはこちらから情報を発信していきます。

  • Web版 2024年5月

    2024年5月に新規にアップした記事のみが収められているマガジンです。こちらでアーカイブ記事は読めませんので、アーカイブ記事も購読するには定期購読マガジンの「ラティーナ」(月額900円)の方をご購入ください。 (※デジタル定期購読している方は、e-magazine LATINA内の全ての記事が読めます。このマガジンを「目次」と考えてください)

  • Web版 2024年4月

    2024年4月に新規にアップした記事のみが収められているマガジンです。こちらでアーカイブ記事は読めませんので、アーカイブ記事も購読するには定期購読マガジンの「ラティーナ」(月額900円)の方をご購入ください。 (※デジタル定期購読している方は、e-magazine LATINA内の全ての記事が読めます。このマガジンを「目次」と考えてください)

ストア

  • 商品の画像

    アジア選手権2024 2日券チケット(6/22&23)

    2024年アジア選手権のチケットです。 このチケットは、2日ともご入場できる2日券チケットとなります。 前方から5列目までのお席となります。 両日とも同じお席でご観覧いただけるお得なチケットです! タンゴダンスアジア選手権2024は、以下の日程で開催いたします。 2024年6月22日(土)、23日(日) 渋谷区文化総合センター大和田 さくらホール 1日目(22日)13:00スタート予定 Jack&Jill部門、ミロンガ部門、ワルツ部門、セニョール部門、ピスタ部門(予選のみ) 2日目(23日)10:30スタート予定 ステージ部門(予選〜決勝)、ピスタ部門(準決勝、決勝) campeonato2024
    9,000円
    latinaonline 株式会社ラティーナ
  • 商品の画像

    アジア選手権2024 2日目(6/23)前売チケット

    2024年アジア選手権のチケットです。 このチケットは、6/23(日)に開催される2日目のチケットとなります。 1日目のチケットではありませんので、ご注意ください! タンゴダンスアジア選手権2024は、以下の日程で開催いたします。 2024年6月22日(土)、23日(日) 渋谷区文化総合センター大和田 さくらホール 1日目(22日)13:00スタート予定 Jack&Jill部門、ミロンガ部門、ワルツ部門、セニョール部門、ピスタ部門(予選のみ) 2日目(23日)10:30スタート予定 ステージ部門(予選〜決勝)、ピスタ部門(準決勝、決勝) campeonato2024
    4,900円
    latinaonline 株式会社ラティーナ

記事一覧

[2024.5]宮沢和史 音楽生活35周年記念 企画 第1弾 アンケート結果「好きなアルバム」「好きな曲」

●編集部 1989年にTHE BOOMでデビューした宮沢和史、今年2024年は音楽生活35周年を迎えます。ラティーナとの付き合いは1994年頃から始まり、月刊ラティーナで連載「音の棲…

e-magazine LATINA
4時間前
21

[2024.5]8月の南米ツアー報告~③最終回サンパウロ編 『パンデミアを経た南米のウチナー社会』

文●宮沢和史 写真●Val Ferrer  2023年8月初頭にサンパウロで行われたブラジルフェスティバルに2日間出演し、その後アルゼンチンのブエノスアイレス、ペルーのリマを周…

11

[2024.5]これが噂のイスタンブール・タンゴ・フェスティバル!

文と写真●なかやまたけし texto por Takeshi Nakayama         東京での1週間のツアーを終え、羽田空港でTango Bardoのメンバーを見送ったあと、僕は物凄い虚無…

e-magazine LATINA
2週間前
7

[2024.5]【中原仁の「勝手にライナーノーツ」 ㊻】 Bernardo Zen 『Tudo é sinal』

文:中原 仁  このファースト・アルバム『Tudo É Sinal(トゥード・エ・シナル)』がサブスクで配信開始された2024年3月14日、18歳のバースデーを迎えたサンパウロのシ…

