e-magazine LATINA

広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に。あなたの…

e-magazine LATINA

広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に。あなたの生活を世界中の多様な音楽で彩るために情報を発信します。 月額900円のデジタル定期購読で、新規記事もアーカイブも読み放題! (※アーカイブは増減する場合があります)

リンク

マガジン

  • 世界の音楽情報誌「ラティーナ」

    「みんな違って、みんないい!」広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に生まれ変わります。 あなたの生活を世界中の多様な音楽で彩るために、これからはこちらから情報を発信していきます。

  • Web版 2024年2月

    2024年2月に新規にアップした記事のみが収められているマガジンです。こちらでアーカイブ記事は読めませんので、アーカイブ記事も購読するには定期購読マガジンの「ラティーナ」(月額900円)の方をご購入ください。 (※デジタル定期購読している方は、e-magazine LATINA内の全ての記事が読めます。このマガジンを「目次」と考えてください)

  • Web版 2024年1月

    2024年1月に新規にアップした記事のみが収められているマガジンです。こちらでアーカイブ記事は読めませんので、アーカイブ記事も購読するには定期購読マガジンの「ラティーナ」(月額900円)の方をご購入ください。 (※デジタル定期購読している方は、e-magazine LATINA内の全ての記事が読めます。このマガジンを「目次」と考えてください)

ストア

  • 商品の画像

    キンテート・デル・アンヘル『父アンヘルの愛した日本』|Quinteto del Ángel『Un Ángel en Japón』(MUSAS-7021)_LLTAR_

    いよいよ来日!2024年民音タンゴシリーズの来日記念盤です! 1.センチメンタルとカンジェンゲ Sentimental y Camyengue 2.ロス・マレアードス Los mareados 3.チェ・バンドネオン Che Bandoneon 4.天使のタンゴ Tango del Ángel 5.エスクアロ Escualo 6.アサバ−チェ Azabache 7.南に帰る Vuelvo a sur 8.ジェラシー Celos 9.ブエノスアイレスへの帰還 Siempre se vuelve a Buenos Aires 10.父アンヘルの愛した日本 Un Ángel en Japón ウンベルト・リドルフィ /リーダー、バイオリン&作編曲 ニコラス・エンリッチ / バンドネオン 作編曲 ビオラ・エリザベス・リドルフィ /ビオラ アドリアン・エンリケス / ピアノ・作編曲 マヌエル・ゴメス/コントラバス バネッサ・キロス /歌手 録音時期 2023年10~12月 録音場所:ブエノスアイレス イオン・スタジオ
    2,800円
    latinaonline 株式会社ラティーナ
  • 商品の画像

    グランミロンガ2024 座席指定(テーブル席)

    ★座席指定券の申込となります。 2/25(日)
 場所:青山スパイラルホール
  時間:15:00(Open)〜21:30(終了予定) 入場料:座席指定券(テーブル席・お土産付き) 13,000円      自由 前売 6,000円 当日 7,000円 出演: ◇楽団 キンテート・デル・アンヘル  ウンベルト・リドルフィ(リーダー、バイオリン)  アドリアン・エンリケス(ピアノ)  ニコラス・エンリッチ(バンドネオン)  マヌエル・ゴメス(コントラバス)  エリサベス・リドルフィ(ビオラ)  バネッサ・キロス(歌手) ◇ダンサー  ・カルラ&ガスパル  ・サブリーナ&エベル  ・ルシアーナ&フェデリコ ◇デモンストレーション  ・ファビアン・ペラルタ&ホセフィーナ  ・ディエゴ&アルダナ  ・クリスティアン・ソーサ&チズコ  ・ルシア&アレハンドロ 楽団による生演奏のショー、来日中のタンゴダンサーたち、また日本で活躍中のプロダンサーによるデモンストレーションも開催いたします。通常のコンサートとは異なり間近でダンスや演奏をご覧いただけるイベントとなります。
    13,000円
    latinaonline 株式会社ラティーナ

記事一覧

[2023.8]【境界線上の蟻(アリ)~Seeking The New Frontiers~11】シルビア・ペレス・クルス(スペイン)最新作『Toda la vid…

文●吉本秀純 Hidesumi Yoshimoto  スペイン発の女性シンガーといえば、最近ではやはりダンサブルな音楽性に転じて汎スペイン語圏を制するポップ・ディーヴァとなったロ…

e-magazine LATINA
5か月前
13

[2023.8]【連載タンゴ界隈そぞろ歩き ⑥】 「サッカーとタンゴ」の宿題〜「5番」の正体

文●吉村 俊司 Texto por Shunji Yoshimura 本連載の第一回「サッカーとタンゴ」にて取り上げた曲のひとつ “La número cinco” については宿題があった。 今回は、こ…

e-magazine LATINA
5か月前
7

[2023.8]最新ワールドミュージック・チャート紹介【Transglobal World Music Chart】2023年8月|20位→1位まで【聴きながら読…

e-magazine LATINA編集部がワールドミュージック・チャート「Transglobal World Music Chart」にランクインした作品を1言解説しながら紹介します! ── ワールドミュージッ…