e-magazine LATINA
3週間前
5

[2024.5] 【映画評】豊かな実を結んだコラボによる青春映画 『青春18×2 君へと続く道』『水深ゼロメートルから』

豊かな実を結んだコラボによる青春映画 『青春18×2 君へと続く道』 『水深ゼロメートルから』 文●圷 滋夫(映画・音楽ライター)  コラボレーションとは、異なる立場…

e-magazine LATINA
3週間前
8

[2024.4]【境界線上の蟻(アリ)~Ants On The Border Line〜18】イタリアン・ライブラリー・ミュージックの激レア5作品復刻

文●吉本秀純 Hidesumi Yoshimoto 「すでに世界中のあらゆる音楽は掘り尽くされた」とも言われて久しいレア・グルーヴですが、掘り起こす基準や観点が変わればフレッシュ…

e-magazine LATINA
3週間前
11

[2024.4]最新ワールドミュージック・チャート紹介【Transglobal World Music Chart】2024年4月|20位→1位まで【聴きながら読…

e-magazine LATINA編集部がワールドミュージック・チャート「Transglobal World Music Chart」にランクインした作品を1言解説しながら紹介します! ── ワールドミュージッ…

e-magazine LATINA
3週間前
6

[2024.4]【連載タンゴ界隈そぞろ歩き ⑬】バンドネオン・バリアシオンのあれこれ

文●吉村 俊司 Texto por Shunji Yoshimura 今回取り上げるのはタンゴの演奏の中でも最も華やかな要素の一つ、バンドネオン・バリアシオン。今回も思いつくままにふらふ…

e-magazine LATINA
3週間前
3

[2024.4]祝初来日!アフロ・バイーアの歌姫、シェニア・フランサ インタビュー

文:中原 仁 協力●KYOTOPHONIE 事務局  フランス出身の写真家ルシール・レイボーズさん、照明家の仲西祐介さんが共同創設者・共同ディレクターをつとめ、京都市内のさま…

e-magazine LATINA
1か月前
10

[2024.4]坂本龍一に寄せて〜 『TIME』『Ryuichi Sakamoto|Opus』

文●圷 滋夫(映画・音楽ライター)  2023年3月28日に坂本龍一が71歳で亡くなってから、もう一年が経った。その間にも、例えば映画音楽を手掛けた最後の作品『怪物』の公…

e-magazine LATINA
1か月前
20

[2024.4]【中原仁の「勝手にライナーノーツ」 ㊺】 『Jota.pê – Se o Meu Peito Fosse o Mundo』

文:中原 仁  ジョタ・ペー(Jota.pê)は、ジャヴァン、レニーニなどの音楽DNAを受け継ぐ新世代のシンガー・ソングライター、ギタリストだ。  ジャヴァンはアラゴアス…

e-magazine LATINA
1か月前
5

[2024.4] 【映画評】春に観るべき傑作3本 〜『ブルックリンでオペラを』『パスト ライブス/再会』『異人たち』

春に観るべき傑作3本 『ブルックリンでオペラを』『パストライブス/再会』『異人たち』 文●圷 滋夫(映画・音楽ライター)  3月は『DUNE 砂の惑星 PART2』『オッペ…

e-magazine LATINA
1か月前
9

[2024.4] アフロバイーアの歌姫、シェニア・フランサ(Xênia França)初来日! 〜 「KYOTOPHONIE ボーダレス・ミュージック…

文:編集部  昨年4、5月にサリフ・ケイタ、ルカス・サンタナを突如招聘し、ワールドミュージック(グローバルミュージック)ファンをざわつかせ、喜ばせた「KYOTOPHONIE …

e-magazine LATINA
1か月前
8

[2024.3]【境界線上の蟻(アリ)~Ants On The Border Line〜17】Eda Diaz(コロンビア)

文●吉本秀純 Hidesumi Yoshimoto  コロンビアの音楽といえば真っ先に思い浮かべるのはクンビアだが、最近ではJ・バルビンやカリ・ウチス、もう少し遡ればシャキーラと…

e-magazine LATINA
1か月前
11

[2024.3]【連載タンゴ界隈そぞろ歩き ⑫】タンゴからタンゴを取ったらどうなる?

文●吉村 俊司 Texto por Shunji Yoshimura タンゴがタンゴであるために最も重要なものは何だろうか。大半の人は「リズムだ」と答えるのではないかと思う。歯切れの良い…

e-magazine LATINA
1か月前
8

[2024.3]最新ワールドミュージック・チャート紹介【Transglobal World Music Chart】2024年3月|20位→1位まで【聴きながら読…

e-magazine LATINA編集部がワールドミュージック・チャート「Transglobal World Music Chart」にランクインした作品を1言解説しながら紹介します! ── ワールドミュージッ…

e-magazine LATINA
2か月前
4

[2024.5]宮沢和史 音楽生活35周年記念 企画 第1弾 アンケート結果「好きなアルバム」「好きな曲」

●編集部 1989年にTHE BOOMでデビューした宮沢和史、今年2024年は音楽生活35周年を迎えます。ラティーナとの付き合いは1994年頃から始まり、月刊ラティーナで連載「音の棲むところ」が1994年5月にスタート、30年を越える関係となります。 今回35周年を迎えるにあたり、ファンや関係者の皆様へのアンケート、質問を募りましたところ、多くの方にご協力いただきました。 アンケートでは、今までリリースした作品で一番好きなアルバム、一番好きな曲を選んでいただきました。数多

[2024.5]8月の南米ツアー報告~③最終回サンパウロ編 『パンデミアを経た南米のウチナー社会』

文●宮沢和史 写真●Val Ferrer  2023年8月初頭にサンパウロで行われたブラジルフェスティバルに2日間出演し、その後アルゼンチンのブエノスアイレス、ペルーのリマを周り、コンサート活動や学校での講演活動、記念式典への参加などを経て、再びサンパウロに戻ってきた。というのも、月初めにヴィラ・カロン沖縄県人会サンパウロ支部主催の沖縄フェスティバルに出演した際、3週間後にまたサンパウロに戻ってくる予定なので、その時に沖縄民謡のコンサートを開催させてもらえないか?と県人会に

[2024.5]これが噂のイスタンブール・タンゴ・フェスティバル!

文と写真●なかやまたけし texto por Takeshi Nakayama         東京での1週間のツアーを終え、羽田空港でTango Bardoのメンバーを見送ったあと、僕は物凄い虚無感に襲われていた。今までも幾度かイベントを企画してきたが、こんなことは初めてだった。ツアーは成功だったように思う。しかし、はっきりと自分の中での限界を感じてしまったのだ。  それから2ヶ月が過ぎた頃、SNSでイスタンブールのタンゴフェスティバルの投稿を読んだ。ゲストダンサーはいま

[2024.5]【中原仁の「勝手にライナーノーツ」 ㊻】 Bernardo Zen 『Tudo é sinal』

文:中原 仁  このファースト・アルバム『Tudo É Sinal(トゥード・エ・シナル)』がサブスクで配信開始された2024年3月14日、18歳のバースデーを迎えたサンパウロのシンガー・ソングライター&ギタリスト、ベルナルド・ゼン。学校の友人たちと組んだバンド、ウマ・リラとの共演で、ベルナルドが全9曲を作詞作曲。収録時間20分のショート・サイズながら、白昼夢のようにさまざまな映像(半ば幻影?)が浮かんできて、次はどこに連れていかれるんだ? と言いたくなるようなトリップ感が

[2024.5] 【映画評】豊かな実を結んだコラボによる青春映画 『青春18×2 君へと続く道』『水深ゼロメートルから』

豊かな実を結んだコラボによる青春映画 『青春18×2 君へと続く道』 『水深ゼロメートルから』 文●圷 滋夫(映画・音楽ライター)  コラボレーションとは、異なる立場の個人や団体などが組んで行う共同作業のことで、協力した主体や規模、範囲によって合作、共作、協働など、様々な呼び方がある。いずれにしても考え方や文化的背景の違いが高いハードルになるリスクもあれば、逆に思いもよらない大きな成果を上げる可能性も秘めている。今月はそんなコラボによって豊かな実を結び、大きく花ひらいた青