e-magazine LATINA
6か月前
8

[2023.8]【中原仁の「勝手にライナーノーツ」㊲】 Elza Soares 『No Tempo da Intoler…

文:中原 仁  2022年1月20日、91歳で旅立ったエルザ・ソアレスが、世を去る直前までスタジオで録音し、結果的に遺作となった『No Tempo da Intolerância(ノ・テンポ・…

e-magazine LATINA
6か月前
9

[2023.8] 【映画評】 虚実の皮膜を突き抜ける心の叫び 『ミャンマー・ダイアリーズ』『あしたの少女』

虚実の皮膜を突き抜ける心の叫び 「ミャンマー・ダイアリーズ」「あしたの少女」 文●圷 滋夫(映画・音楽ライター)  今月も先月に引き続き、小規模な公開ながら質の高…

e-magazine LATINA
6か月前
5

[2023.8]映画 『ジェーンとシャルロット』〜常に時代を先取りした母と葛藤を抱えた娘が、初めて真摯に向き合った、その赤裸々…

文●圷 滋夫(映画・音楽ライター)  2023年7月17日の朝、ジェーン・バーキンが前日に亡くなったことを知らされる。その数日前に本作を観て、まだまだ元気な姿が鮮明なイ…

e-magazine LATINA
6か月前
13
[2023.8]【境界線上の蟻(アリ)~Seeking The New Frontiers~11】シルビア・ペレス・クルス(スペイン)最新作『Toda la vida, un día(人生のすべて、ある日)』

[2023.8]【境界線上の蟻(アリ)~Seeking The New Frontiers~11】シルビア・ペレス・クルス(スペイン)最新作『Toda la vida, un día(人生のすべて、ある日)』

文●吉本秀純 Hidesumi Yoshimoto

 スペイン発の女性シンガーといえば、最近ではやはりダンサブルな音楽性に転じて汎スペイン語圏を制するポップ・ディーヴァとなったロサリア(Rosalia)の躍進が目を引いてきたが、同じくフラメンコを起点としながら2010年代以降に独自のスタイルを確立してきた歌い手としては、方向性はまったく違うがシルビア・ペレス・クルスも忘れることはできない。83年

もっとみる
[2023.8]【連載タンゴ界隈そぞろ歩き ⑥】 「サッカーとタンゴ」の宿題〜「5番」の正体

[2023.8]【連載タンゴ界隈そぞろ歩き ⑥】 「サッカーとタンゴ」の宿題〜「5番」の正体

文●吉村 俊司 Texto por Shunji Yoshimura

本連載の第一回「サッカーとタンゴ」にて取り上げた曲のひとつ “La número cinco” については宿題があった。

今回は、この曲の「5番」が何を指すのかについて掘り下げてみることとする。

曲についてのおさらい“La número cinco” は作詞レイナルド・ジソ、作曲オレステス・クファロのタンゴ。1951年にア

もっとみる
[2023.8]【中原仁の「勝手にライナーノーツ」㊲】 Elza Soares 『No Tempo da Intolerância』

[2023.8]【中原仁の「勝手にライナーノーツ」㊲】 Elza Soares 『No Tempo da Intolerância』

文:中原 仁

 2022年1月20日、91歳で旅立ったエルザ・ソアレスが、世を去る直前までスタジオで録音し、結果的に遺作となった『No Tempo da Intolerância(ノ・テンポ・ダ・イントレランシア)』が、生誕93年を迎えた2023年6月23日、デジタル・リリースされた(注:誕生日は1930年7月22日説もある)。

 『不寛容な時代に』と題する遺作は、ほぼ全曲が新曲もしくは未発表

もっとみる
[2023.8] 【映画評】 虚実の皮膜を突き抜ける心の叫び 『ミャンマー・ダイアリーズ』『あしたの少女』

[2023.8] 【映画評】 虚実の皮膜を突き抜ける心の叫び 『ミャンマー・ダイアリーズ』『あしたの少女』

虚実の皮膜を突き抜ける心の叫び
「ミャンマー・ダイアリーズ」「あしたの少女」

文●圷 滋夫(映画・音楽ライター)

 今月も先月に引き続き、小規模な公開ながら質の高い心に残る作品2本を紹介しよう。いずれもフィクションとドキュメンタリーの境界が曖昧になるような表現が興味深い。

 先週から公開されている『ミャンマー・ダイアリーズ』は、昨年のベルリン国際映画祭パノラマ部門でドキュメンタリー賞、ブロン

もっとみる
[2023.8]映画 『ジェーンとシャルロット』〜常に時代を先取りした母と葛藤を抱えた娘が、初めて真摯に向き合った、その赤裸々な記録。

[2023.8]映画 『ジェーンとシャルロット』〜常に時代を先取りした母と葛藤を抱えた娘が、初めて真摯に向き合った、その赤裸々な記録。

文●圷 滋夫(映画・音楽ライター)

 2023年7月17日の朝、ジェーン・バーキンが前日に亡くなったことを知らされる。その数日前に本作を観て、まだまだ元気な姿が鮮明なイメージとして残っていたので、とても驚き呆然とすると同時に、図らずも本作の公開が追悼上映になってしまうことが残念でならなかった。2021年には軽い脳卒中で倒れたというニュースも聞こえてきたが、多くのファンは2020年にコロナ禍で中止

もっとみる