[2024.4]【境界線上の蟻(アリ)~Ants On The Border Line〜18】イタリアン・ライブラリー・ミュージックの激レア5作品復刻

文●吉本秀純 Hidesumi Yoshimoto 「すでに世界中のあらゆる音楽は掘り尽くされた」とも言われて久しいレア・グルーヴですが、掘り起こす基準や観点が変わればフレッシュなものに化ける未知の音源、あまりにも発売当時のプレス枚数が少なかったりしたために陽の目を見ていないグレイトな作品というのはまだまだ存在するもの。1960年代末から70年代前半にかけてイタリアで〝ライブラリー・ミュージック〟として制作されながらも、オリジナル盤はあまりにも希少なために見つけることはほぼ

[2024.4]最新ワールドミュージック・チャート紹介【Transglobal World Music Chart】2024年4月|20位→1位まで【聴きながら読めます!】

e-magazine LATINA編集部がワールドミュージック・チャート「Transglobal World Music Chart」にランクインした作品を1言解説しながら紹介します! ── ワールドミュージックへの愛と敬意を込めて。20位から1位まで一気に紹介します。 20位 Ëda Diaz · Suave Brutaレーベル:Airfono [24] ↓吉本秀純さん連載「境界線上の蟻(アリ)」2024年3月号でも、本作を取り上げております。こちらも併せてご覧ください

[2024.4]【連載タンゴ界隈そぞろ歩き ⑬】バンドネオン・バリアシオンのあれこれ

文●吉村 俊司 Texto por Shunji Yoshimura 今回取り上げるのはタンゴの演奏の中でも最も華やかな要素の一つ、バンドネオン・バリアシオン。今回も思いつくままにふらふらと歩き回ってみようと思う。 そもそもバリアシオンって何?タンゴが好きな方にとっては説明など不要かもしれないが、まずは認識をそろえておこう。いろいろ語るより実際に見聞きしていただくのが一番早い、ということで、華麗なバンドネオン・バリアシオンが付いている演奏の定番、アニバル・トロイロ楽団の

[2024.4]祝初来日!アフロ・バイーアの歌姫、シェニア・フランサ インタビュー

文:中原 仁 協力●KYOTOPHONIE 事務局  フランス出身の写真家ルシール・レイボーズさん、照明家の仲西祐介さんが共同創設者・共同ディレクターをつとめ、京都市内のさまざまな会場で開催、今年で12回目を迎えた「KYOTOGRAPHIE 京都国際写真祭」が、4月13日から5月12日まで開催中。共同創設者の2人は今年、芸術選奨を芸術振興部門で受賞した。  「KYOTOGRAPHIE」の関連企画として2023年にスタートしたKYOTOPHONIE ボーダレス・ミュージック

[2024.4]坂本龍一に寄せて〜 『TIME』『Ryuichi Sakamoto|Opus』

文●圷 滋夫(映画・音楽ライター)  2023年3月28日に坂本龍一が71歳で亡くなってから、もう一年が経った。その間にも、例えば映画音楽を手掛けた最後の作品『怪物』の公開、人生について生前に語った自伝本「ぼくはあと何回、満月を見るだろう」の刊行、音楽監督を務めた東北ユースオーケストラに書き下ろした交響曲「いま時間が傾いて」を含むアルバム『The Best of Tohoku Youth Orchestra 2013~2023』の発売など、本人が直接関わった多くの作品に触れ

[2024.4]【中原仁の「勝手にライナーノーツ」 ㊺】 『Jota.pê – Se o Meu Peito Fosse o Mundo』

文:中原 仁  ジョタ・ペー(Jota.pê)は、ジャヴァン、レニーニなどの音楽DNAを受け継ぐ新世代のシンガー・ソングライター、ギタリストだ。  ジャヴァンはアラゴアス州マセイオの、レニーニはペルナンブーコ州レシーフェの出身。ジョタ・ペーも北東部生まれかと思いきや、サンパウロ市の衛星都市、オザスコ出身。でも彼の音楽は、バイーア~北東部を基軸にUSAブラック・ミュージックにも呼応する、アフロ・ブラジリアンMPBだ。2024年3月、入魂のセカンド・アルバム『Se o Meu

[2024.4] 【映画評】春に観るべき傑作3本 〜『ブルックリンでオペラを』『パスト ライブス/再会』『異人たち』

春に観るべき傑作3本 『ブルックリンでオペラを』『パストライブス/再会』『異人たち』 文●圷 滋夫(映画・音楽ライター)  3月は『DUNE 砂の惑星 PART2』『オッペンハイマー』という、2020年代を代表する超大作というだけでなく映画史にその名を刻むであろう傑作が公開されたが、4月は小規模でも質の高い心に残る作品が多く公開される。そのうちの3本を紹介しよう。  まず先週公開された『ブルックリンでオペラを』(23)は、『50歳の恋愛白書』(10)『マギーズ・プラン

[2024.4] アフロバイーアの歌姫、シェニア・フランサ(Xênia França)初来日! 〜 「KYOTOPHONIE ボーダレス・ミュージックフェスティバル」開催迫る!

文:編集部  昨年4、5月にサリフ・ケイタ、ルカス・サンタナを突如招聘し、ワールドミュージック(グローバルミュージック)ファンをざわつかせ、喜ばせた「KYOTOPHONIE ボーダレス・ミュージックフェスティバル」。 そして昨年秋には天橋立で、ブラジルからシコ・セーザル、ルエジ・ルナを招聘、ブラジル音楽ファンには堪らないフェスだったことも記憶に新しい。  2年目を迎える今年は、なんとブラジルからシェニア・フランサが初来日する!  カタルーニャからジプシー音楽の新たなサウン

[2024.3]【境界線上の蟻(アリ)~Ants On The Border Line〜17】Eda Diaz(コロンビア)

文●吉本秀純 Hidesumi Yoshimoto  コロンビアの音楽といえば真っ先に思い浮かべるのはクンビアだが、最近ではJ・バルビンやカリ・ウチス、もう少し遡ればシャキーラといった世界的なポップ・スターを次々と輩出している国でもあり、そのイメージはもはや世代によって様々だろう。今回に紹介するエダ・ディアス(Eda Diaz)は、フランス人の母親とコロンビア人の父親を持ち、パリとコロンビア第二の都市であるメデジンの間を行き来しながら生まれ育ってきたシンガー兼コントラバス奏

[2024.3]【連載タンゴ界隈そぞろ歩き ⑫】タンゴからタンゴを取ったらどうなる?

文●吉村 俊司 Texto por Shunji Yoshimura タンゴがタンゴであるために最も重要なものは何だろうか。大半の人は「リズムだ」と答えるのではないかと思う。歯切れの良いスタッカートで刻まれるリズム、一小節の中で伸縮しながらも一定のテンポを保って進行する粘りのあるリズム、低音部の動きのグルーヴ感を伴うリズム、3-3-2のリズム、など色々なスタイルはありつつも、このリズムがタンゴの要と言って差し支えないだろう。では、タンゴからそのようなタンゴのリズムを取り去っ

[2024.3]最新ワールドミュージック・チャート紹介【Transglobal World Music Chart】2024年3月|20位→1位まで【聴きながら読めます!】

e-magazine LATINA編集部がワールドミュージック・チャート「Transglobal World Music Chart」にランクインした作品を1言解説しながら紹介します! ── ワールドミュージックへの愛と敬意を込めて。20位から1位まで一気に紹介します。 20位 Batsükh Dorj · Ögbelerim: Music for My Ancestorsレーベル:Buda Musique [2] ↓国内盤あり〼。(日本語説明帯付きCD) 19位 Hy